483件中 31 - 40件表示
  • 京阪2600系電車

    京阪2600系電車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    書類上では登場が「1978年」となっているが、元は1959年(昭和34年)に登場し、「スーパーカー」の愛称で親しまれた回生ブレーキ装備の2000系である。同系列では架線電圧の600Vから1500Vへの昇圧に対応できなかったため、同系列の車体や台車を改修するとともに複電圧仕様の回生ブレーキ付き制御装置(東洋電機製ACRF-H4155-775A)への変更、冷房化(東芝製RPU-2205A×4基〈2621F・2622F除く〉)、冷房電源確保のための大容量MG(TDK-3721A・3両編成除く)の搭載、鋼体架線対応の下枠交差型パンタグラフ(PT-4805A-M)への交換、電圧指令式前面行先表示器の取り付け、スカートの取り付け、前照灯のシールドビーム化を施されて登場したのが本系列である。京阪2600系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 南海21000系電車

    南海21000系電車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    高野線では昭和初期以来AUR系制御器による電力回生ブレーキが使用されていたが、本形式開発の時点では、変電所の整流器が回転変流器からシリコン整流器へ交換されており、余剰電力の吸収が出来なくなっていた。このため本形式では負荷となる列車が存在しない状況での確実な制動が期待できない(回生失効を招く)として、電力回生制動の搭載は見送られている。南海21000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本719系電車

    JR東日本719系電車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    本系列においては、主回路(電機子)のサイリスタブリッジ(2分割)と、界磁制御用のサイリスタブリッジを個別に配置する他励方式(分巻方式)を採用している。通常、電車に用いられる直流モーターは、電機子と界磁を直列に配置する直巻整流子電動機が用いられるが、本系列では電機子と分巻界磁を個別に連続制御し、回生ブレーキの使用を可能とする構成である。ただし、起動(発車)から力行に至る特性では直巻方式が有利であるため、直巻電動機と同様の特性を持つように界磁側を制御する(直巻制御)。JR東日本719系電車 フレッシュアイペディアより)

  • ソーラーカー

    ソーラーカーから見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    軽量で高効率な電気モーター - モーター(電動機)のダイレクトドライブ化、重量低減や出力特性の改善、回生ブレーキなど。ソーラーカー フレッシュアイペディアより)

  • 阪急7000系電車

    阪急7000系電車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    6000系をベースに1980年から1988年までに210両が製造された。現在、阪急での同一系列の製造数が最も多い形式である。車体は6000系とほぼ同一であるが、制御装置は回生ブレーキ付き界磁チョッパ制御(東芝製)に、主電動機は複巻電動機に変更され、出力も150kWに増強されている。阪急7000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄21020系電車

    近鉄21020系電車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    制動装置は回生ブレーキ併用電気指令式 (KEBS-21A) で、回生ブレーキを有効に使用するためのT車遅れ込め制御の機能や、滑走防止制御機能を有する。抑速ブレーキも回生ブレーキであるが、22000系・23000系と同様に回生ブレーキが動作しない場合(回生失効)にはフェイルセーフの観点から発生した電力を抵抗器で消費する発電ブレーキに切り替わるシステムとなっていることから、各電動車には抵抗器も搭載されている。また、非常ブレーキ時も電動車は空気ブレーキのほかに減速度1.0km/h/s相当の発電ブレーキが動作する。このほか、緊急時には在来車と連結可能にするためブレーキ読替装置を搭載する。近鉄21020系電車 フレッシュアイペディアより)

  • Honda IMAシステム

    Honda IMAシステムから見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    2001年に発売されたシビックハイブリッドには、さらに進んだLDA型 直列4気筒 SOHC 1.3L リーンバーンエンジンが搭載された。同年発売されたフィットのエンジンと同様にi-DSIを採用し、回生ブレーキ性能向上のため気筒休止VTECシステムや、樹脂製パーツや超小型パーツ等を導入して軽量化も図られている。気筒休止VTECシステムとは、自動車の減速時に効率良くモーターがエネルギーを回生できるよう、4気筒のうち3気筒のバルブをVTEC機構で休止させることによってエンジン出力と拮抗しないようにし、エネルギーの回生ロスを低減するよう設計されたものである。Honda IMAシステム フレッシュアイペディアより)

  • 阪急2000系電車

    阪急2000系電車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    パンタグラフは、当初電力回生制動常用を前提として設計されていたため、離線による回生失効を防止するため菱形のPG-18A1を1両あたり2基装備していた。その後、神宝線架線電圧の昇圧に伴い、2000系と2100系の回生制動機能が廃止された際に1両あたり1基に削減されている。さらに2000系は冷房改造時に「モニター屋根」が撤去された。阪急2000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 直流電化

    直流電化から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    整流子の絶縁の問題で800Vを越える電圧の回転変流機は安定的に作れなかった。電動発電機も回転変流機も可逆的であり電源側への電力回生を許容する。直流電化 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄1400系電車

    近鉄1400系電車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    1C8M制御の三菱電機製FCM-214-15MRDH界磁チョッパ制御装置と回生ブレーキ併用電磁直通ブレーキ、抑速回生ブレーキを採用。160kWの直流複巻電動機MB-3270-Aを装備する。歯車比は4.72である。台車はM車はKD-88形、Tc車はKD-88A形を採用。パンタグラフは下枠交差型のPT-48をモ1400形(奇数)に2基装備。1401Fでは電動発電機・圧縮機共にク1500形(奇数)に設置されていたが、1403F以降はク1500形(偶数)に圧縮機が設置されるようになった。近鉄1400系電車 フレッシュアイペディアより)

483件中 31 - 40件表示

「回生エネルギー」のニューストピックワード