2014件中 21 - 30件表示
  • 黒子島

    黒子島から見た天然記念物天然記念物

    国の天然記念物 「黒子島原始林」 (1951年6月9日指定)黒子島 フレッシュアイペディアより)

  • ライチョウ

    ライチョウから見た特別天然記念物天然記念物

    1955年(昭和30年)2月15日 - 雷鳥が、文化財保護法により特別天然記念物に指定された。ライチョウ フレッシュアイペディアより)

  • マリモ

    マリモから見た特別天然記念物天然記念物

    マリモ(毬藻、学名:Aegagropila linnaei)は、球状集合体を作ることで知られている淡水性の緑藻の一種である。特に阿寒湖に生育するマリモは、美しい球状体を作るため日本の特別天然記念物に指定されている。マリモ フレッシュアイペディアより)

  • 三春滝桜

    三春滝桜から見た天然記念物天然記念物

    三春滝桜(みはるたきざくら)は、福島県田村郡三春町大字滝字桜久保()に所在する、樹齢推定1000年超のベニシダレザクラ(紅枝垂桜)の巨木。国の天然記念物。三春の滝桜、また単に滝桜とも呼ばれる。三春滝桜 フレッシュアイペディアより)

  • 魚津市

    魚津市から見た特別天然記念物天然記念物

    市内の多くが立山黒部ジオパークである。沿岸地域は世界で最も美しい湾クラブに加盟した富山湾に面し、蜃気楼、ホタルイカ、魚津埋没林(国の特別天然記念物)が有名。また、漁業が盛んであり、北洋漁業の根拠地となっている。ホタルイカが水揚げされる富山市から魚津市にかけての富山湾沿岸は、特別天然記念物に指定されている。周辺都市に比べ大型の郊外型商業施設の出店が多い。また、あいの風とやま鉄道線と富山地方鉄道本線の乗り換えが可能なため、立山黒部アルペンルートや黒部峡谷鉄道(トロッコ電車)など観光地への交通の要衝であり、乗り換え客や宿泊施設が多い。魚津市 フレッシュアイペディアより)

  • 盛岡市

    盛岡市から見た天然記念物天然記念物

    「盛岡」を連想させるものとして、市内のあらゆる地域から望まれる岩手山が多くの学校の校歌に謳われるほか、市の中心部で合流する中津川・北上川・雫石川の三大河川、国の史跡に指定されている盛岡城石垣、国の天然記念物に指定されている石割桜、国の重要美術品の上ノ橋擬宝珠、旧盛岡藩主南部氏の家紋「向鶴(双鶴)」「武田菱」が、盛岡を表す端的なモチーフとして用いられることが多い。盛岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 風穴

    風穴から見た天然記念物天然記念物

    風穴の植物が初めて記載されたのは牧野富太郎や、三好学による長走風穴によるものが最初で、そこでは標高200m程度のコナラやミズナラの林の中にコケモモやゴゼンタチバナ、オオタカネバラなどの高山から亜高山帯の植物群落が見られる。三好の調査により1926年には「長走風穴高山植物群落」として、富士山麓に次ぐ国指定天然記念物となった。また、福島県の中山風穴ではオオタカネバラやアイズシモツケ、ベニバナイチヤクソウなどからなる、やや規模が大きい植物群落があり、1964年に「中山風穴地特殊植物群落」として国指定天然記念物に挙げられている。風穴植物が天然記念物になっているのはこの2ヶ所のみである。これらは、氷河期の植物のレフュージア(逃避地)という見解もある。風穴 フレッシュアイペディアより)

  • 対馬

    対馬から見た天然記念物天然記念物

    島の面積の約88%を照葉樹などの山林が占める。原始林やスギ、大ソテツなどが国や県によって天然記念物に指定されており、豊かな自然にめぐまれている。本来の植生は広葉樹林であるが、林業によって生まれた針葉樹林も多い。植生は全般的に九州本土に類似するが、九州では山地に多い夏緑樹が低地にも見られる。対馬 フレッシュアイペディアより)

  • ツシマヤマネコ

    ツシマヤマネコから見た天然記念物天然記念物

    日本国内に分布するネコ類は、人為的移入種であるイエネコを除けば、対馬のツシマヤマネコと、西表島のイリオモテヤマネコの2つのみである。1965年の劇的な発見と報道(毎日新聞、1965年4月15日)により全国的に知られるようになったイリオモテヤマネコと比べると知名度は劣るが、本種も同様に絶滅が危惧される希少動物である。1994年、環境庁(当時)によって国内希少野生動植物種に指定されたが、哺乳類では長らくイリオモテヤマネコと本種の2種のみが指定種であった(2004年にダイトウオオコウモリとアマミノクロウサギが、2009年にオガサワラオオコウモリが指定され、現在は5種)。1971年には国の天然記念物に指定されているが、いまだイリオモテヤマネコと同じ特別天然記念物への指定はなされていない。一方、1998年の「哺乳類レッドリスト (環境省)」(当時は環境庁)発表以来、一貫して絶滅の恐れが最も高いとされている(イリオモテヤマネコは当初IB類であり、2007年よりIA類となった)。ツシマヤマネコ フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆沼

    伊豆沼から見た天然記念物天然記念物

    四季を通じて渡り鳥が豊富で、日本最大級の渡り鳥の越冬地であり、マガン(国の天然記念物)、ヒシクイ(国の天然記念物)、マガモ、オナガガモ、カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、オオハクチョウ、コハクチョウなどが越冬する。これらを観察するために県内外からのバードウオッチングの愛好者でにぎわう。伊豆沼 フレッシュアイペディアより)

2014件中 21 - 30件表示

「国の天然記念物」のニューストピックワード