2014件中 101 - 110件表示
  • 登録記念物

    登録記念物から見た天然記念物天然記念物

    の3種のものであると定義されており(第2条第1項第4号)、このような記念物のうち重要なものを指定する制度として、史跡・名勝・天然記念物が定められている。登録記念物 フレッシュアイペディアより)

  • 百里ヶ岳

    百里ヶ岳から見た天然記念物天然記念物

    山頂付近には、数十haにわたり原生的な胸高直径80cm 以上のブナの高木林が見られイヌワシ、ニホンカモシカなどの天然記念物をはじめ、県の鳥獣保護区となっている。北側の山腹にホンシャクナゲの群落がみられ、県の天然記念物にも指定されている。高木層にはミズナラ、イタヤカエデ、ウリハダカエデ等を形成し、中低木層にはヒナウチワカエデ、リョウブ、リョウブなどが目立ち、草本層にはチシマザサ、オオカメノキ、ヤマソテツ、ツルシキミ、ウリハダカエデ、イワガラミなどが主に生育している。百里ヶ岳 フレッシュアイペディアより)

  • 秋吉台

    秋吉台から見た特別天然記念物天然記念物

    厚東川によって東西二つの台地(東台と西台)に分けられ、東側地域が狭義の秋吉台(特別天然記念物、国定公園)である。秋吉台 フレッシュアイペディアより)

  • 紀州犬

    紀州犬から見た天然記念物天然記念物

    紀州犬(きしゅういぬ)は、三重県から和歌山県原産の日本犬の一種。日本犬としては中型である。昭和9年(1934年)、秋田犬や甲斐犬に次いで天然記念物に指定された。紀州犬 フレッシュアイペディアより)

  • 阿蘇くじゅう国立公園

    阿蘇くじゅう国立公園から見た天然記念物天然記念物

    天然記念物に指定されていた国造神社の「手野のスギ」(平成12年5月指定解除)が知られるほか、久住山周辺のコケモモ、大船山周辺のミヤマキリシマ、スズランなどの高山植物が見られる。高原地域にはサクラソウ、リンドウ(ハルリンドウ)、ヒゴタイなどが群生。また、特別天然記念物のニホンカモシカが生息している。阿蘇くじゅう国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 都井岬

    都井岬から見た天然記念物天然記念物

    野生の御崎馬が棲息することで知られ、「岬馬およびその繁殖地」として国の天然記念物に指定されている。この野生馬は江戸時代に高鍋藩が軍用馬飼育のため、放牧を始めたものが、後に半野生化したものである。都井岬 フレッシュアイペディアより)

  • 大歩危

    大歩危から見た天然記念物天然記念物

    吉野川西岸の徳島県三好市山城町西宇地区の歩危茶屋付近から高知県長岡郡大豊町大久保地区の一部までと、その対岸となる徳島県三好市西祖谷山村の一部を指す総称でもある。峡谷そのものを指す場合は大歩危峡(おおぼけきょう)と呼ばれることが多い。夏季には多くのラフティング・カヤック愛好者を集めるほか、百年以上の歴史がある大歩危峡遊覧船で知られている。数km下流の小歩危(こぼけ)と共に、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)として一括りにされることが多い。国の天然記念物・名勝に指定されているほか、剣山国定公園に含まれている。大歩危 フレッシュアイペディアより)

  • 仏ヶ浦

    仏ヶ浦から見た天然記念物天然記念物

    1934年に青森県天然記念物、1941年4月23日には国の名勝および天然記念物に指定され(「仏宇陀(仏ヶ浦)」)、1968年には下北半島国定公園の一部となった。更に1975年には周辺の海域が仏ヶ浦海中公園に指定されている。1991年(平成3年)、観光船の接岸を目的に小規模な桟橋が建設された(仏ヶ浦港)。仏ヶ浦 フレッシュアイペディアより)

  • 葛飾八幡宮

    葛飾八幡宮から見た天然記念物天然記念物

    千本公孫樹(せんぼんイチョウ) - 推定樹齢1200年。国の天然記念物に指定(指定名称は「千本イチョウ」)葛飾八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 食虫植物

    食虫植物から見た特別天然記念物天然記念物

    自生地には他の希少な植物が生えていることも多く、自治体によって保護されている場所もある。例えば栃木県のコウシンソウ自生地は国の特別天然記念物、千葉県山武市と東金市にまたがる「成東・東金食虫植物群落」は国の天然記念物、愛知県武豊町の壱町田湿地は愛知県の天然記念物に指定されている。食虫植物 フレッシュアイペディアより)

2014件中 101 - 110件表示

「国の天然記念物」のニューストピックワード