483件中 81 - 90件表示
  • レーティッシュ鉄道Ge6/6 II形電気機関車

    レーティッシュ鉄道Ge6/6 II形電気機関車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    ブレーキ装置はタップ切換器による15段の回生ブレーキのほか、機関車用の空気ブレーキ、手ブレーキ、客車などの列車用の真空ブレーキ装置を装備する。レーティッシュ鉄道Ge6/6 II形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道Gem4/4形機関車

    レーティッシュ鉄道Gem4/4形機関車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    本機は力行時は電気走行、低速電気走行、ディーゼル走行、低速ディーゼル走行の4モード、電気ブレーキ時に発電ブレーキ、回生ブレーキの2モードを選択することができる。レーティッシュ鉄道Gem4/4形機関車 フレッシュアイペディアより)

  • モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道GDe4/4形電気機関車

    モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道GDe4/4形電気機関車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    ブレーキ装置は、電気ブレーキをチョッパ制御による最大ブレーキ力70kNの回生・発電併用ブレーキとして安定した電気ブレーキ力を確保しているほか、手ブレーキ、電磁吸着ブレーキ、機関車およびパノラマ客車、ロールボック用の空気ブレーキ、その他の客車などの列車用に真空ブレーキ装置を装備する。モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道GDe4/4形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道ABe4/4 487-488形電車

    レーティッシュ鉄道ABe4/4 487-488形電車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    制御方式は電磁接触器を使用した抵抗制御で、直流2400V/1500V両用となっており、ABDe 4/4 481II-486II形やBDe4/4 491形と同一の回路構成となっている。また、ブレーキ時には回生ブレーキもしくは発電ブレーキを使用する方式を採用しており、いずれも制御段数は14段であり、発電ブレーキは屋根上に搭載したブレーキ抵抗器でブレーキ力を発生させる。レーティッシュ鉄道ABe4/4 487-488形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 直巻整流子電動機

    直巻整流子電動機から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    (ただし、分巻電動機を制御して回生制動を含めシームレスに制御する方式もある)直巻整流子電動機 フレッシュアイペディアより)

  • SWIMO

    SWIMOから見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    SWIMOは3両固定編成で、全長は15m。架線のある電化区間では一般的な電車同様、パンタグラフ集電により走行するが、非電化区間では川崎重工業が独自開発したニッケル・水素蓄電池である「ギガセル」の電力を使って走行する。また、回生ブレーキの発生電力や、電化区間でパンタグラフから得た電力の一部をこれらの充電用に充てることができる。5分間の充電で、平地の場合、40km/hで10km走行できる。SWIMO フレッシュアイペディアより)

  • 江ノ島電鉄500形電車 (2代)

    江ノ島電鉄500形電車 (2代)から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    主制御装置は東洋電機製造製のATR-M460-RG695Aである。制御素子としてIPMを採用したことで軽量化を図り、電子回路を密閉することで塵埃の侵入を防止し、機器の高信頼化と保守の軽減を図った。また、これも江ノ電では初の回生ブレーキも装備され、回生失効対策として発電ブレーキも併用されている。また、この制御器は架線電圧が直流750Vの路線にも小変更で対応出来るように設計されている。主電動機はTDK-6252-A(端子電圧440V、電流106A、周波数55Hz、出力60kW、定格回転数1,615rpm)である。駆動装置は300形の更新工事で採用された中空カルダン駆動用のものをTD継手用に変更したKD-110-B-Mであり、小歯車周りは新製したが、歯車箱は廃車になった300形のものを流用している。歯車比は82:13(6.31)である。江ノ島電鉄500形電車 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 江ノ島電鉄500形電車 (2代)

    江ノ島電鉄500形電車 (2代)から見た回生失効回生ブレーキ

    主制御装置は東洋電機製造製のATR-M460-RG695Aである。制御素子としてIPMを採用したことで軽量化を図り、電子回路を密閉することで塵埃の侵入を防止し、機器の高信頼化と保守の軽減を図った。また、これも江ノ電では初の回生ブレーキも装備され、回生失効対策として発電ブレーキも併用されている。また、この制御器は架線電圧が直流750Vの路線にも小変更で対応出来るように設計されている。主電動機はTDK-6252-A(端子電圧440V、電流106A、周波数55Hz、出力60kW、定格回転数1,615rpm)である。駆動装置は300形の更新工事で採用された中空カルダン駆動用のものをTD継手用に変更したKD-110-B-Mであり、小歯車周りは新製したが、歯車箱は廃車になった300形のものを流用している。歯車比は82:13(6.31)である。江ノ島電鉄500形電車 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • BLSカーゴRe486形電気機関車

    BLSカーゴRe486形電気機関車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    ブレーキ装置は電気ブレーキとして主変換装置による回生ブレーキを主として主に直流区間用として発電ブレーキを併用する方式とし、その他に空気ブレーキを装備する。BLSカーゴRe486形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • BLSカーゴRe485形電気機関車

    BLSカーゴRe485形電気機関車から見た回生ブレーキ回生ブレーキ

    ブレーキ装置は主変換装置による回生ブレーキのほか空気ブレーキを装備する。BLSカーゴRe485形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

483件中 81 - 90件表示

「回生エネルギー」のニューストピックワード