2014件中 31 - 40件表示
  • 能因法師雨乞いの樟

    能因法師雨乞いの樟から見た天然記念物天然記念物

    能因法師雨乞いの樟(能因法師雨乞いの楠、のういんほうしあまごいのくす)は、愛媛県今治市大三島の大山祇神社境内に生育していたクスノキの巨樹である。幹周17mを測り、推定樹齢は3000年。日本最古のクスノキと云われている。現在は枯死しているが一部が残っており、国の天然記念物「大山祇神社のクスノキ群」の一部を成している。能因法師雨乞いの樟 フレッシュアイペディアより)

  • 赤井谷地沼野植物群落

    赤井谷地沼野植物群落から見た天然記念物天然記念物

    赤井谷地沼野植物群落(あかいやちしょうやしょくぶつぐんらく)は、福島県会津若松市北東部にある標高525mの高層湿原。国の天然記念物に指定され、日本の重要湿地500に選定されている。赤井谷地沼野植物群落 フレッシュアイペディアより)

  • ケラマジカ

    ケラマジカから見た天然記念物天然記念物

    一方で、日本国指定の天然記念物(「ケラマジカおよびその生息地」)にも指定されている。ケラマジカは個体数が少なく分布域も狭いために、絶滅を心配する声もある。日本哺乳類学会のレッドリスト(1997年)では「危急亜種」に選定されていたこともあるが、環境省及び沖縄県のレッドリストには記載がない。現在は、県や地元の小・中学校によっても、保護・研究活動が行われている。ケラマジカ フレッシュアイペディアより)

  • シオガマザクラ

    シオガマザクラから見た天然記念物天然記念物

    鹽竈神社境内にある31本が「鹽竈神社の塩竈ザクラ」の名称で国の天然記念物に指定されている。花は八重で花の色は薄桃色。シオガマザクラ フレッシュアイペディアより)

  • 岩崎山 (愛知県)

    岩崎山 (愛知県)から見た天然記念物天然記念物

    この辺りでは珍しい花崗岩質の岩山だが、これは山体が小牧山などと同様に秩父古生層の残丘であるためで、麓との高低差は14.9メートル。岩屋古墳の石室材として利用されるなど、産出される岩は古くから用いられてきた。名古屋城築城の際には加賀藩の御用石切場となった記録があり、山中の複数の岩にかつて彫られた家紋や矢穴(岩を割るためタガネで開けられた穴)が見られる。山内には神社や寺院が複数あるほか、名前の付いた岩が多数あり、中でも熊野神社境内にある「五枚岩」(ごまいいわ)は非常に大きな露頭として愛知県の天然記念物に指定されている。岩崎山 (愛知県) フレッシュアイペディアより)

  • 美森の大ヤマツツジ

    美森の大ヤマツツジから見た天然記念物天然記念物

    ヤマツツジ列では唯一の日本国指定の天然記念物であり、ツツジでは他に例を見ない巨木である。美森の大ヤマツツジ フレッシュアイペディアより)

  • 素桜神社

    素桜神社から見た天然記念物天然記念物

    素桜神社(すざくらじんじゃ)は、長野県長野市泉平にある神社。境内の一本桜は「素桜神社の神代ザクラ」として国の天然記念物に指定されている。素桜神社 フレッシュアイペディアより)

  • コケタンポポ

    コケタンポポから見た天然記念物天然記念物

    自生地の1つは「安波のタナガーグムイの植物群落」(沖縄県国頭村)として国の天然記念物に指定されているが、この植物群落を特徴づける植物として本種があげられている。コケタンポポ フレッシュアイペディアより)

  • シラコバト

    シラコバトから見た天然記念物天然記念物

    日本に生息する個体は江戸時代に移入されたものが野生化したといわれるが、もともと生息していたという説もある。生息区域は、関東地方北東部(千葉県北部、茨城県南西部、埼玉県東部)である。一時期は埼玉県東部(越谷市)にまで狭められ、1956年1月14日には種として国の天然記念物に指定された。その成果もあり、最近は群馬県南部でも生息が確認された。これとは別に、山口県萩市の見島では朝鮮半島から飛来したと考えられる個体の観察記録が残る。シラコバト フレッシュアイペディアより)

  • ウスバキチョウ

    ウスバキチョウから見た天然記念物天然記念物

    日本には亜種(Parnassius eversmanni daisetsuzanus)が分布し、国の天然記念物として指定されている。ウスバキチョウ フレッシュアイペディアより)

2014件中 31 - 40件表示

「国の天然記念物」のニューストピックワード