185件中 61 - 70件表示
  • 内町 (高松市)

    内町 (高松市)から見た四国電力四国電力

    1945年(昭和20年)7月4日の高松空襲では香川県庁舎が焼失したため、仮庁舎を経て現庁舎の北側に隣接する高松赤十字病院跡へ移転する。その後、旧県庁跡は中心に現丸亀町商店街から現瀬戸大橋通りへ抜ける道が貫通したため敷地が東西に分割され、西側に四国電力本社、東側に西日本放送本社が立地した。内町 (高松市) フレッシュアイペディアより)

  • 四電工

    四電工から見た四国電力四国電力

    株式会社四電工(よんでんこう)は、香川県高松市に本社を置く四国電力グループの電気設備工事、電力関連工事、電気通信工事などを行う総合設備企業である。業務は四国電力エリアの香川県、愛媛県、徳島県、高知県を中心に行っている。四電工 フレッシュアイペディアより)

  • 小林圭二

    小林圭二から見た四国電力四国電力

    1973年、四国電力の伊方原子力発電所1号建設に反対する住民訴訟を支援。高速増殖原型炉もんじゅの設置許可の無効確認を求めた行政訴訟(もんじゅ訴訟)では、原告特別補佐人、証人を務めている。小林圭二 フレッシュアイペディアより)

  • 横須町

    横須町から見た四国電力四国電力

    かつては漁業と農業が主要な産業であったが、市街化が急速に進み、商工業や住宅地域となってわずかに農家が点在しているに過ぎない。小松島市役所をはじめ、小松島警察署・四国電力小松島営業所・小松島市社会福祉協議会地域包括支援センターなど、市の中枢的機関が多く集まっている。横須町 フレッシュアイペディアより)

  • 四電技術コンサルタント

    四電技術コンサルタントから見た四国電力四国電力

    株式会社四電技術コンサルタント(よんでんぎじゅつコンサルタント)は香川県高松市牟礼町牟礼に本社を置く四国地方を基盤とする建設コンサルタント会社。親会社は四国電力四電技術コンサルタント フレッシュアイペディアより)

  • 玉田輝義

    玉田輝義から見た四国電力四国電力

    大分県は日本最大の活断層である中央構造線上にあり、また100?150年周期で大規模な地震を繰り返す南海トラフによる津波災害を周期的に受けている。具体的には、416年前の慶長豊後地震、305年前の宝永地震、158年前の安政南海地震、66年前の昭和南海地震、37年前の大分県中部地震である。玉田はそれらの事象から、大分市・別府市など大分県沿岸の標高が低い地域で大規模な地震が起こった場合の液状化対策や、大分県佐賀関から豊後水道を隔てて40キロメートルの至近距離にある伊方原子力発電所が福島原発事故と同様の過酷事故を起こした場合の具体的な対策(四国電力と大分県の原子力安全協定の締結案や愛媛県との協定案)を大分県議会に提案する活動を行っている。玉田輝義 フレッシュアイペディアより)

  • 石手川

    石手川から見た四国電力四国電力

    かつて、四国電力湯山発電所(水力発電所)に供給していたが、電力需要の増大や小流量で松山発電所(火力発電所)に転換され、現在は伊方発電所(原子力発電所)に統合されている。石手川 フレッシュアイペディアより)

  • 四国歴史文化道

    四国歴史文化道から見た四国電力四国電力

    会員:四国経済連合会、徳島県商工会議所連合会、香川県商工会議所連合会、愛媛島県商工会議所連合会、高知県商工会議所連合会、四国電力、四国旅客鉄道、西日本高速道路四国支社、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、四国運輸局、四国地方整備局四国歴史文化道 フレッシュアイペディアより)

  • 魚梁瀬ダム

    魚梁瀬ダムから見た四国電力四国電力

    電力需要は戦後、復興が進むに連れて特に大都市圏での電力不足が顕著となり、これを解決すべく全国各地の河川で水力発電計画が立案、遂行された。奈半利川では戦後から複数の事業者が開発計画を練っていた。一つは四国中央電力を前身とし、新居浜の工業地帯に電力を供給すべく設立された住友グループの一つ・住友共同電力。もうひとつは日本発送電が1951年(昭和26年)の電力事業再編令が発布されたことで分割・民営化し、四国地方の全電力事業を継承した四国電力であった。奈半利川の水力発電事業は両者が併願し、水利権申請を巡る競争は激しいものがあった。魚梁瀬ダム フレッシュアイペディアより)

  • でんき予報

    でんき予報から見た四国電力四国電力

    さらに被災していない地域でも、原子力発電所の操業再開困難等の理由から、中部電力は、6月27日から9月30日まで、『中部電力でんき予報』を実施。関西電力は、6月29日から、『関西電力でんき予報』を実施。九州電力は、7月5日から『電気の使用状況』として実施。北陸電力は、7月14日から9月30日まで)、四国電力は8月1日から9月30日までの平日のみ、北海道電力は10月6日からそれぞれ『でんき予報』として実施している。でんき予報 フレッシュアイペディアより)

185件中 61 - 70件表示

「四国電力」のニューストピックワード