1304件中 41 - 50件表示
  • マインドスポーツ

    マインドスポーツから見た囲碁囲碁

    第1回ワールドマインドスポーツゲームズ(WMSG)北京大会では、コントラクトブリッジ、チェス、チェッカー(ドラフツ)、囲碁、シャンチーの5種目が正式競技として採用された。マインドスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2009年

    訃報 2009年から見た囲碁囲碁

    1月7日 - 水野弘士、退役囲碁棋士(* 1936年)訃報 2009年 フレッシュアイペディアより)

  • トーナメント方式

    トーナメント方式から見た囲碁囲碁

    思考型のゲームで使われることが多く、海外のチェスやチェッカーの競技会の多くはこの形式を利用している。日本でも将棋や囲碁のアマチュア大会では積極的に採用されている。マジック:ザ・ギャザリングをはじめとするトレーディングカードゲームでも使用例は多い。トーナメント方式 フレッシュアイペディアより)

  • ポン抜き囲碁

    ポン抜き囲碁から見た囲碁囲碁

    「ポン抜き囲碁」(ポンぬきいご)とは、囲碁のルールを学ぶ過程で用いられることが多いミニゲームである。碁盤と呼ばれる盤上にそれぞれが一色を持って二色の碁石(石)を置いていき、自分の石をうまく利用して相手の石を奪取するのが目的のゲームである。ポン抜き囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 瞬間決着ゲームシンペイ

    瞬間決着ゲームシンペイから見た囲碁囲碁

    4個のコマを並べる序盤においてはオセロと同じく、最後に相手をはさむ権利を持つ後手が有利であるが、一手ずつ動かすフェーズに先後同形で入ると今度は将棋や囲碁のように先手が有利となる。後手は序盤最終手までに先手を出来るだけ悪形に配置することを目指すべきである。瞬間決着ゲームシンペイ フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁の手合割

    囲碁の手合割から見た囲碁囲碁

    囲碁の手合割(いごのてあいわり)とは、囲碁の対局における実力差に応じたハンディキャップのこと。またそれに基づく実力差、ないし段級位差を指すこともある。囲碁の手合割 フレッシュアイペディアより)

  • 実隆公記

    実隆公記から見た囲碁囲碁

    実隆公記の書かれた時期は室町時代の後期あるいは戦国時代の前期にあたる時代であるが、戦乱の動向よりも歌会や古典の書写に関する記述が多くを割かれている。また、当時の朝廷や幕府は政治の実態から離れた有閑無為の生活を余儀なくされており、和歌や連歌の会に参加したり、囲碁・将棋・雙六などの賭け事に没頭したりする記述が多く見られる。実隆公記 フレッシュアイペディアより)

  • 序盤

    序盤から見た囲碁囲碁

    序盤(じょばん)は囲碁、将棋、チェスなどのゲーム、スポーツや事象において、対局や試合を3分割にしたときの1番始め。詳しくはそれぞれ、囲碁、将棋、オープニング (チェス)を参照。序盤 フレッシュアイペディアより)

  • ヘックス (ボードゲーム)

    ヘックス (ボードゲーム)から見た囲碁囲碁

    ヘックスは、六角形が並んだ菱形状の盤を使い2人で対戦するボードゲームである。アブストラクトゲームに分類される。盤の大きさは 11×11 が一般的であるが、13×13 や囲碁と同じ 19×19 なども使用される。ビューティフル・マインドで有名になった数学者のジョン・ナッシュ(このゲームの考案者の一人でもある)は 14×14 が適正であると考えている。ヘックス (ボードゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 本田邦久

    本田邦久から見た囲碁囲碁

    本田邦久(ほんだ くにひさ、昭和20年(1945年)6月15日 -)は、囲碁の棋士。石川県出身、関西棋院所属、橋本宇太郎九段門下、九段。NHK杯戦優勝、関西棋院第一位決定戦優勝4回。布石では小目を多用し、難解な接触戦を得意とする。本田邦久 フレッシュアイペディアより)

1304件中 41 - 50件表示

「囲碁」のニューストピックワード