2014件中 11 - 20件表示
  • カササギ

    カササギから見た天然記念物天然記念物

    江戸時代には「朝鮮がらす」「高麗がらす」「とうがらす」の別称があり、江戸時代の生息範囲は柳河藩と佐嘉藩の周辺の周辺非常に狭い地域に限られていた。また、佐嘉藩では狩猟禁止令により保護されていた。生息域が極めて狭く珍しい鳥であることから1923年(大正12年)3月7日、その生息地を定めて、カササギ生息地一帯の市町村は国の天然記念物に指定されていた。また、佐賀県では、県民からの一般公募により、1965年(昭和40年)、県鳥とされた。1960年代以降電柱への営巣特性を獲得し分布障壁となっていた山地の森林が減少した事などから、1970年代以降急速に生息域が拡大し数が増加した。カササギ フレッシュアイペディアより)

  • 食害

    食害から見た天然記念物天然記念物

    シカ - ニホンジカが植林された木々の表皮を食害することで枯死に至らしめる。ただし、奈良県の奈良公園のシカは天然記念物に指定されているため駆除が難しい。えびの高原では天然記念物に指定されているノカイドウをシカによる食害から守るため、稚樹にヘキサチューブと呼ばれる六角形の半透明プラスチックカバーが掛けられている。食害 フレッシュアイペディアより)

  • 奥入瀬渓流

    奥入瀬渓流から見た天然記念物天然記念物

    奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)は、青森県十和田市の十和田湖東岸の子ノ口(ねのくち)から北東に、焼山(十和田市法量(大字)焼山(字))までの約14kmにわたる奥入瀬川の渓流である。十和田八幡平国立公園に属する。国指定の特別名勝及び天然記念物奥入瀬渓流 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良公園

    奈良公園から見た天然記念物天然記念物

    広義の奈良公園には、都市計画法および奈良県風致地区条例に基づく「春日山風致地区」、古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法に基づく「歴史的風土特別保存地区」および「歴史的風土保存区域」、自然公園法に基づく自然公園(大和青垣国定公園)などの法規制のかかった地区を含んでいる。また、文化財保護法に基づいて指定された文化財としては、「名勝奈良公園」のほかに、国の特別天然記念物である「春日山原始林」、国の天然記念物である「春日大社ナギ樹林」「ルーミスシジミ棲息地」「知足院のナラノヤエザクラ」、国の史跡である「東大寺旧境内」「興福寺旧境内」「春日大社境内」などが存在する。公園内に生息する鹿は、春日大社の神使として古くから神聖視され、人に馴れてはいるが、飼育動物ではなく野生動物であり、「奈良のシカ」の名称で国の天然記念物に指定されている。奈良公園 フレッシュアイペディアより)

  • ニホンザリガニ

    ニホンザリガニから見た天然記念物天然記念物

    日本の固有種で、北海道と北東北にのみ住む。日本に住む3種のザリガニのうち唯一の在来種であり、秋田県・大館市にある生息地が、国の天然記念物に指定されている。ニホンザリガニ フレッシュアイペディアより)

  • 馬場大門のケヤキ並木

    馬場大門のケヤキ並木から見た天然記念物天然記念物

    馬場大門のケヤキ並木(ばばだいもんのケヤキなみき)は東京都府中市に所在する日本国指定天然記念物の並木であり、大國魂神社の参道でもある。約150本のケヤキが全長約500mの馬場大門に沿って並木を構成する。並木の起源は古く、平安時代の植樹から始まったともされ、『武蔵名勝図会』に記された寛文7年4月 (1667年) 本所社頭の制札にも現れる。1924年(大正13年)史蹟名勝天然紀年物保存法により東京府より天然記念物として指定され、2010年現在もケヤキ並木として唯一の国指定天然記念物である。このケヤキ並木の中には周囲6mを越える古木も存在する。馬場大門のケヤキ並木 フレッシュアイペディアより)

  • 秋吉台

    秋吉台から見た天然記念物天然記念物

    1922年、滝穴と景清穴が天然記念物に指定された。秋吉台 フレッシュアイペディアより)

  • ニホンジカ

    ニホンジカから見た天然記念物天然記念物

    奈良(奈良県奈良市一円)のシカは天然記念物。分子遺伝学的に異なる南北二つのグループが中国地方でオーバーラップしていることが近年明らかになった。ニホンジカ フレッシュアイペディアより)

  • 長崎鼻古墳

    長崎鼻古墳から見た天然記念物天然記念物

    長崎鼻古墳(ながさきのはなこふん)は、香川県高松市屋島西町にある古墳。形状は前方後円墳。国の史跡・天然記念物「屋島」に包含して指定されている。長崎鼻古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 文化遺産保護制度

    文化遺産保護制度から見た天然記念物天然記念物

    文化遺産保護制度を規定している代表的な条約には武力紛争の際の文化財の保護に関する条約、世界遺産条約、文化財不法輸出入等禁止条約、無形文化遺産保護条約、水中文化遺産保護条約などがある。日本の法律には文化財保護法、古都保存法、文化財の不法な輸出入等の規制等に関する法律、武力紛争の際の文化財の保護に関する法律、海外の文化遺産保護に係る国際的な協力の推進に関する法律などがある。保護の対象となる文化遺産の範囲は、それぞれの条約や法令の制定目的に応じてそれぞれである。未指定・未登録の文化的所産をも含めて保護の対象とするものもあれば、公的機関によって指定・登録等がなされている物件のみを保護の対象とするものもある。文化財保護法のように、登録有形文化財、重要文化財、国宝のように階層を設け、重要な物件に対する重点的な保護を図っている場合もある。国によっては、純粋な文化的所産のみならず、動植物などの自然の産物をも文化遺産保護制度の枠内とし、自然保護制度と重層的に保護の対象としている場合もある。この代表例が日本の天然記念物の制度である。文化遺産保護制度 フレッシュアイペディアより)

2014件中 11 - 20件表示

「国の天然記念物」のニューストピックワード