1652件中 21 - 30件表示
  • 武宮陽光

    武宮陽光から見た囲碁囲碁

    武宮 陽光(たけみや ようこう、1977年4月29日 - )は、日本棋院所属の囲碁棋士。東京都出身。父、師匠は囲碁棋士の武宮正樹。武宮陽光 フレッシュアイペディアより)

  • 梅沢由香里のやさしい囲碁

    梅沢由香里のやさしい囲碁から見た囲碁囲碁

    『梅沢由香里のやさしい囲碁』は、毎日コミュニケーションズ(後のマイナビ、ゲーム事業はマイナビ出版に分社)が開発、発売した囲碁ゲームである。以下、複数機種のゲーム機を対象として発売されている。梅沢由香里のやさしい囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 伴伝兵衛 (2代)

    伴伝兵衛 (2代)から見た囲碁囲碁

    2代目伴伝兵衛は江戸初期明暦年間(1655年-1657年)に江戸日本橋『近江屋』の主人であったことが知られている。ある年の大晦日伝兵衛が年末の挨拶に筑前梁川藩邸を訪れた時、暇を持て余していた藩主立花左近将監は、伝兵衛訪問を聞き早速囲碁に誘った。左近将監も伝兵衛も大変な囲碁好きで、身分を越え囲碁の好敵手であった。早速二人は盤を囲み囲碁を始め、夕から夜へと時間が進み、商家主人として正月の準備をしなければならない伝兵衛は、「そろそろ暇を」と左近将監に声を掛けたが、その度に「今少し」と言われ、囲碁好きな伝兵衛もそう言われるとついつい盤を囲み続けてしまった。勝ち負けを続け深夜となり伝兵衛は流石に「松飾など、正月準備をせねばならず、これにて失礼させてください」と言ったところ、「ならば松飾は必ず立派に作らせるほどに、今宵は緩々と」と左近将監言われ、命ざれるままに勝敗を重ね、ついに鶏の声が聞こえる頃、漸く勝負も就きはじめ囲碁はお開きとなった。伴伝兵衛 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 死活

    死活から見た囲碁囲碁

    死活(しかつ)は、囲碁用語の一つ。囲碁において最も重要な概念といえる。死活 フレッシュアイペディアより)

  • 先手

    先手から見た囲碁囲碁

    囲碁では先手が黒石を持ち後手が白石を持つ。先手 フレッシュアイペディアより)

  • 赤沢正道

    赤沢正道から見た囲碁囲碁

    「当時のことで、もう一つ忘れてはならないのは、昭和十一年に誕生した清交クラブのことである。これは、赤沢正道氏が中心となって、織田収、坂口平兵衛、田村純一、坂口昇、大坪正章各氏ら、当時の若手有力者が集った、米子で初めての社交クラブである。マネージャーを小野篁一氏が務め、現在の朝日町赤沢医院の所にあった赤沢氏の自宅の敷地内にクラブのための建物を新築し、一階で撞球、二階で囲碁、マージャンなどを楽しみながら、熱っぽく天下、国家を論じ合った。いわば、米子ロータリークラブの前身とでもいえようか。」という。赤沢正道 フレッシュアイペディアより)

  • AlphaGo対李世ドル

    AlphaGo対李世ドルから見た囲碁囲碁

    AlphaGo対李世?(アルファご・たい・イ・セドル)は、韓国のプロ囲碁棋士李世?とGoogle DeepMindによって開発されたコンピュータ囲碁プログラムAlphaGoとの間の囲碁五番勝負である。この対局は1997年に行われたディープ・ブルーとガルリ・カスパロフとの間の歴史的なチェス対局と比較されている。AlphaGo対李世ドル フレッシュアイペディアより)

  • 待った

    待ったから見た囲碁囲碁

    囲碁や将棋では相手の次の手を見て、それが自分が困る手の場合にもう一度前回の自分の手まで戻って指し直しをすることを求める場合に「待った」という。これは正式にはルール違反である。待った フレッシュアイペディアより)

  • チェッカー

    チェッカーから見た囲碁囲碁

    ボードゲームのチェッカー()は、相手の駒を取り合うゲーム。赤・黒12個ずつの丸い駒と、縦横8マスのチェスボードを用いる。ドラフツ(draughts)、西洋とも呼ばれる。チェッカー フレッシュアイペディアより)

  • 大立廉

    大立廉から見た囲碁

    大立が所長になったのは、坂口豊蔵所長が没した昭和5年(1930年)頃からと思われる。そのころから、新持馨(中国電力の重役)、今井兼文(今井書店の会長)の二人と親交を結び、謡、、旅行などの清遊を楽しんでいる。大立廉 フレッシュアイペディアより)

1652件中 21 - 30件表示

「囲碁」のニューストピックワード