565件中 11 - 20件表示
  • 南海8000系電車 (初代)

    南海8000系電車 (初代)から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    1975年に高野線難波駅 - 三日市町駅間の向けに1編成のみ製作された電機子チョッパ制御の試作車である。チョッパ装置は自動可変界磁(AVF)式の三菱電機製CAFM型を採用し、高速域からの回生ブレーキを可能としていた。ブレーキは6000系列と同様の電磁直通ブレーキだが、回生ブレーキ併用なのでHSC-Rである。台車は同時期に製作されていた量産車の6200系と共通のS型ミンデン式である。車体も6200系と同一であり、一見しただけでは見分けがつかなかった。容易な識別点としては8000系には電気連結器がないことや、ブレーキ緩解時の排気音が独特のものであることなどがあった。南海8000系電車 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 抵抗制御

    抵抗制御から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    電気的な制動方式を装備する場合、システムが簡易で済むが抵抗損失を伴う発電制動を使用するのが一般的であるため、制動時に発生する電気エネルギーを有効活用できない(界磁調整器を搭載することで電力回生制動を使用する場合もある。複巻電動機を使用することでより効率的な回生ブレーキの使用が可能となる)。抵抗制御 フレッシュアイペディアより)

  • スイス国鉄Ae610形電気機関車

    スイス国鉄Ae610形電気機関車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    20パーミルの下り勾配で300tを牽引して連続して回生ブレーキだけ走行でき、5分間の短時間定格ではブレーキ力を20%増できること。スイス国鉄Ae610形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • スイス国鉄Re460形電気機関車

    スイス国鉄Re460形電気機関車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    27パーミルの勾配区間で650tを牽引して旅客列車では80km/h、貨物列車では75km/hで走行可能であり、電気ブレーキは回生ブレーキとするスイス国鉄Re460形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • シュタッドラー He4/4形電気機関車

    シュタッドラー He4/4形電気機関車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    この区間は直流3000V電化で幅60mmのタングステン鋼製ラックレールを3条を使用した最急勾配104パーミル、単線の路線であり、日立製の電気機関車は1972年から1990年にかけて計14機が導入されたほか、1981年には入換・工事列車用として同じく日立製のラック式電気式ディーゼル機関車3機が導入されていた。サントス=ジュンジアイ鉄道はブラジル国内の他路線とともに1996年からブラジル国内で鉄道貨物輸送を手掛けるMRSが運行を担当していたが、同社では2000年代に入り老朽化対応と輸送力増強、電力回生ブレーキ導入による使用電力の削減のために新しい機材を導入することとして計画をすすめ、2005年にスイスのシュタッドラー・レール社に総額6,000万スイス・フランでラック式電気機関車7機(このほかオプション3機)と保守部品等を発注した。シュタッドラー He4/4形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道ABe4/4 41-49形電車

    レーティッシュ鉄道ABe4/4 41-49形電車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    回生ブレーキを装備すること。レーティッシュ鉄道ABe4/4 41-49形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ソーラーカー

    ソーラーカーから見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    軽量で高効率な電気モーター - モーター(電動機)のダイレクトドライブ化、重量低減や出力特性の改善、回生ブレーキなど。ソーラーカー フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄EF16形電気機関車

    国鉄EF16形電気機関車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    そこで、同区間で使用しているEF15形に回生ブレーキを追設し、従来の踏面ブレーキの使用頻度を大幅に下げることが国鉄内部で1950年(昭和25年)に決定、回生ブレーキの搭載により性能がEF15形と大きく変化することから、改造機には新形式EF16形を付与、改番し、国鉄の電気機関車では回生ブレーキを本格的に採用した初の形式となった。国鉄EF16形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道ABe4/4 31-37形電車

    レーティッシュ鉄道ABe4/4 31-37形電車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    主制御器はSAAS製の新しい間接制御式ものに変更となり、洗面所および隣接する3等室の座席1/2ボックス分と便所の長さを150mm短縮した分とを機器室として搭載をしている。なお、旧洗面所部分の窓は埋められて、機械室隣接の3等室の客室窓は幅630mmの狭いものとなっているほか、旧洗面所側には幅630mmのルーバー付き窓が新設されている。主制御機は抵抗制御で架線電圧DC1000V区間では、直列段では主電動機を2S2P、並列段では4Pに接続し、DC2200V区間では直列段では4S、並列段では2S2Pに接続をする方式で、4S接続はベルニナ線での除雪列車推進時の低速運転用にも使用される。電気ブレーキは主電動機を界磁交換式の2S2Pに接続をする発電ブレーキのほか、主電動機を複巻電動機として使用する回生ブレーキを装備し、弱め界磁制御は引続き装備しない。また、主電動機は出力を99kWに増強したMFO製のTyp T 405となって駆動装置も変更されて減速比が5.75となっている。レーティッシュ鉄道ABe4/4 31-37形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 遅れ込め制御

    遅れ込め制御から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    一方、電気ブレーキと空気ブレーキを併用する際には、電空協調制御(電空ブレンディングブレーキ制御とも言う)により電気ブレーキと空気ブレーキの制動力分担が制御されている。電気ブレーキを使うことで制輪子の消耗を減らしてメンテナンスのコストを削減でき、回生ブレーキの場合はエネルギーの有効利用にもつながるため、できるだけ電気ブレーキを使いたいという要求がある。電車の編成中にはモーターを備えた電動車(M車)と備えていない付随車(T車)があり、電気ブレーキを使うことができるのはM車のみである。このため本来は禁止されている、M車の電気ブレーキを優先して使いたいという要求が出てきた。これに対応して開発されたのが遅れ込め制御である。遅れ込め制御 フレッシュアイペディアより)

565件中 11 - 20件表示