147件中 91 - 100件表示
  • 囲碁

    囲碁から見た晋 (春秋)

    そのような故事由来の異称の代表である爛柯(らんか)は中国の神話・伝説を記した『述異記』の次のような話に由来する。の時代、木こりの王質が信安郡の石室山に入ったところ童子たちが碁を打っているのを見つけた。碁を眺めていた王質は童子からナツメをもらい、飢えを感じることはなかった。しばらくして童子から言われて斧を見ると、その柄(柯)が朽(爛)ちていることに気付いた。王質が山を下り村に帰ると知っている人は誰一人いなくなっていた。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た直交座標系

    碁盤の交点座標は、先手の黒から見て、横の座標を左から右に1?19の算用数字で、縦の座標を上から下に一?十九の漢数字で表すことが多く、これは数学の直交座標系における第四象限と考えるとわかりやすい。この場合、右上隅の星は「16の四」、天元は「10の十」と表現する。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た数学

    碁盤の交点座標は、先手の黒から見て、横の座標を左から右に1?19の算用数字で、縦の座標を上から下に一?十九の漢数字で表すことが多く、これは数学の直交座標系における第四象限と考えるとわかりやすい。この場合、右上隅の星は「16の四」、天元は「10の十」と表現する。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た碁石

    2人のプレイヤーが、碁石と呼ばれる白黒の石を、通常19×19の格子が描かれた碁盤と呼ばれる板へ交互に配置する。一度置かれた石は、相手の石に全周を取り囲まれない限り、取り除いたり移動することはできない。ゲームの目的は、自分の色の石によって盤面のより広い領域(地)を確保する(囲う)ことである。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た天円地方

    囲碁の用具に着目した異称として烏鷺(うろ)がある。碁石の黒白をカラス(烏)とサギ(鷺)にたとえている。方円(ほうえん)は碁石と碁盤の形からつけられたもので、本来は天円地方で古代中国の世界観を示していた。のちに円形の碁石と正方形の碁盤から囲碁の別称となった。「烏鷺の争い」とも言う。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たダメ (囲碁)

    日本では古くから親しまれ、駄目、布石、捨て石、定石など、数多くの囲碁用語は、そのまま日本語の慣用句としても定着している()。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た台湾

    囲碁は日本のみならず中華人民共和国、中華民国(台湾)、韓国、北朝鮮などでも盛んに行われ、その他にも北アメリカ・南アメリカ、ヨーロッパなどでも行われている。今日、囲碁は世界80ヶ国以上で打たれており、世界選手権も行われている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た

    『太平広記』巻四十「巴邛人」の話も別称の由来となっている。巴邛に住むある男が橘の庭園を持っていたが、あるとき霜がおりた後で橘の実を収穫した。しかし3、4も入りそうな甕のように大きな実が二つ残り、それらを摘んで割ってみると、中には老人が二人ずつ入っていた。この老人たちは橘の実の中で碁を打っていた。この話から囲碁は橘中の楽(きっちゅうのらく、―たのしみ)とも呼ばれる。ただし、原文では老人が遊んでいたのは碁ではなく「象戯」(シャンチー)である。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た正倉院

    その後5世紀には朝鮮へ、7世紀頃に日本に伝わったとされる。そのころから日本の貴族を中心に広く遊ばれ、正倉院には碁盤と碁石が収められている。清少納言や紫式部も碁をよく打ったとされ、枕草子や源氏物語中にも囲碁と思われるものが登場する。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た漢音

    「碁」という字は本来は「棋・棊」の異体字で、意味も発音も同じだった。現在も中国では「?棋(圍棋)」と書く。日本漢字音での「ゴ」と「キ」の音の違いは呉音と漢音の違いに由来する。囲碁 フレッシュアイペディアより)

147件中 91 - 100件表示

「囲碁」のニューストピックワード