136件中 41 - 50件表示
  • 囲碁

    囲碁から見た置碁

    囲碁におけるハンディキャップ戦として置碁がある。これは実力が下位のものが黒を持ち、予め盤上に黒石を置いた状態でスタートするものである。予め置かれた石を「置石」という。実力差によって、置石は普通2子から9子の範囲で調節される。詳しくは置碁の項参照。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た枕草子

    発祥は中国と考えられ、少なくとも2000年以上前から東アジアを中心に親しまれてきた。そうした文化・歴史の中で爛柯(らんか)をはじめとした様々な別称を持つ()。日本でも平安時代から広く親しまれ、枕草子や源氏物語といった古典作品にも数多く登場する。戦国期には武将のたしなみでもあり、庶民にも広く普及した。江戸時代には家元四家を中心としたプロ組織もでき、興隆の時期を迎えた。明治以降も引き続き広く親しまれ、近年ではインターネットを経由して対戦するネット碁も盛んである。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たコウ

    しかしその直後、今度は黒1子がアタリとなっている。白がbの地点に打って黒石を取り返すと、上図の形に戻ってしまう。この形をコウ(劫)と呼ぶ。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た捨て石

    日本では古くから親しまれ、駄目、布石、捨て石、定石など、数多くの囲碁用語は、そのまま日本語の慣用句としても定着している。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た小目

    隅の星と内側向きの小目に、さらにその間にある星脇(右上を星、右下を小目とすると、辺の星の一つずつ右・下に位置するところ)(小目から見て五間ジマリ)に並べられた布石。打ち出したのは日本人だが、大会で中国の若手が一様に使用しこの名前がついた。お互いの応手により実利・厚みのどちらにも転換することが可能。ただし戦いになると一本調子になるところがある。加藤正夫などが愛用した。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たコミ

    ただし囲碁では先番の黒が有利であり、その分のハンディとして「コミ」が設定されている。多くの場合コミは6目半とされており、この分を黒地から差し引いて計算する。つまり上図では黒が22目半になるので、コミを入れて計算した場合「白の半目勝ち」ということになる。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た中華人民共和国

    西洋的な価値観からはチェスなどと同様マインドスポーツ(つまり競技)でもあり、国際囲碁連盟は国際オリンピック委員会が承認する国際スポーツ団体総連合に加盟し、五輪競技としての採用を目指している。中国・広州で開催される2010年アジア競技大会では競技種目として採用された。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たヒカルの碁

    1998年ごろには漫画『ヒカルの碁』の影響で若年層にも囲碁ブームが生まれた。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た前漢

    考古学的な考証を見ると、2002年に中国陝西省の考古学者が、前漢の景帝陽陵で、前漢時代(206 BC - 24 AD)のものと思われる陶製碁盤を発見した。この碁盤は17路盤で、出土時に破損していて最長の部分で縦およそ28.5センチメートル、横19.7センチメートル、高さ3.6センチメートルだった。つまり、中国碁は前漢時代17路盤であったと考えられている。現在は様々な発掘から9路盤、17路盤、19路盤というように、盤のサイズが時代とともに変化してきたと考えられている。中国の考古学者の調査によれば、この碁盤は皇帝の陵墓から出土したとはいえ、皇族が使用したものではなく、陵墓の墓守達の遊戯のために使用されていたものと推定されている。このことから、中国では囲碁は2000年前には庶民の間にゲームとして一般的であったと考えられる。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たボードゲーム

    囲碁(いご)とは、2人で行うボードゲームの一種。チェス、シャンチーと並ぶ世界三大棋類の一つ。交互に盤上に石を置いていき、自分の石で囲んだ領域の広さを争う。単に碁(ご)とも呼ばれる。囲碁 フレッシュアイペディアより)

136件中 41 - 50件表示

「囲碁」のニューストピックワード

  • あの番組見た? 芸能関係って誰? 誰?