前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
136件中 1 - 10件表示
  • 囲碁

    囲碁から見たほったゆみ

    ほったゆみ(原作)・小畑健(画)『ヒカルの碁』囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た佐藤純彌

    『未完の対局』佐藤純彌監督(南里征典による同名ノベライゼーションもある)囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た小畑健

    ほったゆみ(原作)・小畑健(画)『ヒカルの碁』囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た赤塚不二夫

    赤塚不二夫『ニャロメのおかしなおかしな囲碁格言』囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た源氏物語

    発祥は中国と考えられ、少なくとも2000年以上前から東アジアを中心に親しまれてきた。そうした文化・歴史の中で爛柯(らんか)をはじめとした様々な別称を持つ()。日本でも平安時代から広く親しまれ、枕草子や源氏物語といった古典作品にも数多く登場する。戦国期には武将のたしなみでもあり、庶民にも広く普及した。江戸時代には家元四家を中心としたプロ組織もでき、興隆の時期を迎えた。明治以降も引き続き広く親しまれ、近年ではインターネットを経由して対戦するネット碁も盛んである。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た東海旅客鉄道

    1968年にイギリス・トランスアトランティック・レコードから発売されたジョン・レンボーンとバート・ヤンシュのLP『ジョン・アンド・バート』のカバーには、両人が囲碁にうち興じる写真が使われている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た本因坊道策

    原型は本因坊道策の時代から打たれている。自分の小目の先にある相手の隅の星に小ゲイマガカリして受けさせた後、星脇にヒラく。この星脇の石と小目の位置関係からこの名前が付いた。1990年代から日本・中国・韓国で主に研究され、流行している布石である。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たアタリ (企業)

    アタリ - アメリカのゲーム会社。創業者が囲碁好きの為、囲碁用語から社名を取ったというエピソードは有名。詳細はアタリを参照。この後に子会社として「テンゲン」、創業者が次に作った会社に「センテ」(ノーラン・ブッシュネル参照)があった。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た武宮正樹

    二連星の間の辺の星をさらに占めた布石。基本的に実利にとらわれず、中央を目指す碁になる。アマチュアに人気がある布石。武宮正樹九段が愛用する布石。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た織田信長

    室町時代末期からは碁打ちが公家や武将に招かれるなどの専業化も進むとともに、それまでの事前置石制から自由布石への移行も起こった。戦国時代には戦国武将たちに大いに好まれ、織田信長に日海(本因坊算砂)が名人の称号を許されたと言われる。江戸時代には幕府から家禄を受ける家元制度が成立し、囲碁の技術が飛躍的に向上するとともに、将軍御目見えによる御城碁が行われたり、碁会所が生まれるなど庶民の娯楽としても定着した。囲碁 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
136件中 1 - 10件表示