136件中 31 - 40件表示
  • 囲碁

    囲碁から見た国際オリンピック委員会

    西洋的な価値観からはチェスなどと同様マインドスポーツ(つまり競技)でもあり、国際囲碁連盟は国際オリンピック委員会が承認する国際スポーツ団体総連合に加盟し、五輪競技としての採用を目指している。中国・広州で開催される2010年アジア競技大会では競技種目として採用された。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た中国

    実際の起源ははっきりとは判っていない。碁の起源は中国で占星術の一法が変化・洗練されて今の形となったのではないかと言われている。『書経』には堯帝が不品行の人物の教育のために碁を作ったと言う話が載っているが、もちろんこれは寓話であり事実ではない。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た八百長

    八百長(やおちょう)囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た漫画

    1998年ごろには漫画『ヒカルの碁』の影響で若年層にも囲碁ブームが生まれた。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た孟子

    少なくとも春秋時代には成立していたようで、『論語』・『孟子』の中には碁の話題が出てくる。『史記』に春秋時代の宋の君主・閔公(びんこう)が部下の南宮万と対局していたときに、閔公が負けそうになったときに悔し紛れで南宮万を侮辱し、怒った南宮万により碁盤で殴られて殺されたと言う。しかし閔公と南宮万がしていた遊戯が碁だったかははっきりせず、別の博打のようなものだったとも考えられている。この時代には「碁」に対応する漢字として「棋」「棊」(キ)「?」(エキ)などが用いられている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た2010年アジア競技大会

    西洋的な価値観からはチェスなどと同様マインドスポーツ(つまり競技)でもあり、国際囲碁連盟は国際オリンピック委員会が承認する国際スポーツ団体総連合に加盟し、五輪競技としての採用を目指している。中国・広州で開催される2010年アジア競技大会では競技種目として採用された。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た室町時代

    室町時代末期からは碁打ちが公家や武将に招かれるなどの専業化も進むとともに、それまでの事前置石制から自由布石への移行も起こった。戦国時代には戦国武将たちに大いに好まれ、織田信長に日海(本因坊算砂)が名人の称号を許されたと言われる。江戸時代には幕府から家禄を受ける家元制度が成立し、囲碁の技術が飛躍的に向上するとともに、将軍御目見えによる御城碁が行われたり、碁会所が生まれるなど庶民の娯楽としても定着した。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たテンゲン

    アタリ - アメリカのゲーム会社。創業者が囲碁好きの為、囲碁用語から社名を取ったというエピソードは有名。詳細はアタリを参照。この後に子会社として「テンゲン」、創業者が次に作った会社に「センテ」(ノーラン・ブッシュネル参照)があった。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た星 (囲碁)

    板の上に、直交する縦横それぞれ同じ本数の線分を引いたもの。碁石を置くのは縦線と横線の交点である。一般に、縦横19本ずつの19路盤が使われる。初心者向け、お好み対局向けに13路盤や9路盤、7路盤や6路盤もあり、古来使用されたものには17路盤も存在した。線は最も外側にあるものから順に第1線、第2線……のように呼ぶ。また第4線の交点や辺の中間、碁盤の中心にある黒点をと呼び、19路盤の場合、9つある(右図参照)。碁盤の中央にある星を特に天元という。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たチェス

    囲碁(いご)とは、2人で行うボードゲームの一種。チェス、シャンチーと並ぶ世界三大棋類の一つ。交互に盤上に石を置いていき、自分の石で囲んだ領域の広さを争う。単に碁(ご)とも呼ばれる。囲碁 フレッシュアイペディアより)

136件中 31 - 40件表示

「囲碁」のニューストピックワード