185件中 31 - 40件表示
  • 長沢ダム

    長沢ダムから見た四国電力四国電力

    この間建設事業は再開され1949年(昭和24年)に長沢ダムは完成するが、翌1950年(昭和25年)に電力事業再編成によって日本発送電は全国9電力会社に分割・民営化となり、ダム・発電所の管理は四国電力株式会社に継承され現在に至る。長沢ダム フレッシュアイペディアより)

  • 大橋ダム

    大橋ダムから見た四国配電四国電力

    その後、四国中央電力は大橋ダムの上流から仁淀川へ通じる分水路の建設を進め、1940年(昭和15年)に分水第一発電所(2万6,600キロワット)を、1941年(昭和16年)に分水第二発電所(7,800キロワット)・分水第三発電所(1万900キロワット)を運転開始。しかし、その間にも日本政府は電気事業の国家管理を目指して着々と準備を進め、1939年に日本発送電を設立した。四国中央電力は大橋ダムや分水系発電所を始めとする多くの水力発電所を日本発送電や、同じく国家管理の下に設立された配電会社である四国配電に出資し、1943年(昭和18年)に現在の住友共同電力に改名した。日本発送電は四国中央電力が進めていた開発を引き継ぎ、1949年(昭和24年)に大橋ダム上流で長沢ダムおよび長沢発電所(5,200キロワット)を、1950年(昭和25年)に分水系最下流にして最後の分水第四発電所(8,100キロワット)を完成させている。大橋ダム フレッシュアイペディアより)

  • 筏津ダム

    筏津ダムから見た四国電力四国電力

    筏津ダム(いかだづダム、いかだつダム、いかなづダム)は、高知県高岡郡越知町野老山(ところやま)、一級河川・仁淀川水系仁淀川に建設されたダム。野老山ダムともいう。高さ25.5メートルの重力式コンクリートダムで、四国電力の発電用ダムである。同社の水力発電所・仁淀川第三発電所に送水し、最大1万キロワットの電力を発生する。筏津ダム フレッシュアイペディアより)

  • 第32回選抜高等学校野球大会決勝

    第32回選抜高等学校野球大会決勝から見た四国電力四国電力

    第32回高等学校野球大会の決勝は、大会前から優勝候補の一角に挙げられていた高松商と山陰地方の高校として初めて決勝に進出した米子東の対戦となった。試合は両校のエース、高松商の1年生左腕・松下利夫(のち四国電力)と米子東の右腕・宮本洋二郎(のち巨人ほか)の投手戦となり、4回に1点ずつを取り合い1-1となったがその後は両校とも得点できない。第32回選抜高等学校野球大会決勝 フレッシュアイペディアより)

  • 高松琴平電気鉄道市内線

    高松琴平電気鉄道市内線から見た四国電力四国電力

    1942年(昭和17年)4月30日 四国水力電気の電力事業が日本発送電関連の四国配電(後、四国電力)に譲渡されたため、残存事業の内鉄道・軌道を新設会社の讃岐電鉄に譲渡して、同社はまもなく解散高松琴平電気鉄道市内線 フレッシュアイペディアより)

  • 高松琴平電気鉄道市内線

    高松琴平電気鉄道市内線から見た四国配電四国電力

    1942年(昭和17年)4月30日 四国水力電気の電力事業が日本発送電関連の四国配電(後、四国電力)に譲渡されたため、残存事業の内鉄道・軌道を新設会社の讃岐電鉄に譲渡して、同社はまもなく解散高松琴平電気鉄道市内線 フレッシュアイペディアより)

  • セキ (愛媛県)

    セキ (愛媛県)から見た四国電力四国電力

    かつての社名が「関洋紙店印刷所」であるように、洋紙の卸売も兼業しているのが特徴。CIを導入し、社名変更と併せて「S」をデザインしたライトブルーのシンボルマークを導入している。関連会社のエス・ピー・シーでタウン情報誌の発行や企画物・マルチメディア関連事業、出版事業を行っている。愛媛県内を中心とした官公庁をはじめとして、百貨店、金融機関、電力会社などの有力取引先を有し、業績は安定している。一般に最も目に触れるものとして、四国電力の広報誌「ライト&ライフ」の印刷を請け負っている。セキ (愛媛県) フレッシュアイペディアより)

  • ヨンデンプラザ徳島

    ヨンデンプラザ徳島から見た四国電力四国電力

    ヨンデンプラザ徳島(ヨンデンプラザとくしま、英語:Yonden Plaza Tokushima)は、徳島県徳島市寺島本町東にある四国電力が運営する多目的ホール。ヨンデンプラザ徳島 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤耕三

    近藤耕三から見た四国電力四国電力

    近藤 耕三(こんどう こうぞう、1929年(昭和4年)4月15日 - )は、日本の実業家。元四国電力社長。元四国経済連合会会長。京都大学工学部卒業。徳島県出身。近藤耕三 フレッシュアイペディアより)

  • 紀伊水道直流連系設備

    紀伊水道直流連系設備から見た四国電力四国電力

    紀伊水道直流連系設備(きいすいどうちょくりゅうれんけいせつび)は関西電力・四国電力・電源開発が運用する電力供給設備である。直流送電が用いられている。2000年6月22日運用開始。紀伊水道直流連系設備 フレッシュアイペディアより)

185件中 31 - 40件表示

「四国電力」のニューストピックワード