136件中 81 - 90件表示
  • 囲碁

    囲碁から見た大局観

    大局観(たいきょくかん)囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た天円地方

    囲碁の用具に着目した異称として烏鷺(うろ)がある。碁石の黒白を烏と鷺に例えている。方円(ほうえん)は碁石と碁盤の形からつけられたもので、本来は天円地方で古代中国の世界観を示していた。のちに円形の碁石と正方形の碁盤から囲碁の別称となった。「烏鷺の争い」とも言う。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たモンテカルロ法

    他のゲームと比較した囲碁の複雑性としては、着手可能な手が非常に多いこと、それゆえゲーム木が非常に複雑になることが挙げられる。たとえば、ゲーム中の考えうる局面数はオセロが10の60乗、チェスが10の120乗、将棋が10の220乗であるとされるのに対し、囲碁は10の360乗程度である。これが、チェスではコンピュータが世界チャンピオンを破り、将棋でもプロの実力に接近しつつある(Bonanza)のに対して、コンピュータ囲碁ソフトの進歩がはかどらない理由とされている。しかし、ソフトに囲碁の定石を覚えさせる方針から、確率を重視する方法(モンテカルロ法)を採用したことにより、数十年にわたってアマチュア級位者のレベルを脱しなかったコンピュータ囲碁が、2000年代後半になってアマチュア段位者のレベルになるなど、発展を遂げている。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た御城碁

    室町時代末期からは碁打ちが公家や武将に招かれるなどの専業化も進むとともに、それまでの事前置石制から自由布石への移行も起こった。戦国時代には戦国武将たちに大いに好まれ、織田信長に日海(本因坊算砂)が名人の称号を許されたと言われる。江戸時代には幕府から家禄を受ける家元制度が成立し、囲碁の技術が飛躍的に向上するとともに、将軍御目見えによる御城碁が行われたり、碁会所が生まれるなど庶民の娯楽としても定着した。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た世説新語

    この爛柯の故事は、囲碁に没入したときの時間感覚の喪失を斧の柄が腐るという非日常な事象で象徴的にあらわしている。また山中の童子などの神仙に通じる存在から、こうした時間を忘れての没入を神秘的なものとして捉えていることも窺うことができる。この例と同様に、碁を打つことを神秘的に捉えた異称として坐隠(ざいん)がある。これは碁にのめりこむ様を坐って隠者にも通じるとしたもので、手談(しゅだん)と同じく『世説新語』の「巧芸」に囲碁の別称として記されている。手談は字の通り、互いに碁を打つことを話をすることと結び付けたものである。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たインターネット

    発祥は中国と考えられ、少なくとも2000年以上前から東アジアを中心に親しまれてきた。そうした文化・歴史の中で爛柯(らんか)をはじめとした様々な別称を持つ()。日本でも平安時代から広く親しまれ、枕草子や源氏物語といった古典作品にも数多く登場する。戦国期には武将のたしなみでもあり、庶民にも広く普及した。江戸時代には家元四家を中心としたプロ組織もでき、興隆の時期を迎えた。明治以降も引き続き広く親しまれ、近年ではインターネットを経由して対戦するネット碁も盛んである。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たミニ中国流

    ミニ中国流(みにちゅうごくりゅう)囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たダメ (囲碁)

    日本では古くから親しまれ、駄目、布石、捨て石、定石など、数多くの囲碁用語は、そのまま日本語の慣用句としても定着している。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たハマ

    相手の石を縦横に隙間なく取り囲むと、ハマとして取り上げることができる(取り上げなければならない)。囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見たアタリ (囲碁)

    しかしその直後、今度は黒1子がアタリとなっている。白がbの地点に打って黒石を取り返すと、上図の形に戻ってしまう。この形をコウ(劫)と呼ぶ。囲碁 フレッシュアイペディアより)

136件中 81 - 90件表示

「囲碁」のニューストピックワード