565件中 111 - 120件表示
  • クリスタルムーバー

    クリスタルムーバーから見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    ブレーキシステム - 回生ブレーキ付き電気指令式ブレーキクリスタルムーバー フレッシュアイペディアより)

  • e-4WD

    e-4WDから見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    駆動方式という観点ではハイブリッド(混成)であるが、駆動ユニットへの電力は二次電池を介されずに直接供給されるという点から、e-4WD搭載車はハイブリッドカーではない。二次電池を搭載していないことで回生ブレーキを利用できない一方、高電圧の電池を持たないことは整備時や事故発生時に感電や電気火災を起こす危険性が低く、日本ではハイブリッドカーの整備に必要とされる低圧電気取扱者特別教育の受講が不要である。e-4WD フレッシュアイペディアより)

  • ハイブリッドバス

    ハイブリッドバスから見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    発電用ディーゼルエンジンはローザの4M50系(直列4気筒・排気量4,899cc)を採用し、回生ブレーキを装備している。これらにより、低燃費および高い静粛性を実現している。エアロスター エコ ハイブリッドは以前のエアロスターHEVとは違い、増速機を介して発電用モーターに動力を伝達している。発電用モータは回転数3,917rpmで40kWを発電する。この技術はダイムラー社にも提供されており、シターロGハイブリッドに用いられている。ハイブリッドバス フレッシュアイペディアより)

  • SBBカーゴRe482形電気機関車

    SBBカーゴRe482形電気機関車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    ブレーキ装置は主変換装置による回生ブレーキのほか空気ブレーキを装備する。SBBカーゴRe482形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ヴェンゲルンアルプ鉄道BDhe4/4 101-118形電車

    ヴェンゲルンアルプ鉄道BDhe4/4 101-118形電車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    制御装置はBBC製の抵抗制御式で、主電動機の駆動力はラック駆動用のピニオンにのみ伝達されて車輪は荷重を支えるだけの方式となっており、1時間定格出力440kW、牽引力83kNの性能、25km/hの最高速度を発揮するほか、電気ブレーキとして回生ブレーキと発電ブレーキを装備している。なお、製造当初は重連総括制御機能を持っておらず、上り勾配で客車を押し上げる列車でも列車最後部の運転台で運転操作を行っていた。ヴェンゲルンアルプ鉄道BDhe4/4 101-118形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ブダペスト登山鉄道

    ブダペスト登山鉄道から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    1929年に電化と同時に導入された電車は、スイスから部品の供給を受け、木造の車体はブダペストのガンツ社で作られた。回生ブレーキを装備し、下山時には消費電力の三分の一を回生することができた。速度は上り下りともに12km/hであった。車両は座席定員64人で、うち10人分が1等席であった。ブダペスト登山鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • スカイバス・メトロ

    スカイバス・メトロから見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    ブレーキは、補助ディスクでの回生ブレーキ(格子に電気を戻す)および(非常)機械式ブレーキのいずれかである。スカイバス・メトロ フレッシュアイペディアより)

  • 水銀整流器

    水銀整流器から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    ゲート電極付きのものは、位相制御による電圧調整や逆接続で回生電力を交流側に送り返すことができる。ガラス封止の多陽極式水銀整流器は、その形状から通称「タコ」と呼ばれた。水銀整流器 フレッシュアイペディアより)

  • 自立安定一輪車

    自立安定一輪車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    2011年4月にイギリスで発売されたハンドルを備えない電動式一輪車。横方向の安定性は人がバランスをとる必要がある。45分の充電で2時間利用可能で、登坂能力は傾斜15%までで、下り坂や減速時には回生ブレーキで充電する。イギリスでの販売価格は975ポンド。自立安定一輪車 フレッシュアイペディアより)

  • 東葉高速鉄道1000形電車

    東葉高速鉄道1000形電車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    トンネル内温度上昇対策として制御装置とブレーキ装置の更新。(抵抗制御→界磁添加励磁制御、発電ブレーキ→回生ブレーキ東葉高速鉄道1000形電車 フレッシュアイペディアより)

565件中 111 - 120件表示