245件中 11 - 20件表示
  • 橘湾火力発電所

    橘湾火力発電所から見た四国電力四国電力

    2000年(平成12年)7月に1号機が運転を開始、2号機までが建設された。発電された電力は、3分の2が紀伊水道直流連系設備(阿南紀北直流幹線)で紀伊水道を渡り、関西電力に送電されるほか、四国電力と中国電力、九州電力も受電している。橘湾火力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 一般送配電事業者

    一般送配電事業者から見た四国電力四国電力

    2016年4月現在、一般送配電事業者は北海道電力、東北電力、東京電力パワーグリッド、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の10者であり、各々の供給区域は「供給区域」節のとおりである。東京電力パワーグリッド以外の9者は、小売電気事業、一般送配電事業、発電事業の3事業を兼営している。一般送配電事業者 フレッシュアイペディアより)

  • STNet

    STNetから見た四国電力四国電力

    株式会社STNet(エスティネット、STNet Inc.)とは、香川県高松市に本社を置く、電気通信事業者の一つで、システムインテグレーター(ユーザー系)である。四国電力の連結子会社で、四国地方を拠点としている。STNet フレッシュアイペディアより)

  • 火力発電所

    火力発電所から見た四国電力四国電力

    四国電力 西条発電所1号機(15.6万kW)、2号機(25万kW):日本初の石炭・木質バイオマス混焼火力。火力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲生田原子力発電所

    蒲生田原子力発電所から見た四国電力四国電力

    蒲生田原子力発電所(がもうだげんしりょくはつでんしょ)は、四国電力が蒲生田岬のある徳島県阿南市椿町尻杭に建設を計画していた原子力発電所である。蒲生田原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 郡市対抗源平駅伝

    郡市対抗源平駅伝から見た四国電力四国電力

    大森輝和(小豆チームで出場、現・四国電力所属)郡市対抗源平駅伝 フレッシュアイペディアより)

  • 合同電気

    合同電気から見た四国電力四国電力

    1937年(昭和12年)3月、大手電力会社で大株主であった東邦電力に合併され合同電気は消滅した。その東邦電力も1942年(昭和17年)に解散しており、合同電気が供給していた地域はその後の再編を経て1951年(昭和26年)以降中部電力・関西電力・四国電力の営業区域の一部となっている。また兼営のガス事業は東邦ガス(旧合同ガス)および四国ガスに継承されているが、運営していた鉄軌道路線はすべて現存しない。合同電気 フレッシュアイペディアより)

  • 合同電気

    合同電気から見た四国配電四国電力

    電力国家管理政策に関連して、東邦電力は1939年4月・1941年10月・1942年4月の3度にわたって日本発送電へと設備を出資。さらに1942年4月には、配電会社9社のうち中部配電・関西配電・四国配電・九州配電の4社に対しても設備を出資した。この際、旧合同電気に関連する発電所や供給区域も九州配電以外の各社に引き継がれている。各社に設備を出資して電気事業を喪失した東邦電力は、1942年4月1日をもって解散、消滅した。合同電気 フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛県

    愛媛県から見た四国電力四国電力

    1977年(昭和52年) - 四国電力伊方原子力発電所稼動開始。愛媛県 フレッシュアイペディアより)

  • 商用電源周波数

    商用電源周波数から見た四国電力四国電力

    標準周波数60Hz - 中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力商用電源周波数 フレッシュアイペディアより)

245件中 11 - 20件表示

「四国電力」のニューストピックワード