245件中 31 - 40件表示
  • 玉田輝義

    玉田輝義から見た四国電力四国電力

    大分県は日本最大の活断層である中央構造線上にあり、また100?150年周期で大規模な地震を繰り返す南海トラフによる津波災害を周期的に受けている。具体的には、416年前の慶長豊後地震、305年前の宝永地震、158年前の安政南海地震、66年前の昭和南海地震、37年前の大分県中部地震である。玉田はそれらの事象から、大分市・別府市など大分県沿岸の標高が低い地域で大規模な地震が起こった場合の液状化対策や、大分県佐賀関から豊後水道を隔てて40キロメートルの至近距離にある伊方原子力発電所が福島原発事故と同様の過酷事故を起こした場合の具体的な対策(四国電力と大分県の原子力安全協定の締結案や愛媛県との協定案)を大分県議会に提案する活動を行っている。玉田輝義 フレッシュアイペディアより)

  • 四国歴史文化道

    四国歴史文化道から見た四国電力四国電力

    会員:四国経済連合会、徳島県商工会議所連合会、香川県商工会議所連合会、愛媛島県商工会議所連合会、高知県商工会議所連合会、四国電力、四国旅客鉄道、西日本高速道路四国支社、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、四国運輸局、四国地方整備局四国歴史文化道 フレッシュアイペディアより)

  • 長安口ダム

    長安口ダムから見た四国電力四国電力

    水力発電については、下流に建設されたダム水路式発電所である日野谷発電所によって認可出力6万2,000キロワットを発電する。フランシス水車3台を有し、那賀川水系では最大の水力発電所である。また第二期那賀川総合開発計画として、下流の那賀町吉野(建設当時は那賀郡相生町)に川口ダムを1960年(昭和35年)10月に完成させ、長安口ダムから放流する水量を平均化して下流への影響を抑制する逆調整池の機能を持たせるほか、新たに川口発電所を設置し認可出力1万1,700キロワットを発電する。これらの電力は何れも四国電力に売電(卸供給)され地元に供給される。一方四国電力は長安口ダム上流に新たな発電用ダムの建設を計画、長安口ダムとの間で揚水発電を行って夏季ピーク時の電力消費を補おうとした。これが1968年(昭和43年)に完成した小見野々ダムであり、ダムに付設する蔭平発電所は認可出力4万6,500キロワットを発電する。こうして那賀川総合開発計画は一応の完成を見た。長安口ダム フレッシュアイペディアより)

  • 久米三四郎

    久米三四郎から見た四国電力四国電力

    1973年、国内で初めて原発の安全性が問われた、四国電力の伊方原子力発電所設置許可取り消し請求訴訟において、原告(住民)側補佐人を務めた。久米三四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 斜流水車

    斜流水車から見た四国電力四国電力

    日本においては四国電力が1961年(昭和36年)3月2日に使用を開始した名頃発電所(徳島県にある名頃ダムより取水)において発電専用斜流水車(1,350キロワット、東芝製)を世界に先駆けて採用し、同年には東北電力も斜流水車(5,500キロワット、日立製)採用の新大倉発電所(現・大倉発電所、宮城県にある大倉ダムより取水)を完成させた。また、1976年(昭和51年)には中部電力が一台あたりの出力が世界最大を誇る14万9,000キロワットの斜流ポンプ水車を2台備える馬瀬川第一発電所(岐阜県にある水資源機構・岩屋ダムの直下)を完成させている。斜流水車 フレッシュアイペディアより)

  • 橘湾発電所 (四国電力)

    橘湾発電所 (四国電力)から見た四国電力四国電力

    橘湾発電所(たちばなわんはつでんしょ)は、徳島県阿南市橘町小勝1にある四国電力の石炭火力発電所。橘湾発電所 (四国電力) フレッシュアイペディアより)

  • 英国原子力公社警察隊

    英国原子力公社警察隊から見た四国電力四国電力

    2009年3月~9月に三回目のMOX燃料輸送(中部電力・四国電力・九州電力向け)が行われ、従来と同様に英国籍の武装輸送船が使用されたが、このときは警備体制等について特に報道されておらず、当組織及び民間核施設保安隊との関連については明らかではない。英国原子力公社警察隊 フレッシュアイペディアより)

  • 日豪ウラン資源開発

    日豪ウラン資源開発から見た四国電力四国電力

    1980年、関西電力 50%、九州電力25%、四国電力15%、伊藤忠商事10%の出資により設立。1982年よりウランの開発輸入を開始した。日豪ウラン資源開発 フレッシュアイペディアより)

  • 畑中芳久

    畑中芳久から見た四国電力四国電力

    伊方町長時代には出来るだけ早い時期に四国電力伊方原子力発電所の使用済核燃料へ課税することを表明したが、町長の辞職などで2014年現在導入されていない。畑中芳久 フレッシュアイペディアより)

  • エネルギー・環境会議

    エネルギー・環境会議から見た四国電力四国電力

    2012年5月14日、関西電力管内で夏に懸念される電力不足に対応して使用制限令発動の検討を始め、北海道電力・四国電力・九州電力を加えた4電力管内で計画停電を準備する方向で議論することを確認した。また、各電力管内での節電目標を設定した。エネルギー・環境会議 フレッシュアイペディアより)

245件中 31 - 40件表示

「四国電力」のニューストピックワード