1304件中 31 - 40件表示
  • 黒

    から見た囲碁囲碁

    相撲や将棋や囲碁などのゲームにおいて、敗戦を黒星という。(他のスポーツにもしばしば転用される)⇔白(勝利) フレッシュアイペディアより)

  • アジア競技大会

    アジア競技大会から見た囲碁囲碁

    基本的に、オリンピックと同様のスポーツが行われるが、ソフトテニス(軟式テニス)、囲碁、シャンチー(中国象棋)、カバディ、セパ・タクロー、空手道などのような、アジアの地域性を反映したオリンピックにはない独特の競技も行われている。アジア競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 有閑倶楽部

    有閑倶楽部から見た囲碁囲碁

    文武両道・天下無敵の生徒会長。倶楽部の「頭脳」。大病院の息子。姉(医大生)が1人いる。囲碁倶楽部所属、また、UFO研究会など色々な部に所属する。野梨子とは幼馴染で隣の家に住んでいる。拳法の達人でもある。オールマイティー人間だけに、人間味に欠けると仲間に揶揄されることも多々あり。実際に時々様々な人物から言われている場面がある。観察眼があり、人の弱点を握るのが得意。なぜかホモにモテる。徒手格闘や医学薬学・オカルト・語学・その他あらゆる分野で能力を発揮するリーダー的存在。語学では5ヶ国語くらいは話せるらしい。幼稚舎入園時悠理に喧嘩で惨敗し、立腹した野梨子に庇われてしまうという屈辱まで味わう。そういった経緯からすぐに武道に目覚める。現在でも失敗により心が折れることは度々ある。 ネーミングは清酒「菊正宗」から。有閑倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口安吾

    坂口安吾から見た囲碁囲碁

    1936年に矢田と絶交し、長篇「吹雪物語」の執筆を始める。翌年京都に下宿し、「吹雪物語」に専念しながら、碁会所を開くなど囲碁三昧の生活を送る。1938年に、安吾作品では最も長い700枚の渾身作「吹雪物語」を脱稿して上京するが、失敗作と評され失意に陥る。同年『文体』12月号に「閑山」、翌年2月に「紫大納言」を発表し、ファルスの文学で復活。私生活では取手の取手病院の離れに住み込み、1940年には取手の寒さに悲鳴をあげ、三好達治の誘いで小田原に転居。1941年から蒲田で母と住むようになるが、翌42年に母は息を引き取る。1944年に徴兵逃れのために日本映画社の嘱託となり、記録映画「黄河」などの脚本を書いたが映画化はされなかった。坂口安吾 フレッシュアイペディアより)

  • 対局時計

    対局時計から見た囲碁囲碁

    囲碁、将棋、チェス、その他のボードゲームの対局時に用いられる。対局時計 フレッシュアイペディアより)

  • チェッカー

    チェッカーから見た囲碁囲碁

    ボードゲームのチェッカー()は、相手の駒を穫り合うゲーム。赤・黒12個ずつの丸い駒と、縦横8マスのチェスボードを用いる。ドラフツ (draughts) 、西洋とも呼ばれる。チェッカー フレッシュアイペディアより)

  • 野口英世

    野口英世から見た囲碁囲碁

    趣味は、浪花節、将棋、囲碁、油絵であった。アメリカ合衆国シャンデイケンに野口の設計した別荘があり、画家でもある堀市郎に師事し油絵の多くはここで描かれた。野口英世 フレッシュアイペディアより)

  • 封じ手

    封じ手から見た囲碁囲碁

    手番と持ち時間が影響するようなゲーム(例えばカードゲームや、ウォーゲームなど)で利用できるが、現在公式に用いられているのは将棋と囲碁だけである。封じ手 フレッシュアイペディアより)

  • 阿川弘之

    阿川弘之から見た囲碁

    1936年(昭和11年)2月26日、中学3年の時二・二六事件が起った。阿川はひどく興奮し、帰宅するなり母親に向かい“こういうことは大嫌いじゃ。無茶苦茶じゃ。これじゃけぇ陸軍はいやなんじゃ。”と大声の広島弁でまくし立てた。この発言の時、阿川家では父親がいつもの通り、奥座敷で丸橋さんという近所の退役陸軍大佐とを打っていた。母から“大きな声を出しなはんな、丸橋さんに聞こえたら悪いがな”と小声でたしなめられたが、阿川は“何が悪いもんか、聞いてもらったほうがいいのだ”と胸のうちで思っていたという。阿川弘之 フレッシュアイペディアより)

  • 棋聖 (囲碁)

    棋聖 (囲碁)から見た囲碁囲碁

    囲碁の歴史の中で抜群の強さを発揮した棋士に与えられる尊称。碁聖とほぼ同義。棋聖 (囲碁) フレッシュアイペディアより)

1304件中 31 - 40件表示

「囲碁」のニューストピックワード