136件中 71 - 80件表示
  • 囲碁

    囲碁から見た太平広記

    太平広記』巻四十「巴功人」の話も別称の由来となっている。巴功に住むある男が橘の庭園を持っていたが、あるとき霜がおりた後で橘の実を収穫した。しかし3、4斗も入りそうな甕のように大きな実が二つ残り、それらを摘んで割ってみると中には老人が二人ずつ入っていた。この老人達は橘の実の中で碁を打っていた。この話から囲碁は橘中の楽(きっちゅうのらく、―たのしみ)とも呼ばれる。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た白石市

    1988年より、市名が囲碁を想起させる青森県黒石市(白石黒石囲碁交流を促進する会)と宮城県白石市(白石黒石囲碁親交会)との間で親善囲碁将棋交流大会が毎年開催されている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た大高目

    大高目(おおたかもく)囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た日本

    囲碁は日本のみならず韓国、北朝鮮、中華人民共和国、台湾などでも盛んに行われ、その他にも北アメリカ・南アメリカ、ヨーロッパなどでも競技人口が増え続けている。今日、囲碁は世界80ヶ国以上で打たれており、世界選手権も行われている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た詰碁

    石の生き死にのこと。また、それを詰碁の問題にしたもの。転じて、商売などで、生きるか死ぬかという問題ごとにも用いられる。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た朝鮮民主主義人民共和国

    囲碁は日本のみならず韓国、北朝鮮、中華人民共和国、台湾などでも盛んに行われ、その他にも北アメリカ・南アメリカ、ヨーロッパなどでも競技人口が増え続けている。今日、囲碁は世界80ヶ国以上で打たれており、世界選手権も行われている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た晋 (春秋)

    そのような故事由来の異称の代表である爛柯(らんか)は中国の神話・伝説を記した『述異記』の次のような話に由来する。の時代、木こりの王質が信安郡の石室山に入ったところ童子たちが碁を打っているのを見つけた。碁を眺めていた王質は童子から棗を貰い、飢えを感じることはなかった。しばらくして童子から言われて斧を見るとその柄(柯)が朽(爛)ちていることに気付いた。王質が山をおり村に帰ると知っている人は誰一人いなくなっていた。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た未完の対局

    未完の対局』佐藤純彌監督(南里征典による同名ノベライゼーションもある)囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たナツメ

    そのような故事由来の異称の代表である爛柯(らんか)は中国の神話・伝説を記した『述異記』の次のような話に由来する。晋の時代、木こりの王質が信安郡の石室山に入ったところ童子たちが碁を打っているのを見つけた。碁を眺めていた王質は童子からを貰い、飢えを感じることはなかった。しばらくして童子から言われて斧を見るとその柄(柯)が朽(爛)ちていることに気付いた。王質が山をおり村に帰ると知っている人は誰一人いなくなっていた。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たヒラキ (囲碁)

    碁を打つ上で重要な要素として厚みがある。言い換えれば勢力のようなものである。例として三間ヒラキの真ん中に打ち込もうとする場合、ただの三間ヒラキに打ち込むより、ヒラキを成す一方の石が2石の連続した形(中央方向に立っている)である場合のほうが、より打ち込みは無謀と感じるだろう。これは打ち込まれた石を勢力に追い詰めることで、取ることができないにしても相当いじめられることが予想されるからである。これ以外にも有効に石を連続させておくことで大模様を形成できたり盤上で不意に発生したシチョウに対し、シチョウあたりの効果を発揮するなどあらゆる可能性をもっている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

136件中 71 - 80件表示

「囲碁」のニューストピックワード

  • コック警部の晩餐会

  • Get Ready●=ハートマーク

  • 相模鉄道オリジナル 鉄道コレクション 相鉄9000系リニューアル車両3両セット