1624件中 81 - 90件表示
  • ニホンカワウソ

    ニホンカワウソから見た天然記念物天然記念物

    1964年6月27日に、日本国の天然記念物に指定された。最後の捕獲例は1975年4月8日に愛媛県宇和島市九島で保護されたもので、その後は捕獲されていない。1979年6月の最後の目撃例は高知県須崎市の新荘川におけるもので、それ以後生息の確認は得られていない。1993年には同じ新荘川の支流でフンと食べ残しの痕跡の報告例があるが、他の動物によるものである可能性もある。ニホンカワウソ フレッシュアイペディアより)

  • 与那国島

    与那国島から見た天然記念物天然記念物

    また、北牧場および東牧場などでは日本在来馬の与那国馬が飼育されている。与那国馬は1969年3月25日に与那国町の天然記念物に指定されている。与那国島 フレッシュアイペディアより)

  • 山中湖

    山中湖から見た天然記念物天然記念物

    湖面標高が高く、また水深が浅いことから、厳寒期には全面結氷することもあり、近年では2006年(平成18年)1月10日にほぼ全面の結氷が確認された。砂嘴の「みさき」(通称大間々岬)で区切られる平野湾処(ひらのわんど)は水深が浅く、コイやウグイ、ワカサギが生息。明治期にはヒメマスの放流が試みられたが失敗し、1919年(大正8年)に、東京帝国大学教授の雨宮育作により、ワカサギの試験放流が成功し、ウナギやコイなどが放流された。波が穏やかなため毎年結氷し、ワカサギの穴釣りが行われる。近年はブラックバスやブルーギルなどの外来種が増殖。「みさき」のズミの大木は山中湖村の天然記念物に指定されている。山中湖 フレッシュアイペディアより)

  • シラコバト

    シラコバトから見た天然記念物天然記念物

    日本に生息する個体は江戸時代に移入されたものが野生化したといわれるが、もともと生息していたという説もある。生息区域は、関東地方北東部(千葉県北部、茨城県南西部、埼玉県東部)である。一時期は埼玉県東部(越谷市)にまで狭められ、1956年1月14日には種として国の天然記念物に指定された。その成果もあり、最近は群馬県南部でも生息が確認された。これとは別に、山口県萩市の見島では朝鮮半島から飛来したと考えられる個体の観察記録が残る。シラコバト フレッシュアイペディアより)

  • 鳥島 (八丈支庁)

    鳥島 (八丈支庁)から見た天然記念物天然記念物

    鳥島(とりしま)は、伊豆諸島の島(無人島)。全島が国の天然記念物(天然保護区域)に指定されている(後述を参照)。特別天然記念物アホウドリの生息地としても有名である。他の「鳥島」と区別して、特に伊豆鳥島とも呼ばれる。東京都に属するがいずれの町村にも属さない。東京都直轄であり、都総務局の出先機関である八丈支庁が管理している。鳥島 (八丈支庁) フレッシュアイペディアより)

  • 大國魂神社 (府中市)

    大國魂神社 (府中市)から見た天然記念物天然記念物

    康平5年(1062年)、前九年合戦平定の際に源頼義・義家父子が、欅の苗千本を寄進した。これは現在、国の天然記念物に指定されている「馬場大門のケヤキ並木」の起源である。また、神前にすももを供物として供したことから、後年この日とされる7月20日に毎年「すもも祭り」が行われるようになった。大國魂神社 (府中市) フレッシュアイペディアより)

  • 尾瀬

    尾瀬から見た天然記念物天然記念物

    最初期の自然保護運動は、尾瀬原ダム計画の反対運動であった。尾瀬沼のほとりに住んでいた平野長蔵は、一人でこれに反対。発電所の建設に反対するために、尾瀬への定住を始めたという。実際には、発電用施設は尾瀬沼南岸に取水口が1つ建設されたのみで、それ以外は建設されなかった。1956年に尾瀬地域が天然記念物に、1960年には特別天然記念物に指定され、その時点で発電所計画は事実上不可能になっていたものの、東京電力は1966年まではこの地に発電所建設計画を持っていた。また、それ以降も太平洋側への分水路建設計画は残されていた。東京電力が発電所建設や分水路建設計画を正式に断念するのは1996年になってのことである。ただし現在でも尾瀬地域の群馬県側は全てが東京電力の所有地である。現在の東京電力や子会社の尾瀬林業は、木道の建設や浄化槽式トイレの建設、湿原の復元など、環境省や各自治体と並び尾瀬を守る活動の主体のひとつとなっており、尾瀬林業は尾瀬地域の5つの山小屋の経営母体でもある。尾瀬 フレッシュアイペディアより)

  • 厚岸町

    厚岸町から見た天然記念物天然記念物

    大黒島はかつては人が住んでいたが、戦時中に軍の監視基地が置かれたため、住民は退去。かつては、夏場の漁期に季節居住する漁民もいたが、現在は無人島で、島は特別天然記念物に指定され、コシジロウミツバメやゼニガタアザラシの繁殖地となっている。コシジロウミツバメの繁殖地としては最南端となっている。厚岸町 フレッシュアイペディアより)

  • 魚津市

    魚津市から見た特別天然記念物天然記念物

    沿岸地域は、蜃気楼、ホタルイカ、魚津埋没林(国の特別天然記念物)が有名。また、漁業が盛んであり、北洋漁業の根拠地となっている。周辺都市に比べ大型の郊外型商業施設の出店が多い。また、JR北陸本線と富山地方鉄道線の乗り換えが可能なため、立山黒部アルペンルートや黒部峡谷鉄道(トロッコ電車)など観光地への交通の要衝であり、乗り換え客や宿泊施設が多い。魚津市 フレッシュアイペディアより)

  • 忍野村

    忍野村から見た天然記念物天然記念物

    県南東、郡北部の富士山麓に位置する。名水忍野八海(湧水、天然記念物・名水百選)を有す。忍野村から見る富士山は「忍野富士」として知られる。忍野村 フレッシュアイペディアより)

1624件中 81 - 90件表示

「国の天然記念物」のニューストピックワード