1652件中 51 - 60件表示
  • 永野重雄

    永野重雄から見た囲碁囲碁

    1960年(昭和35年)「箱根観光ホテル」(現・「パレスホテル箱根」)設立(詳細は後述)。1964年(昭和39年)今里廣記とともに本田弘敏を東京ターミナル(浜松町世界貿易センタービル、1970年完工)社長に抜擢。1966年(昭和41年)木川田一隆、稲山嘉寛らと「産業問題研究会」を発足。1970年(昭和45年)佐藤内閣対外経済協力審議会会長。同年鉄道貨物協会会長。 1971年(昭和46年)観光政策審議会会長。日中国交正常化にも貢献(詳細は後述)。同年、むつ小川原開発公社委員。1972年(昭和47年)「東京湾横断道路研究会」(初代)会長。中曽根康弘通産大臣と愛知揆一大蔵大臣に働きかけ、1973年(昭和48年)「小規模事業者経営改善資金融資制度」(マル経融資、現・小規模事業者経営改善資金)を創設。愛知は永野の懇請を受け、翌日出掛け急逝した。1974年(昭和49年)政治献金を審議する「議会政治近代化委員会」委員。1977年(昭和52年)毎日新聞社の救済(詳細は後述)、1978年(昭和53年)東洋工業(マツダ)の再建にひと役買いフィクサーとして話をまとめた(詳細は後述)。1978年(昭和53年)沈没寸前の佐世保重工業の救済にあたり、坪内寿夫を社長に起用し同社を再建させた(詳細は後述)。また日米欧委員会日本委員会委員に就任。1978年(昭和53年)瀬島龍三を日本商工会議所特別顧問、東京商工会議所副会頭に抜擢し、瀬島は以後、財界活動を活発に行った。同年大統領就任前のロナルド・レーガン訪日で、石原慎太郎から相談を受け、日本の財界人との会合をセッティング。1981年(昭和56年)ロナルド・レーガン大統領就任式に参列。1978年(昭和53年)に起こった円高為替の差益還元問題は、永野の「明日の百円より今日の十円」発言が契機となり、一気に還元へ向かった。差益金の還元が終わる頃、イスラム革命が起り、第2次オイルショックが発生。電気事業が収支の破綻を免れられない状況に陥ると「料金改定を断行しなさい」と平岩外四にアドバイス。平岩が方々との折衝にあたり1980年(昭和55年)料金改定を実行した。平岩は「今日の日本の電気事業が、エネルギー産業の中核として、どうにか供給責任を果たしてこられたのはこの料金改定があったおかげと述べている。1982年(昭和57年)国際大学設立で発起人。1980年(昭和55年)大平内閣対外経済協力審議会会長。1982年(昭和57年)日本商工連盟創設と合わせ、日本経済の基盤である中小企業育成に尽力した。1982年(昭和57年)「関西新国際空港建設促進協議会」代表理事に就任し支援。1984年(昭和59年)日本商工会議所会頭を五島昇に譲り退任した。五島昇は五島慶太から紹介され、石坂泰三から託され、永野が育てた人物だった。永野→五島へのバトンタッチは、永野と小山五郎、瀬島龍三、大槻文平の4人の話し合いで円滑に行われた。また道州制や、「世界一国論」の提唱、第二パナマ運河、第二シベリア鉄道建設にも意欲を燃やし、経済界の日本代表として国内外で活躍した。長きに渡り財界に君臨したため「財界フェニックス」との異名をとった。日本復活の原動力となった鉄鋼王国を築いた立役者で、戦後日本経済の牽引車的役割を果たした経済人の一人である。長年、在京広島県人会会長(副会長・桜田武、後任会長・岡田茂)を務めた。毎年、お盆には親族を率いて蒲刈に墓参に帰っていた。生まれは島根県のため、櫻内義雄と安井誠一郎と親しかった関係から、櫻内と安井謙の後援会会長を務めていた。生涯明治の気骨を貫き通し、柔道・囲碁など合わせて64段が自慢だった。1984年死去。。重雄の死により政財界密着時代の幕が降ろされたともいわれた。『ダイヤモンド社』は実業人ならびに、財界人としての永野の軌跡は、まさにそのまま「昭和経済史」と評した。五島昇は「永野さんの活動の歴史はそのまま戦後日本の経済史と言っても過言ではありません」と述べている。永野重雄 フレッシュアイペディアより)

