1624件中 61 - 70件表示
  • 金鑚神社

    金鑚神社から見た特別天然記念物天然記念物

    「武州(武蔵国)六大明神」の1つとされており、古くより崇敬を受けた。参道脇に重要文化財の多宝塔が建つほか、御獄山の中腹にある「鏡岩」は特別天然記念物に指定されている。金鑚神社 フレッシュアイペディアより)

  • 富士山本宮浅間大社

    富士山本宮浅間大社から見た天然記念物天然記念物

    本宮の本殿は徳川家康による造営。浅間造という独特の神社建築様式で、国の重要文化財に指定されている。また、本宮境内には富士山の湧水が湧き出している湧玉池があり、国の特別天然記念物に指定されている。富士山本宮浅間大社 フレッシュアイペディアより)

  • メヒルギ

    メヒルギから見た特別天然記念物天然記念物

    鹿児島県の薩摩半島の群生地である喜入のリュウキュウコウガイ産地は昭和27年に国の特別天然記念物に指定されている。本群生地および大浦町の小群落が本種が自生する北限であり、かつ世界的なマングローブ自生地の北限でもある。しかし本群生は天然ではなく、1609年に琉球より移植したという記録があり、天然の群落か否かが議論の対象となっている。本群落が移植によるものであった場合は、天然の北限は種子島・西之表市となるが、本群生地における本種は100年以上定着してマングローブを形成しており、定着したマングローブの北限として貴重な存在である。メヒルギ フレッシュアイペディアより)

  • 山梨岡神社

    山梨岡神社から見た天然記念物天然記念物

    山梨岡神社(以下、本社と記す)の北方約1km、北山の中腹に鎮座し、日本武尊と弟橘姫命を祀る。社伝によれば、日本武尊が東征の折に当地の山路で休息したことに因み、その旧跡を「四阿山(あづまやさん)権現」と称して尊を祀ったのに創まるというが、本社の古社地(日光山高千穂の峰)であるとの伝えもあり(『社記』)、また、式内社の「甲斐奈神社」に比定する説もある。天明年間(1781年 - 1789年)に著された加賀美遠清の『甲陽随筆』には、かつての山梨郡の惣社であったとの伝えを記し、嘉永4年(1851年)の『甲斐叢記』には甲斐国の総社で国に大事・変災が生じると勅使が差遣されたとの伝えを主張するが、事実であったとしてもかなり早い時期に本社の摂社とされたようである。天正11年の家康の朱印状で、本社とは別に国衙、鎮目、万力などの諸郷から1貫300文が「甲州四阿山領」として安堵されている。慶長8年(1603年)の徳川四奉行黒印状にも「四阿山権現」と見え、1石余りの神領が寄進されているが(『社記』)、慶安元年9月には1石余りを朱印地とするとともに、山林竹木などの諸役免除が認められている。1989年(平成元年)に火災で全焼したが、1992年(平成4年)に再建された。なおこの時の火災で、植物学上貴重な木として春日居町の天然記念物に指定されていた神木の杉も焼失した(焼失段階での推定樹齢は350年)。山梨岡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 阿哲台

    阿哲台から見た天然記念物天然記念物

    羅生門 - 草間台東部にある、古い鍾乳洞が陥没して出来た巨大な天然橋及び鍾乳洞。国指定の天然記念物阿哲台 フレッシュアイペディアより)

  • ムジナモ

    ムジナモから見た天然記念物天然記念物

    1890年に東京の江戸川で発見されてから、茨城県の霞ヶ浦や群馬県の瓢池、新潟県の信濃川流域、京都府の巨椋池や深泥池、三重県の長島町(現在の桑名市)等、昭和初期にかけて発見が相次いだ。群馬県の多々良沼、東京都小岩村、京都府の巨椋池、埼玉県の幸松村など国の天然記念物指定を受けた自生地もいくつかある。しかし干拓事業などによる自生地の消失、魚やアメリカザリガニなどによる食害、農薬や生活廃水の流入による水質汚染により、各地で絶滅。最後に残った埼玉県羽生市の宝蔵寺沼も1966年に国の天然記念物に指定されたが、同年台風による利根川の水害でほとんど流されてしまい、残った個体も流入した農薬の影響を受け、1967年に絶滅した。ムジナモ フレッシュアイペディアより)

  • オカヤドカリ

    オカヤドカリから見た天然記念物天然記念物

    日本に生息するオカヤドカリ全種が日本国の天然記念物に指定されている。オカヤドカリ フレッシュアイペディアより)

  • 都井岬

    都井岬から見た天然記念物天然記念物

    野生の御崎馬が棲息することで知られ、「岬馬およびその繁殖地」として国の天然記念物に指定されている。この野生馬は江戸時代に高鍋藩が軍用馬飼育のため、放牧を始めたものが、後に半野生化したものである。都井岬 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良公園

    奈良公園から見た天然記念物天然記念物

    広義の奈良公園には、都市計画法および奈良県風致地区条例に基づく「春日山風致地区」、古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法に基づく「歴史的風土特別保存地区」および「歴史的風土保存区域」、自然公園法に基づく自然公園(大和青垣国定公園)などの法規制のかかった地区を含んでいる。また、文化財保護法に基づいて指定された文化財としては、「名勝奈良公園」のほかに、国の特別天然記念物である「春日山原始林」、国の天然記念物である「春日大社ナギ樹林」「ルーミスシジミ棲息地」「知足院のナラノヤエザクラ」、国の史跡である「東大寺旧境内」「興福寺旧境内」「春日大社境内」などが存在する。公園内に生息する鹿は、春日大社の神使として古くから神聖視され、人に馴れてはいるが、飼育動物ではなく野生動物であり、「奈良のシカ」の名称で国の天然記念物に指定されている。奈良公園 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県

    青森県から見た天然記念物天然記念物

    1922年3月 「小湊のハクチョウおよびその渡来地」が天然記念物に指定(1952年3月に特別天然記念物に指定)。青森県 フレッシュアイペディアより)

1624件中 61 - 70件表示

「国の天然記念物」のニューストピックワード