前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2014件中 1 - 10件表示
  • オキチモズク

    オキチモズクから見た天然記念物天然記念物

    オキチモズク(学名: )は、チスジノリ科オキチモズク属に属する淡水産紅藻の一種である。藻体は暗紅褐色のひも状で多数分枝し、10-40センチメートルまで成長するものが多い。1938年(昭和13年)に愛媛県温泉郡川上村(現:東温市)のお吉泉周辺で初めて発見され、その後、九州・沖縄の20数か所で確認されたが、発生がみられなくなり絶滅したと考えられているところも多い。長らくお吉泉を生育北限とする日本固有種とされていたが、台湾や東京都立川市でも発見された。お吉泉周辺、熊本県南小国町の志津川、長崎県国見町の土黒川の3か所の発生地は国の天然記念物に指定されている。また、環境省のレッドデータブックでは「絶滅の危機に瀕している種」に指定されている。オキチモズク フレッシュアイペディアより)

  • 記念物

    記念物から見た天然記念物天然記念物

    記念物(きねんぶつ)とは、文化財保護法第2条第1項第4号に規定された文化財の種類のひとつである。「史跡」、「名勝」、「天然記念物」などの総称であるが、地方公共団体によっては「旧跡」という種別を設けて「記念物」に含めて文化財指定している場合もある(東京都、埼玉県など)。これらの記念物は、動物個体にかかわる天然記念物を除くと、いずれも土地にかかわる文化財となっている。記念物 フレッシュアイペディアより)

  • 古志の松原

    古志の松原から見た天然記念物天然記念物

    古志の松原(こしのまつばら)は、富山県富山市の岩瀬から浜黒崎に及ぶ松並木のことであり、本項においては富山県の天然紀念物に指定されている「浜黒崎の松並木」についても解説する。古志の松原 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸内海国立公園

    瀬戸内海国立公園から見た天然記念物天然記念物

    播磨灘沿岸の指定地としては、赤穂市の御崎?坂越浦沖の生島?室津海岸?たつの市の新舞子海岸に至る沿岸部一帯が該当する。新舞子海岸は須磨区の舞子海岸に似た材質を持つ砂浜海岸、そして室津海岸、国の天然記念物にも指定される生島、小豆島や家島を遠望する御崎と続く。また、室津や坂越は古くから風待ちの港町、製塩業で栄えた町として知られ、今も古い街並みが残る。瀬戸内海国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 椎葉村

    椎葉村から見た天然記念物天然記念物

    十根川地区には国の天然記念物に指定されている八村杉(別名:十根の杉)があり、不土野地区には日本で唯一、焼畑農業を継承している農家がある。村内の26地区で国の重要無形民俗文化財である椎葉神楽が伝承されており、また、平家の落人伝説の地でもある。その地理的特徴・民俗的特徴から日本三大秘境の一つに数えられ、毎年11月には椎葉平家まつりが開かれるなど、今なお伝承文化が息づく村である。椎葉村 フレッシュアイペディアより)

  • 東高根森林公園

    東高根森林公園から見た天然記念物天然記念物

    それを受けて神奈川県では、これら遺跡とシラカシ自然林を文化財として保護するため、1971年(昭和46年)12月21日に、史跡および天然記念物に指定。当時の人々が耕作を営んでいたと推測される周囲の谷(現在の湿生植物園)や、里山的環境の様相を色濃く残す雑木林などを含め一体として保全するため、当地は都市公園として整備されることになった。東高根森林公園 フレッシュアイペディアより)

  • オオタニワタリ

    オオタニワタリから見た天然記念物天然記念物

    本種の最北の分布地。大島(紀北町)は三重県紀北町の無人島であり、全島が暖地性の原生林となっている。大島暖地性植物群落として天然記念物に指定されている。林内の樹木や岩に着生する。かつて熊野灘沿岸部にも生育が認められたが現在は絶滅している。オオタニワタリ フレッシュアイペディアより)

  • 衝上断層

    衝上断層から見た天然記念物天然記念物

    砥部衝上断層(とべしょうじょうだんそう)は、愛媛県砥部町でみられる中央構造線の露頭。古い地層が新しい地層の上に重なった逆断層が、砥部川の流れによって洗い出され、砥部川に対してほぼ直角に横切るように露頭しているのを目にすることができる。川床には段差が生じ、小さい滝のようになっている。断層は1,200万年〜1,400万年前の地殻変動によって形成されたものと推定されている。この断層は後期白亜紀の和泉層群が、中期始新世の礫岩からなる明神層の上部に衛上しているものである。1921年に九州大学(当時)の河村幹雄博士によって発見され、1938年に国の天然記念物に指定された。衝上断層 フレッシュアイペディアより)

  • 北限のサル

    北限のサルから見た天然記念物天然記念物

    北限のサル(ほくげんのさる)は、青森県の下北半島に生息するニホンザル(ホンドザル)である。ヒト以外の霊長類では、世界で最も北に生息していることからこのように呼ばれている。この北限のサルは国の天然記念物に指定されている(下北半島のサルおよびサル生息北限地)。北限のサル フレッシュアイペディアより)

  • 秋吉台国定公園

    秋吉台国定公園から見た天然記念物天然記念物

    指定地の秋吉台内には特別天然記念物の秋芳洞をはじめ、天然記念物の景清洞、大正洞、中尾洞などがある。12.69km2が特別天然記念物にも指定されている。秋吉台国定公園 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2014件中 1 - 10件表示

「国の天然記念物」のニューストピックワード