136件中 61 - 70件表示
  • 囲碁

    囲碁から見た北極星

    碁盤には、「天元→北極星」、「星→星」、「19路×19路=361 → 1年365日」、「四隅→春夏秋冬」など、自然界、宇宙を抽象的に意味づけているとの主張もあるが、361日と365日は10年で40日(一ヶ月以上)も差がありこじつけという見方もある。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たシノギ

    中盤は死活の絡んだ戦いになる。互いに死活がはっきりしていない弱い石を意識しながら打ち進める。攻め、サバキ、シノギの技量が問われる。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た大韓民国

    囲碁は日本のみならず韓国、北朝鮮、中華人民共和国、台湾などでも盛んに行われ、その他にも北アメリカ・南アメリカ、ヨーロッパなどでも競技人口が増え続けている。今日、囲碁は世界80ヶ国以上で打たれており、世界選手権も行われている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た論語

    少なくとも春秋時代には成立していたようで、『論語』・『孟子』の中には碁の話題が出てくる。『史記』に春秋時代の宋の君主・閔公(びんこう)が部下の南宮万と対局していたときに、閔公が負けそうになったときに悔し紛れで南宮万を侮辱し、怒った南宮万により碁盤で殴られて殺されたと言う。しかし閔公と南宮万がしていた遊戯が碁だったかははっきりせず、別の博打のようなものだったとも考えられている。この時代には「碁」に対応する漢字として「棋」「棊」(キ)「?」(エキ)などが用いられている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た家元

    発祥は中国と考えられ、少なくとも2000年以上前から東アジアを中心に親しまれてきた。そうした文化・歴史の中で爛柯(らんか)をはじめとした様々な別称を持つ()。日本でも平安時代から広く親しまれ、枕草子や源氏物語といった古典作品にも数多く登場する。戦国期には武将のたしなみでもあり、庶民にも広く普及した。江戸時代には家元四家を中心としたプロ組織もでき、興隆の時期を迎えた。明治以降も引き続き広く親しまれ、近年ではインターネットを経由して対戦するネット碁も盛んである。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た述異記

    そのような故事由来の異称の代表である爛柯(らんか)は中国の神話・伝説を記した『述異記』の次のような話に由来する。晋の時代、木こりの王質が信安郡の石室山に入ったところ童子たちが碁を打っているのを見つけた。碁を眺めていた王質は童子から棗を貰い、飢えを感じることはなかった。しばらくして童子から言われて斧を見るとその柄(柯)が朽(爛)ちていることに気付いた。王質が山をおり村に帰ると知っている人は誰一人いなくなっていた。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た神仙

    この爛柯の故事は、囲碁に没入したときの時間感覚の喪失を斧の柄が腐るという非日常な事象で象徴的にあらわしている。また山中の童子などの神仙に通じる存在から、こうした時間を忘れての没入を神秘的なものとして捉えていることも窺うことができる。この例と同様に、碁を打つことを神秘的に捉えた異称として坐隠(ざいん)がある。これは碁にのめりこむ様を坐って隠者にも通じるとしたもので、手談(しゅだん)と同じく『世説新語』の「巧芸」に囲碁の別称として記されている。手談は字の通り、互いに碁を打つことを話をすることと結び付けたものである。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たゲーム木

    他のゲームと比較した囲碁の複雑性としては、着手可能な手が非常に多いこと、それゆえゲーム木が非常に複雑になることが挙げられる。たとえば、ゲーム中の考えうる局面数はオセロが10の60乗、チェスが10の120乗、将棋が10の220乗であるとされるのに対し、囲碁は10の360乗程度である。これが、チェスではコンピュータが世界チャンピオンを破り、将棋でもプロの実力に接近しつつある(Bonanza)のに対して、コンピュータ囲碁ソフトの進歩がはかどらない理由とされている。しかし、ソフトに囲碁の定石を覚えさせる方針から、確率を重視する方法(モンテカルロ法)を採用したことにより、数十年にわたってアマチュア級位者のレベルを脱しなかったコンピュータ囲碁が、2000年代後半になってアマチュア段位者のレベルになるなど、発展を遂げている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た碁笥

    単に石ともいう。黒・白の二色あり、合わせて碁盤を埋め尽くせる数(黒181、白180)だけ用意される(グリーン碁石と呼ばれる、濃い緑と薄い緑の二色のものもある)。碁石を入れる器を碁笥(ごけ)と言う。盤上の碁石を数える時の単位は子(もく)であり、一つを一子(いちもく)、二つを二子(にもく)などと表す。しかしながら、囲碁特有の読み方のため、本来は誤読の子(し)が広まっている。一方で碁石を指すのに目(もく)の字を当てた例もある。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た春秋時代

    少なくとも春秋時代には成立していたようで、『論語』・『孟子』の中には碁の話題が出てくる。『史記』に春秋時代の宋の君主・閔公(びんこう)が部下の南宮万と対局していたときに、閔公が負けそうになったときに悔し紛れで南宮万を侮辱し、怒った南宮万により碁盤で殴られて殺されたと言う。しかし閔公と南宮万がしていた遊戯が碁だったかははっきりせず、別の博打のようなものだったとも考えられている。この時代には「碁」に対応する漢字として「棋」「棊」(キ)「?」(エキ)などが用いられている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

136件中 61 - 70件表示

「囲碁」のニューストピックワード

  • あの番組見た? 芸能関係って誰? 誰?