136件中 21 - 30件表示
  • 囲碁

    囲碁から見た中山典之

    中山典之『囲碁の世界』岩波新書 1986年囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た豊臣秀吉

    祇園祭礼信仰記、金閣寺の段 - “国崩し”松永大膳と此下東吉との対局から碁笥を利用した決定的な場面に繋がる。この話は囲碁用語を解さないとストーリーが理解できない。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た南里征典

    『未完の対局』佐藤純彌監督(南里征典による同名ノベライゼーションもある)囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た紫式部

    その後5世紀には朝鮮へ、7世紀頃に日本に伝わったとされる。その頃から日本の貴族を中心に広く遊ばれ正倉院には碁盤と碁石が収められている。清少納言や紫式部も碁をよく打ったとされ、枕草子や源氏物語中にも囲碁と思われるものが登場する。もちろん、中国の場合と同様、これは寓話であり事実ではない。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た本因坊算砂

    室町時代末期からは碁打ちが公家や武将に招かれるなどの専業化も進むとともに、それまでの事前置石制から自由布石への移行も起こった。戦国時代には戦国武将たちに大いに好まれ、織田信長に日海(本因坊算砂)が名人の称号を許されたと言われる。江戸時代には幕府から家禄を受ける家元制度が成立し、囲碁の技術が飛躍的に向上するとともに、将軍御目見えによる御城碁が行われたり、碁会所が生まれるなど庶民の娯楽としても定着した。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た

    実際の起源ははっきりとは判っていない。碁の起源は中国で占星術の一法が変化・洗練されて今の形となったのではないかと言われている。『書経』には帝が不品行の人物の教育のために碁を作ったと言う話が載っているが、もちろんこれは寓話であり事実ではない。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た日本棋院

    日本では室町時代末期から棋士による大会が行われていた。20世紀に入り日本棋院が設立されると、新聞社の協賛により多くの大会が開催されるようになった。また、戦後からは韓国・中国を中心として世界規模の大会も開催されるようになった。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た景帝 (漢)

    考古学的な考証を見ると、2002年に中国陝西省の考古学者が、前漢の景帝陽陵で、前漢時代(206 BC - 24 AD)のものと思われる陶製碁盤を発見した。この碁盤は17路盤で、出土時に破損していて最長の部分で縦およそ28.5センチメートル、横19.7センチメートル、高さ3.6センチメートルだった。つまり、中国碁は前漢時代17路盤であったと考えられている。現在は様々な発掘から9路盤、17路盤、19路盤というように、盤のサイズが時代とともに変化してきたと考えられている。中国の考古学者の調査によれば、この碁盤は皇帝の陵墓から出土したとはいえ、皇族が使用したものではなく、陵墓の墓守達の遊戯のために使用されていたものと推定されている。このことから、中国では囲碁は2000年前には庶民の間にゲームとして一般的であったと考えられる。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たサギ

    囲碁の用具に着目した異称として烏鷺(うろ)がある。碁石の黒白を烏とに例えている。方円(ほうえん)は碁石と碁盤の形からつけられたもので、本来は天円地方で古代中国の世界観を示していた。のちに円形の碁石と正方形の碁盤から囲碁の別称となった。「烏鷺の争い」とも言う。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たカラス

    囲碁の用具に着目した異称として烏鷺(うろ)がある。碁石の黒白をと鷺に例えている。方円(ほうえん)は碁石と碁盤の形からつけられたもので、本来は天円地方で古代中国の世界観を示していた。のちに円形の碁石と正方形の碁盤から囲碁の別称となった。「烏鷺の争い」とも言う。囲碁 フレッシュアイペディアより)

136件中 21 - 30件表示

「囲碁」のニューストピックワード