245件中 121 - 130件表示
  • 世相ホットライン ハイ!竹村健一です

    世相ホットライン ハイ!竹村健一ですから見た四国電力四国電力

    西日本放送(四国電力管轄)- 9:00 - 9:30世相ホットライン ハイ!竹村健一です フレッシュアイペディアより)

  • 橘湾発電所

    橘湾発電所から見た四国電力四国電力

    橘湾発電所(たちばなわんはつでんしょ)は、徳島県阿南市橘町小勝1にある四国電力の石炭火力発電所。橘湾発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 阿南発電所

    阿南発電所から見た四国電力四国電力

    阿南発電所(あなんはつでんしょ)は、徳島県阿南市橘町幸野106にある四国電力の石油火力発電所。阿南発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 節電

    節電から見た四国電力四国電力

    また中部電力・北陸電力・四国電力・九州電力でも、2011年夏のピーク時の電力に余裕が少ない状態になる可能性が予測されており、各社のウェブサイトで節電の呼びかけを行っている。節電 フレッシュアイペディアより)

  • コンバインドサイクル発電

    コンバインドサイクル発電から見た四国電力四国電力

    四国電力 坂出発電所:1号機(29.6万kW)コンバインドサイクル発電 フレッシュアイペディアより)

  • 筏津ダム

    筏津ダムから見た四国電力四国電力

    筏津ダム(いかだづダム、いかだつダム、いかなづダム)は、高知県高岡郡越知町野老山(ところやま)、一級河川・仁淀川水系仁淀川に建設されたダム。野老山ダムともいう。高さ25.5メートルの重力式コンクリートダムで、四国電力の発電用ダムである。同社の水力発電所・仁淀川第三発電所に送水し、最大1万キロワットの電力を発生する。筏津ダム フレッシュアイペディアより)

  • 国土交通省直轄ダム

    国土交通省直轄ダムから見た四国電力四国電力

    四国地方における直轄の河川開発は、四国最大の河川である吉野川において開始された。1949年(昭和24年)に内閣経済安定本部は日本の主要10水系において、大規模治水計画の策定を旧建設省に求めた。10水系に吉野川水系も対象として挙げられ、吉野川改訂改修計画が成立する。この時に吉野川水系でもダムによる治水計画が導入され、吉野川本流に現在「四国のいのち」と称される四国最大のダム・早明浦ダムが、支流の銅山川に柳瀬ダムが計画された。さらに翌1950年(昭和25年)には、治水のみならず灌漑や水力発電といった吉野川水系の河川総合開発計画が立案され、経済安定本部、建設省、農林省(現在の農林水産省)、通商産業省(現在の経済産業省)、電源開発、四国電力および四国四県が参加する吉野川総合開発計画が開始された。国土交通省直轄ダム フレッシュアイペディアより)

  • 第32回選抜高等学校野球大会決勝

    第32回選抜高等学校野球大会決勝から見た四国電力四国電力

    第32回選抜高等学校野球大会の決勝戦は、大会前から優勝候補の一角に挙げられていた高松商と山陰地方の高校として、春夏通じて初めて決勝に進出した米子東の対戦となった。試合は両校のエース、高松商の2年生左腕・松下利夫(のち四国電力)と米子東の右腕・宮本洋二郎(のち巨人ほか)の投手戦となった。4回表に米子東が一死一・二塁から宮本の二塁打で1点を先制。その裏、高松商は二死三塁からパスボールで1-1の同点に追いついたが、その後は両校とも相手投手を攻略できず無得点が続いた。第32回選抜高等学校野球大会決勝 フレッシュアイペディアより)

  • 平井太郎

    平井太郎から見た四国電力四国電力

    1950年、第2回参議院議員通常選挙全国区に自由党から立候補し初当選。1953年、自由党参議院幹事長。1953年、ラジオ四国(後にラジオ香川に商号変更。現・西日本放送)を創設し、代表取締役社長に就任。のちに西日本放送会長となった。このほか四国新聞社社長・瀬戸内航空社長・四国電力取締役等を歴任。平井太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷幸春

    渋谷幸春から見た四国電力四国電力

    鳴門高校から四国電力を経て、1969年のドラフト8位で中日ドラゴンズに入団。変則的なフォームの技巧派で、1年目から先発・リリーフとして活躍。1971年には10勝、1973年には11勝をマークしている。1974年のロッテ・オリオンズとの日本シリーズでは3試合にリリーフとして登板、第4戦では同点で登板した6回に弘田澄男、有藤通世に連続本塁打を喫し、敗戦投手となった。渋谷幸春 フレッシュアイペディアより)

245件中 121 - 130件表示

「四国電力」のニューストピックワード