136件中 51 - 60件表示
  • 囲碁

    囲碁から見た目外し

    目外し(もくはずし)囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た厚み (囲碁)

    一般に、両者が最善を尽くしている状況では、相手の石の活き難さ(地になりやすさ)と模様の広さ(大きな地になる可能性の大きさ)との間にはトレードオフの関係がある。相手の活きがほぼ見込めない領域のことを確定地と呼び、これを優先する考え方を実利重視という。これに対して、将来の利得を重視する考え方が、厚みである。経営における短期と長期のバランスに似て、この実利と厚みの絶妙なバランスが囲碁の戦略できわめて困難なポイントである。とりわけ、厚みの形式的表現が極めて困難なことが、コンピュータ囲碁ソフトの最大の壁であるとも言われる。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た布石

    日本では古くから親しまれ、駄目、布石、捨て石、定石など、数多くの囲碁用語は、そのまま日本語の慣用句としても定着している。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た死活

    中盤は死活の絡んだ戦いになる。互いに死活がはっきりしていない弱い石を意識しながら打ち進める。攻め、サバキ、シノギの技量が問われる。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た定石

    日本では古くから親しまれ、駄目、布石、捨て石、定石など、数多くの囲碁用語は、そのまま日本語の慣用句としても定着している。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たフリカワリ

    自分の石を捨てて(相手に取らせて)別のところで利益を得る(捨て石あるいはフリカワリ囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た相撲

    江戸時代末期、八百屋の長兵衛、通称八百長なる人物が、よく相撲の親方と碁を打ち、相手に勝てる腕前がありながら、常に一勝一敗になるように細工してご機嫌を取ったところから、相撲その他の競技において、あらかじめ対戦者と示し合わせておき、表面上真剣に勝負しているかのように見せかけることをいう。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たマインドスポーツ

    西洋的な価値観からはチェスなどと同様マインドスポーツ(つまり競技)でもあり、国際囲碁連盟は国際オリンピック委員会が承認する国際スポーツ団体総連合に加盟し、五輪競技としての採用を目指している。中国・広州で開催される2010年アジア競技大会では競技種目として採用された。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たアブストラクトゲーム

    アブストラクトゲーム、ボードゲームの一種で、ゲーム理論の言葉で言えば二人零和有限確定完全情報ゲームである。勝敗は、より大きな地(定義の詳細は、ルールの項参照)を確保することで決定される。ゲームの終了は、将棋やチェスと同じように、一方の意思もしくは双方の合意で行われることもある。他のボードゲームと比較した場合の特異な特徴は、ルール上の制約が極めて少ないこと、パスがルール上認められていることがある。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た計点制ルール

    囲碁のルールには、いわゆる日本ルールと中国ルール、中国ルールを元に台湾で考案された計点制ルールなどがある。いずれもゲームの進め方や勝敗の判定に大きな違いは無いが、細かい違いはある。以下は日本ルール(日本棋院と関西棋院による日本囲碁規約)を元に説明する。囲碁 フレッシュアイペディアより)

136件中 51 - 60件表示

「囲碁」のニューストピックワード