147件中 11 - 20件表示
  • 囲碁

    囲碁から見た織田信長

    室町時代末期からは碁打ちが公家や武将に招かれるなどの専業化も進むとともに、それまでの事前置石制から自由布石への移行も起こった。戦国時代には戦国武将たちに大いに好まれ、織田信長に日海(本因坊算砂)が名人の称号を許されたと言われる。江戸時代には幕府から家禄を受ける家元制度が成立し、囲碁の技術が飛躍的に向上するとともに、将軍御目見えによる御城碁が行われたり、碁会所が生まれるなど庶民の娯楽としても定着した。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た加藤正夫

    隅の星と内側向きの小目に、さらにその間にある星脇(右上を星、右下を小目とすると、辺の星の一つずつ右・下に位置するところ)(小目から見て五間ジマリ)に並べられた布石。打ち出したのは日本人だが、大会で中国の若手が一様に使用しこの名前がついた。お互いの応手により実利・厚みのどちらにも転換することが可能。ただし、戦いになると一本調子になるところがある。加藤正夫などが愛用した。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た斎藤栄

    斎藤栄『黒水晶物語』『黒白の奇蹟』囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たガルリ・カスパロフ

    チェスの世界では、1996年のガルリ・カスパロフとの対局で、初めて単一のゲームで世界チャンピオンにコンピュータが勝利した。また、1997年にはオセロの世界チャンピオンであった村上健がコンピュータとの6番勝負で6戦全敗し、2006年にはシャンチーのプログラムが大師との対局に勝利、2012年には将棋棋士(引退)の米長邦雄がコンピュータに敗れた。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た紫式部

    その後5世紀には朝鮮へ、7世紀頃に日本に伝わったとされる。そのころから日本の貴族を中心に広く遊ばれ、正倉院には碁盤と碁石が収められている。清少納言や紫式部も碁をよく打ったとされ、枕草子や源氏物語中にも囲碁と思われるものが登場する。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た本因坊算砂

    室町時代末期からは碁打ちが公家や武将に招かれるなどの専業化も進むとともに、それまでの事前置石制から自由布石への移行も起こった。戦国時代には戦国武将たちに大いに好まれ、織田信長に日海(本因坊算砂)が名人の称号を許されたと言われる。江戸時代には幕府から家禄を受ける家元制度が成立し、囲碁の技術が飛躍的に向上するとともに、将軍御目見えによる御城碁が行われたり、碁会所が生まれるなど庶民の娯楽としても定着した。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た武宮正樹

    二連星の間の辺の星をさらに占めた布石。基本的に実利にとらわれず、中央を目指す碁になる。武宮正樹九段が愛用する布石。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たノーラン・ブッシュネル

    アタリ - アメリカ合衆国のゲーム会社。創業者のノーラン・ブッシュネルが囲碁好きで、囲碁用語から社名を取ったというエピソードは有名。詳細はアタリを参照。この後に子会社として「テンゲン」、ノーランが次に作った会社に「センテ」(ノーラン・ブッシュネル参照)があった。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た水原秀策

    水原秀策『黒と白の殺意』囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た松永久秀

    祇園祭礼信仰記、金閣寺の段 - “国崩し”松永大膳と此下東吉との対局から碁笥を利用した決定的な場面につながる。この話は囲碁用語を解さないとストーリーが理解できない。囲碁 フレッシュアイペディアより)

147件中 11 - 20件表示

「囲碁」のニューストピックワード