147件中 51 - 60件表示
  • 囲碁

    囲碁から見たセキ (囲碁)

    特殊なケースとして、両方ともに二眼がないが、互いに手出しできない形がある。これは「セキ」と呼ばれ、双方とも生きとして扱われる。詳細はセキの項目を参照。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た目外し

    目外し(もくはずし)囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た布石

    日本では古くから親しまれ、駄目、布石、捨て石、定石など、数多くの囲碁用語は、そのまま日本語の慣用句としても定着している()。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た死活

    中盤は死活の絡んだ戦いになる。互いに死活がはっきりしていない弱い石を意識しながら打ち進める。攻め、サバキ、シノギの技量が問われる。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た碁盤

    2人のプレイヤーが、碁石と呼ばれる白黒の石を、通常19×19の格子が描かれた碁盤と呼ばれる板へ交互に配置する。一度置かれた石は、相手の石に全周を取り囲まれない限り、取り除いたり移動することはできない。ゲームの目的は、自分の色の石によって盤面のより広い領域(地)を確保する(囲う)ことである。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たフリカワリ

    自分の石を捨てて(相手に取らせて)別のところで利益を得る(捨て石あるいはフリカワリ)。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たチェス

    西洋的な価値観からはチェスなどと同様マインドスポーツ(つまり競技)でもあり、国際囲碁連盟は国際オリンピック委員会が承認する国際スポーツ団体総連合に加盟し、五輪競技としての採用を目指している。中国・広州で開催される2010年アジア競技大会では競技種目として採用された。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たコミ

    ただし囲碁では先番の黒が有利であり、その分のハンディとして「コミ」が設定されている。多くの場合コミは6目半とされており、この分を白地に足して計算する。つまり上図では白が29目半になるので、コミを入れて計算した場合「白の半目勝ち」ということになる。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た厚み (囲碁)

    一般に、両者が最善を尽くしている状況では、相手の石の生きにくさ(地になりやすさ)と模様の広さ(大きな地になる可能性の大きさ)との間にはトレードオフの関係がある。相手の生きがほぼ見込めない領域のことを確定地と呼び、これを優先する考え方を実利重視という。これに対して、将来の利得を重視する考え方が、厚みである。経営における短期と長期のバランスに似て、この実利と厚みの絶妙なバランスが囲碁の戦略できわめて困難なポイントである。とりわけ、厚みの形式的表現が極めて困難なことが、コンピュータ囲碁ソフトの最大の壁であるとも言われる。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た定石

    日本では古くから親しまれ、駄目、布石、捨て石、定石など、数多くの囲碁用語は、そのまま日本語の慣用句としても定着している()。囲碁 フレッシュアイペディアより)

147件中 51 - 60件表示

「囲碁」のニューストピックワード