  • 闇サイト殺人事件

    闇サイト殺人事件から見た囲碁囲碁

    また、生前には、中区新栄の喫茶店で開かれる囲碁会に参加しており、「初段になる」という目標の下、熱心に対極に取り組んでいた。また、参加者達に手作りのプリンを振る舞うなど、優しい性格で、囲碁仲間たちからも慕われていた。事件直前には、囲碁を通じて知り合った男性と交際を開始し、殺害された8月25日には、デートの予定を入れていた。闇サイト殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 全国青年大会

    全国青年大会から見た囲碁囲碁

    囲碁(個人戦、男女不問)全国青年大会 フレッシュアイペディアより)

  • 富士通

    富士通から見た囲碁囲碁

    国内のIT業界・就職人気企業ランキングのメーカー部門で首位、総合部門で第2位にランクインするなど高い人気を誇っている(2011年時点)。また、これまでの人生において何らかの高い実績を上げた人が対象である『Challenge & Innovation採用』(新卒採用)を2010年度に新設した。その採用ではラクロスやシンクロナイズドスイミングの日本代表選手、俳句や囲碁で学生日本一になった者、また現役で公認会計士試験に合格した者や国際的なビジネスコンテストで優勝を果たした者など、幅広い層の人材を獲得することに成功している。富士通 フレッシュアイペディアより)

  • 野口英世

    野口英世から見た囲碁囲碁

    趣味は浪花節、将棋、囲碁、油絵であった。アメリカ合衆国シャンデイケンには英世自身が設計した別荘があり、油絵の多くはここで描かれた(画家でもある堀市郎に師事)。野口英世 フレッシュアイペディアより)

  • アジア競技大会

    アジア競技大会から見た囲碁囲碁

    基本的に、オリンピックと同様のスポーツが行われるが、ソフトテニス(軟式テニス)、囲碁、シャンチー(中国象棋)、カバディ、セパ・タクロー、空手道などのような、アジアの地域性を反映したオリンピックにはない独特の競技も行われている。アジア競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 米長邦雄

    米長邦雄から見た囲碁囲碁

    タイトル獲得数19期は歴代5位。永世棋聖の称号を保持し、引退前から名乗る。佐瀬勇次名誉九段門下。棋士番号は85。趣味は囲碁で囲碁八段(日本棋院から追贈)。米長邦雄 フレッシュアイペディアより)

  • 万波奈穂

    万波奈穂から見た囲碁囲碁

    万波 奈穂(まんなみ なお、1985年9月10日 - )は、日本の囲碁女流棋士である。兵庫県出身(後に東京都世田谷区に転居しそこで育つ)。日本棋院東京本院所属。大枝雄介九段門下。夫は伊田篤史。万波奈穂 フレッシュアイペディアより)

  • 序盤

    序盤から見た囲碁囲碁

    序盤(じょばん)は囲碁、将棋、チェスなどのゲーム、スポーツや事象において、対局や試合を3分割にしたときの1番始め。詳しくはそれぞれ、囲碁、将棋、オープニング (チェス)を参照。序盤 フレッシュアイペディアより)

  • 金在九

    金在九から見た囲碁囲碁

    金 在九(キム・ジェグ、???、1938年10月13日 - )は、韓国の囲碁棋士。全羅南道長城出身、韓国棋院所属、八段。覇王戦、国手戦挑戦者など。2009年引退。金在九 フレッシュアイペディアより)

1652件中 51 - 60件表示

「囲碁」のニューストピックワード