136件中 11 - 20件表示
  • 囲碁

    囲碁から見た加藤正夫

    隅の星と内側向きの小目に、さらにその間にある星脇(右上を星、右下を小目とすると、辺の星の一つずつ右・下に位置するところ)(小目から見て五間ジマリ)に並べられた布石。打ち出したのは日本人だが、大会で中国の若手が一様に使用しこの名前がついた。お互いの応手により実利・厚みのどちらにも転換することが可能。ただし戦いになると一本調子になるところがある。加藤正夫などが愛用した。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た竹本健治

    竹本健治『囲碁殺人事件』他囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たノーラン・ブッシュネル

    アタリ - アメリカのゲーム会社。創業者が囲碁好きの為、囲碁用語から社名を取ったというエピソードは有名。詳細はアタリを参照。この後に子会社として「テンゲン」、創業者が次に作った会社に「センテ」(ノーラン・ブッシュネル参照)があった。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た斎藤栄

    斎藤栄『黒水晶物語』『黒白の奇蹟』囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たジョン・レンボーン

    1968年にイギリス・トランスアトランティック・レコードから発売されたジョン・レンボーンとバート・ヤンシュのLP『ジョン・アンド・バート』のカバーには、両人が囲碁にうち興じる写真が使われている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た水原秀策

    水原秀策『黒と白の殺意』囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た松永久秀

    祇園祭礼信仰記、金閣寺の段 - “国崩し”松永大膳と此下東吉との対局から碁笥を利用した決定的な場面に繋がる。この話は囲碁用語を解さないとストーリーが理解できない。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た内田康夫

    内田康夫『本因坊殺人事件』囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たバート・ヤンシュ

    1968年にイギリス・トランスアトランティック・レコードから発売されたジョン・レンボーンとバート・ヤンシュのLP『ジョン・アンド・バート』のカバーには、両人が囲碁にうち興じる写真が使われている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た清少納言

    その後5世紀には朝鮮へ、7世紀頃に日本に伝わったとされる。その頃から日本の貴族を中心に広く遊ばれ正倉院には碁盤と碁石が収められている。清少納言や紫式部も碁をよく打ったとされ、枕草子や源氏物語中にも囲碁と思われるものが登場する。もちろん、中国の場合と同様、これは寓話であり事実ではない。囲碁 フレッシュアイペディアより)

136件中 11 - 20件表示

「囲碁」のニューストピックワード