前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1624件中 1 - 10件表示
  • 記念物

    記念物から見た天然記念物天然記念物

    記念物(きねんぶつ)とは、文化財保護法第2条第1項第4号に規定された文化財の種類のひとつである。「史跡」、「名勝」、「天然記念物」などの総称であるが、地方公共団体によっては「旧跡」という種別を設けて「記念物」に含めて文化財指定している場合もある(東京都、埼玉県など)。これらの記念物は、動物個体にかかわる天然記念物を除くと、いずれも土地にかかわる文化財となっている。記念物 フレッシュアイペディアより)

  • 海陽町

    海陽町から見た天然記念物天然記念物

    オオウナギの生息流域として1923年、国の天然記念物に指定された。海陽町 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸内海国立公園

    瀬戸内海国立公園から見た天然記念物天然記念物

    播磨灘沿岸の指定地としては、赤穂市の御崎?坂越浦沖の生島?室津海岸?姫路市の新舞子海岸に至る沿岸部一帯が該当する。新舞子海岸は須磨区の舞子海岸に似た材質を持つ砂浜海岸、そして室津海岸、国の天然記念物にも指定される生島、小豆島や家島を遠望する御崎と続く。また、室津や坂越は古くから風待ちの港町、製塩業で栄えた町として知られ、今も古い街並みが残る。瀬戸内海国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 清流亭 (小牧市)

    清流亭 (小牧市)から見た天然記念物天然記念物

    清流亭(せいりゅうてい)は、愛知県小牧市にある料亭である。敷地のすぐ横を新木津用水が流れる。元々は江戸時代に、平手柳左ヱ門によって始められた休憩所で、外郎(ういろう)を売っていたと伝えられている。その後持ち主が変わり、明治時代頃までは舟着場としても利用されていた。敷地内にある藤が有名で、愛知県の天然記念物に指定されている。清流亭 (小牧市) フレッシュアイペディアより)

  • 東高根森林公園

    東高根森林公園から見た天然記念物天然記念物

    それを受けて神奈川県では、これら遺跡とシラカシ自然林を文化財として保護するため、1971年(昭和46年)12月21日に、史跡および天然記念物に指定。当時の人々が耕作を営んでいたと推測される周囲の谷(現在の湿生植物園)や、里山的環境の様相を色濃く残す雑木林などを含め一体として保全するため、当地は都市公園として整備されることになった。東高根森林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 食害

    食害から見た天然記念物天然記念物

    シカ - ニホンジカの植林の木々の食害が多い。ただし、奈良県の奈良公園のシカは天然記念物に指定されているため駆除が難しい。えびの高原では天然記念物に指定されているノカイドウをシカによる食害から守るため、稚樹にヘキサチューブと呼ばれる六角形の半透明プラスチックカバーが掛けられている。食害 フレッシュアイペディアより)

  • 奥入瀬渓流

    奥入瀬渓流から見た天然記念物天然記念物

    奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)は、青森県十和田市十和田湖畔子ノ口(ねのくち)から焼山までの約14kmの奥入瀬川の渓流である。十和田八幡平国立公園に属する。国指定の特別名勝及び天然記念物奥入瀬渓流 フレッシュアイペディアより)

  • オオタニワタリ

    オオタニワタリから見た天然記念物天然記念物

    本種の最北の分布地。大島(紀北町)は三重県紀北町の無人島であり、全島が暖地性の原生林となっている。大島暖地性植物群落として天然記念物に指定されている。林内の樹木や岩に着生する。かつて熊野灘沿岸部にも生育が認められたが現在は絶滅している。オオタニワタリ フレッシュアイペディアより)

  • 衝上断層

    衝上断層から見た天然記念物天然記念物

    砥部衝上断層(とべしょうじょうだんそう)は、愛媛県砥部町でみられる中央構造線の露頭。古い地層が新しい地層の上に重なった逆断層が、砥部川の流れによって洗い出され、砥部川に対してほぼ直角に横切るように露頭しているのを目にすることができる。川床には段差が生じ、小さい滝のようになっている。断層は1,200万年?1,400万年前の地殻変動によって形成されたものと推定されている。この断層は後期白亜紀の和泉層群が、中期始新世の礫岩からなる明神層の上部に衛上しているものである。1921年に九州大学(当時)の河村幹雄博士によって発見され、1938年に国の天然記念物に指定された。衝上断層 フレッシュアイペディアより)

  • 文化遺産保護制度

    文化遺産保護制度から見た天然記念物天然記念物

    文化遺産保護制度を規定している代表的な条約には武力紛争の際の文化財の保護に関する条約、世界遺産条約、文化財不法輸出入等禁止条約、無形文化遺産保護条約、水中文化遺産保護条約などがある。日本の法律には文化財保護法、古都保存法、文化財の不法な輸出入等の規制等に関する法律、武力紛争の際の文化財の保護に関する法律、海外の文化遺産保護に係る国際的な協力の推進に関する法律などがある。保護の対象となる文化遺産の範囲は、それぞれの条約や法令の制定目的に応じてそれぞれである。未指定・未登録の文化的所産をも含めて保護の対象とするものもあれば、公的機関によって指定・登録等がなされている物件のみを保護の対象とするものもある。文化財保護法のように、登録有形文化財、重要文化財、国宝のように階層を設け、重要な物件に対する重点的な保護を図っている場合もある。国によっては、純粋な文化的所産のみならず、動植物などの自然の産物をも文化遺産保護制度の枠内とし、自然保護制度と重層的に保護の対象としている場合もある。この代表例が日本の天然記念物の制度である。文化遺産保護制度 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1624件中 1 - 10件表示

「国の天然記念物」のニューストピックワード