147件中 31 - 40件表示
  • 囲碁

    囲碁から見た八百長

    八百長(やおちょう)囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た漫画

    1999年ごろには漫画『ヒカルの碁』の影響で若年層にも囲碁ブームが生まれた。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た日本棋院

    囲碁の力量を数値で表すための段級位制度が存在している。アマチュアとプロで認定の仕組みが異なっており、アマチュアでは日本棋院・関西棋院が認定をしている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たカラス

    囲碁の用具に着目した異称として烏鷺(うろ)がある。碁石の黒白をカラス(烏)とサギ(鷺)にたとえている。方円(ほうえん)は碁石と碁盤の形からつけられたもので、本来は天円地方で古代中国の世界観を示していた。のちに円形の碁石と正方形の碁盤から囲碁の別称となった。「烏鷺の争い」とも言う。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た2010年アジア競技大会

    西洋的な価値観からはチェスなどと同様マインドスポーツ(つまり競技)でもあり、国際囲碁連盟は国際オリンピック委員会が承認する国際スポーツ団体総連合に加盟し、五輪競技としての採用を目指している。中国・広州で開催される2010年アジア競技大会では競技種目として採用された。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たサギ

    囲碁の用具に着目した異称として烏鷺(うろ)がある。碁石の黒白をカラス(烏)とサギ(鷺)にたとえている。方円(ほうえん)は碁石と碁盤の形からつけられたもので、本来は天円地方で古代中国の世界観を示していた。のちに円形の碁石と正方形の碁盤から囲碁の別称となった。「烏鷺の争い」とも言う。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た人工知能

    人工知能AlphaGoの対局では世界で約6000万人が観戦した。世界競技人口は約4000万人にのぼる。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た孟子

    囲碁の実際の起源ははっきりとはわかっていない。少なくとも春秋時代には成立していたようで、『論語』・『孟子』の中には碁の話題が出てくる。中国碁は前漢時代17路盤であったと考えられている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たテンゲン

    アタリ - アメリカ合衆国のゲーム会社。創業者のノーラン・ブッシュネルが囲碁好きで、囲碁用語から社名を取ったというエピソードは有名。詳細はアタリを参照。この後に子会社として「テンゲン」、ノーランが次に作った会社に「センテ」(ノーラン・ブッシュネル参照)があった。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たGoogle DeepMind

    その一方でコンピュータ囲碁の棋力は伸び悩み、2000年代初頭においてもアマチュアの有段者に及ばない程度の棋力であったが、2000年代後半に入るとモンテカルロ法を採用したコンピュータの登場により棋力が上昇し、2012年ごろにはアマ六・七段程度の棋力に達した。その後、2016年にディープラーニングの技術を用いたGoogle DeepMind社の開発したAlphaGoが、ヨーロッパのプロ棋士樊麾二段に2015年10月に勝利していたことが公表され、2016年3月に行われた韓国のトップ棋士である李世?との5番勝負も4勝1敗で制した。Google DeepMind社の発表前は、他のコンピュータプログラムの棋力はまだアマ六・七段程度であり、トップ選手が公の舞台で敗れるかなり前からコンピュータの高い実力が広く知られていた他のゲームとは異なる展開を見せた。囲碁 フレッシュアイペディアより)

147件中 31 - 40件表示

「囲碁」のニューストピックワード