147件中 81 - 90件表示
  • 囲碁

    囲碁から見た

    初期の碁石は、宋期のものが残っている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たタチバナ

    『太平広記』巻四十「巴邛人」の話も別称の由来となっている。巴邛に住むある男がの庭園を持っていたが、あるとき霜がおりた後で橘の実を収穫した。しかし3、4斗も入りそうな甕のように大きな実が二つ残り、それらを摘んで割ってみると、中には老人が二人ずつ入っていた。この老人たちは橘の実の中で碁を打っていた。この話から囲碁は橘中の楽(きっちゅうのらく、―たのしみ)とも呼ばれる。ただし、原文では老人が遊んでいたのは碁ではなく「象戯」(シャンチー)である。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た江戸幕府

    室町時代末期からは碁打ちが公家や武将に招かれるなどの専業化も進むとともに、それまでの事前置石制から自由布石への移行も起こった。戦国時代には戦国武将たちに大いに好まれ、織田信長に日海(本因坊算砂)が名人の称号を許されたと言われる。江戸時代には幕府から家禄を受ける家元制度が成立し、囲碁の技術が飛躍的に向上するとともに、将軍御目見えによる御城碁が行われたり、碁会所が生まれるなど庶民の娯楽としても定着した。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たアブストラクトゲーム

    アブストラクトゲーム、ボードゲームの一種で、ゲーム理論の言葉で言えば二人零和有限確定完全情報ゲームである。勝敗は、より大きな地を確保することで決定される()。ゲームの終了は、将棋やチェスと同じように、一方が負けを認めること(投了という)もしくは双方の「もう打つべきところがない」という合意によって行われる。他のボードゲームと比較した場合の特異な特徴は、ルール上の制約が極めて少ないこと、パスが認められていることが挙げられる。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たシノギ

    中盤は死活の絡んだ戦いになる。互いに死活がはっきりしていない弱い石を意識しながら打ち進める。攻め、サバキ、シノギの技量が問われる。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た大韓民国

    囲碁は日本のみならず中華人民共和国、中華民国(台湾)、韓国、北朝鮮などでも盛んに行われ、その他にも北アメリカ・南アメリカ、ヨーロッパなどでも行われている。今日、囲碁は世界80ヶ国以上で打たれており、世界選手権も行われている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たゲーム木

    他のゲームと比較した囲碁の特徴としては、盤面が広く、また着手可能な手が非常に多いため、盤面状態の種類およびゲーム木がきわめて複雑になることが挙げられる。盤面状態の種類は、チェスで1050、シャンチー(象棋)で1048、将棋で1071と見積もられるのに対し、囲碁では10160と見積もられる。また、ゲーム木の複雑性は、チェスで10123、シャンチーで10150、将棋で10226と見積もられるのに対し、囲碁では10400と見積もられており、チェス、シャンチー、将棋と比較して囲碁の方がゲームとして複雑であるとされてきた。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た座標

    碁盤の交点座標は、先手の黒から見て、横の座標を左から右に1?19の算用数字で、縦の座標を上から下に一?十九の漢数字で表すことが多く、これは数学の直交座標系における第四象限と考えるとわかりやすい。この場合、右上隅の星は「16の四」、天元は「10の十」と表現する。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た日本

    囲碁は日本のみならず中華人民共和国、中華民国(台湾)、韓国、北朝鮮などでも盛んに行われ、その他にも北アメリカ・南アメリカ、ヨーロッパなどでも行われている。今日、囲碁は世界80ヶ国以上で打たれており、世界選手権も行われている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た朝鮮民主主義人民共和国

    囲碁は日本のみならず中華人民共和国、中華民国(台湾)、韓国、北朝鮮などでも盛んに行われ、その他にも北アメリカ・南アメリカ、ヨーロッパなどでも行われている。今日、囲碁は世界80ヶ国以上で打たれており、世界選手権も行われている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

147件中 81 - 90件表示

「囲碁」のニューストピックワード