2014件中 41 - 50件表示
  • 山梨岡神社

    山梨岡神社から見た天然記念物天然記念物

    山梨岡神社(以下、本社と記す)の北方約1km、北山の中腹に鎮座し、日本武尊と弟橘姫命を祀る。社伝によれば、日本武尊が東征の折に当地の山路で休息したことに因み、その旧跡を「四阿山(あづまやさん)権現」と称して尊を祀ったのに創まるというが、本社の古社地(日光山高千穂の峰)であるとの伝えもあり(『社記』)、また、式内社の「甲斐奈神社」に比定する説もある。天明年間(1781年 - 1789年)に著された加賀美遠清の『甲陽随筆』には、かつての山梨郡の惣社であったとの伝えを記し、嘉永4年(1851年)の『甲斐叢記』には甲斐国の総社で国に大事・変災が生じると勅使が差遣されたとの伝えを主張するが、事実であったとしてもかなり早い時期に本社の摂社とされたようである。天正11年の家康の朱印状で、本社とは別に国衙、鎮目、万力などの諸郷から1貫300文が「甲州四阿山領」として安堵されている。慶長8年(1603年)の徳川四奉行黒印状にも「四阿山権現」と見え、1石余りの神領が寄進されているが(『社記』)、慶安元年9月には1石余りを朱印地とするとともに、山林竹木などの諸役免除が認められている。1989年(平成元年)に火災で全焼したが、1992年(平成4年)に再建された。なおこの時の火災で、植物学上貴重な木として春日居町の天然記念物に指定されていた神木の杉も焼失した(焼失段階での推定樹齢は350年)。山梨岡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 揖斐二度桜

    揖斐二度桜から見た天然記念物天然記念物

    揖斐二度桜(いびにどざくら)は、岐阜県揖斐郡大野町大字南方字二度桜184番地2にある、国の天然記念物指定の桜である。「飛騨・美濃さくら三十三選」に選定されている。揖斐二度桜 フレッシュアイペディアより)

  • 法量のイチョウ

    法量のイチョウから見た天然記念物天然記念物

    法量のイチョウ(ほうりょう-)は、青森県の十和田市にあるイチョウの巨木。国の天然記念物に指定されている。法量のイチョウ フレッシュアイペディアより)

  • 唐川湿原

    唐川湿原から見た天然記念物天然記念物

    唐川湿原(からかわしつげん)は鳥取県岩美町にある低層湿原。標高370から400m前後の約1haあまりの範囲にいくつかの湿原が散在している。湿原一帯は「唐川のカキツバタ群落」として国の天然記念物に指定されている。唐川湿原 フレッシュアイペディアより)

  • 阿哲台

    阿哲台から見た天然記念物天然記念物

    羅生門 - 草間台東部にある、古い鍾乳洞が陥没して出来た巨大な天然橋及び鍾乳洞。国指定の天然記念物阿哲台 フレッシュアイペディアより)

  • 角館

    角館から見た天然記念物天然記念物

    1974年(昭和49年)10月9日 - 「角館のシダレザクラ」が国の天然記念物に指定される角館 フレッシュアイペディアより)

  • 大鳥神社のオオアカガシ

    大鳥神社のオオアカガシから見た天然記念物天然記念物

    大鳥神社のオオアカガシ(おおとりじんじゃのオオアカガシ)は、東京都目黒区下目黒の大鳥神社境内に生育していたオオアカガシ(アカガシの変種)の巨木である。樹齢は不明であったがアカガシの新変種命名の基準になった木であり、学術上においても貴重な存在として、1963年(昭和38年)に東京都の天然記念物に指定された。2000年(平成12年)から2001年(平成13年)にかけて木の大部分が枯死する事態に至ったため、挿し木で後継樹の育成を試みた。しかし、2002年(平成14年)に枯死が確認された上に挿し木も枯損した状態となり、種の系統保存が不可能と判断されたため2012年(平成24年)に天然記念物の指定が解除されている。大鳥神社のオオアカガシ フレッシュアイペディアより)

  • 三好学

    三好学から見た天然記念物天然記念物

    終生植物研究を続け、桜、菖蒲の研究、及び天然記念物保存事業に力を注いだ。三好学 フレッシュアイペディアより)

  • 野田のさぎ山

    野田のさぎ山から見た特別天然記念物天然記念物

    野田のさぎ山(野田の鷺山、のだのさぎやま)は、埼玉県さいたま市緑区(旧・浦和市)の見沼東部、上野田(かみのだ)の野田山にあったサギの集団営巣地である。浦和の鷺山とも称された。国の特別天然記念物に指定されていたが、サギが営巣しなくなったため1984年(昭和59年)に指定が解除された。特別天然記念物では唯一の解除事例となっている。野田のさぎ山 フレッシュアイペディアより)

  • ミヤコタナゴ

    ミヤコタナゴから見た天然記念物天然記念物

    ミヤコタナゴ(都鱮、Tanakia tanago)は、コイ目コイ科タナゴ亜科アブラボテ属の小型淡水魚。日本固有種で、関東地方の一部に生息する。地域名(本種を指す方言)としてミョーブタ・ジョンピー(千葉県南総)、ベンタナ・オシャラクブナ(千葉県東総-南総)、ナナイロ(埼玉県入間、比企)、シャレブナ・オシャレブナ(栃木県)などがある。この中にはヤリタナゴとの混称も含まれる。1974年、国の天然記念物に指定された。ミヤコタナゴ フレッシュアイペディアより)

2014件中 41 - 50件表示

「国の天然記念物」のニューストピックワード