1624件中 91 - 100件表示
  • 畑正憲

    畑正憲から見た天然記念物天然記念物

    東京を離れ、北海道厚岸郡浜中町の嶮暮帰島に移住。さらに対岸の浜中町に移り「ムツゴロウ動物王国」を開園。その後標津郡中標津町にも広大な牧場やログハウスの自宅を有したムツ牧場を開園。ここで多くの動物を飼育しながら文筆生活を送るうちにヒグマとの生活を描いたエッセイや、天然記念物に指定された動物の保全の現状を追跡したルポなどで文壇での成功をおさめる。畑正憲 フレッシュアイペディアより)

  • 萩城

    萩城から見た天然記念物天然記念物

    阿武川下流の松本川と橋本川に囲まれた三角州の北西端ある標高143mの山。岩相は花崗岩で、萩城の石垣にも用いられた。城内の山として長く人手が入らなかったため、シイノキ・タブノキ・クロガネモチ・カゴノキ・イスノキ・クスノキが混生する暖地性原生林となっており、昭和46年(1971年)に国の天然記念物に指定された。推定樹齢600年以上の老樹もある。また、サザンカ・オガタマノキ・カカツガユが自生している他、ミカドアゲハの中国地方唯一の生息地でもある。萩城 フレッシュアイペディアより)

  • 和泉市

    和泉市から見た天然記念物天然記念物

    1973年(昭和48年)3月30日 松尾寺の楠が大阪府の天然記念物に指定される。和泉市 フレッシュアイペディアより)

  • 紀州犬

    紀州犬から見た天然記念物天然記念物

    紀州犬(きしゅういぬ)は、和歌山県原産の日本犬の一種。日本犬としては中型である。昭和9年(1934年)、秋田犬や甲斐犬に次いで天然記念物に指定された。紀州犬 フレッシュアイペディアより)

  • 四国犬

    四国犬から見た天然記念物天然記念物

    四国犬(しこくけん)は四国地方(主に高知県)原産の中型の犬の品種。日本犬の一種である。かつては土佐犬(とさけん・とさいぬ)と呼ばれたが、同様の呼称を持つ土佐闘犬とは別品種。「土佐犬」の名で国の天然記念物に指定されている。四国犬 フレッシュアイペディアより)

  • 南方熊楠

    南方熊楠から見た天然記念物天然記念物

    1935年(昭和10年)12月24日 - 神島が国の天然記念物に指定される。南方熊楠 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た天然記念物天然記念物

    与野の大カヤ(国の天然記念物に指定)さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • 城ヶ島

    城ヶ島から見た天然記念物天然記念物

    赤羽根崎より東側は海食崖が発達し、人は容易に近づけない。このため、ウミウ、ヒメウ、クロサギの繁殖地となっており、神奈川県の指定天然記念物となっている。この繁殖地は城ヶ島公園から崖上を通って灯台に至る道中から望むことができる。城ヶ島 フレッシュアイペディアより)

  • 造園

    造園から見た天然記念物天然記念物

    史跡や名勝、天然記念物など文化財の保全修復維持管理、園的整備造園 フレッシュアイペディアより)

  • 南三陸町

    南三陸町から見た天然記念物天然記念物

    1966年(昭和41年)11月7日:椿島の暖地性植物群落が、「椿島暖地性植物群落」の名で国の天然記念物に指定される。南三陸町 フレッシュアイペディアより)

1624件中 91 - 100件表示

「国の天然記念物」のニューストピックワード