国の予算編成 ニュース&Wiki etc.

日本において、概算要求基準(がいさんようきゅうきじゅん)は、国の予算編成に先立って財務省が各省庁に示す予算方針である。「シーリング」ともよばれる。歳出の無制限な増大を抑制するほか、国の重点投資項目を内外に示す意義も持つ。 (出典:Wikipedia)

「国の予算編成」Q&A

  • Q&A

    年金制度問題の審議がありましたけど、先日は、積み立て10年でも需給額はすくなくても、…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年11月26日 00:00

  • Q&A

    財務省の凶悪さを国民が正すことができるのですか?ニコニコ大百科に、「 企業組織におい…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月12日 17:39

  • Q&A

    何も変化は《ない》と思うんですがね。何時でも、バ韓国は《機能不全》継続中だったと思い…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月11日 20:00

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「概算要求基準」のつながり調べ

  • 山口光秀

    山口光秀から見た概算要求基準

    草津税務署長、和歌山県財政課長、主計局課長補佐を経て、次官コースである大蔵省大臣官房文書課長、近畿財務局長を経て、1977年に主計局次長、翌年に経済企画庁長官官房長、1980年、高橋元次官時代に官房長就任。官房長時代には、ノンキャリアながら石井直一を印刷局長に抜擢したことで話題となった。また、“増税なき財政再建”路線を打ち出した第二次臨時行政調査会を前に、概算要求基準において予算の伸び率をゼロに抑えた「ゼロ・シーリング」の発案者だとされている。1982年に主計局長就任。1984年6月から1986年6月にかけて、大蔵事務次官を務めた。(山口光秀 フレッシュアイペディアより)

  • 菅内閣の政策

    菅内閣の政策から見た概算要求

    蓮舫行政刷新相は、菅内閣となって初めてとなる第3弾の事業仕分けを2010年10月中旬から実施すると発表した。対象は、全18特別会計の51事業すべてとしている。また、これまで実施した事業仕分けの結果や各省庁が行った「行政事業レビュー」の結果が、2011年度の予算案の概算要求に反映されているか点検する「再仕分け」も併せて実施した。(菅内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

「概算要求基準」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「国の予算編成」のニューストピックワード