回生エネルギー ニュース&Wiki etc.

回生ブレーキ(かいせいブレーキ)は、通常は駆動力として用いている電動機(モーター)を発電機として作動させ、運動エネルギーを電気エネルギーに変換して回収することで制動をかける電気ブレーキの一手法。発電時の回転抵抗を制動力として利用するもので、電力回生ブレーキ、回生制動とも呼ばれる。電動機を動力とするエレベーター、鉄道車両、… (出典:Wikipedia)

「回生エネルギー」Q&A

  • Q&A

    『燃費1位!日産新型ノート「e-POWER」!HV車の主流? 世界初!』 2016/…

    [続きを読む]

    回答数:7質問日時 - 2016年11月12日 13:52

  • Q&A

    エネチャージは 最初の出足はオルタネーターモーターで エンジンのアシストをしますが、…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月2日 17:21

  • Q&A

    エネチャージは 最初の出足はオルタネーターモーターで エンジンのアシストをしますが、…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月2日 16:37

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「回生ブレーキ」のつながり調べ

  • JR西日本285系電車

    JR西日本285系電車から見た回生失効

    集電装置はシングルアーム型パンタグラフ (WPS28A) が採用され、モハネ285形に搭載されている。予讃線の愛媛県乗り入れ対策(狭小トンネル通過対策)および増設の準備工事もされている。ただし、JR東海の狭小トンネル通過対策車(身延線乗り入れ可能車)に表記されている◆マークはない。また、回生失効時に備えた発電ブレーキ用の抵抗器およびブレーキチョッパ装置も搭載され、架線電圧が1,700V以下では回生ブレーキのみの動作となるが、1,700V以上では発電ブレーキと回生ブレーキの併用、1,775V以上では発電ブレーキ単独での作用するようになっている。(JR西日本285系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪6000系電車

    京阪6000系電車から見た回生ブレーキ

    1986年(昭和61年)10月、京都地下線(三条 - 東福寺間)工事の試運転車両搬入に伴う車両不足に対応して、6012編成が4両編成で導入された。この編成より、ブレーキが回生ブレーキ併用の全電気指令式ブレーキHRD-1Rから回生ブレーキ優先全電気指令式ブレーキHRDA-1に変更された。以後の京阪線の新造車はすべてHRDA-1になる。(京阪6000系電車 フレッシュアイペディアより)

「回生ブレーキ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「回生エネルギー」のニューストピックワード