2014件中 81 - 90件表示
  • オカヤドカリ

    オカヤドカリから見た天然記念物天然記念物

    分類上は、エビ目・ヤドカリ下目・オカヤドカリ科・オカヤドカリ属 Coenobita に属するヤドカリの総称であると共に、日本ではその中の一種 C. cavipes に「オカヤドカリ」の和名が当てられる。日本に生息するオカヤドカリ全種が、国の天然記念物に指定されている。オカヤドカリ フレッシュアイペディアより)

  • 飯久保の瓢箪石

    飯久保の瓢箪石から見た天然記念物天然記念物

    飯久保の瓢箪石(いくぼのひょうたんいし)とは、富山県氷見市飯久保(いくぼ)地区の、ごく限られた場所に産出する瓢箪や繭玉に似た形状の石である。砂岩中に埋まった団塊(ノジュール )の中でも、とりわけ特異な形状を持つ希少な石であり、1941年(昭和16年)1月27日に国の天然記念物に指定された。飯久保の瓢箪石 フレッシュアイペディアより)

  • 十二町潟オニバス発生地

    十二町潟オニバス発生地から見た天然記念物天然記念物

    十二町潟オニバス発生地(じゅうにちょうがたおにばすはっせいち)とは、富山県氷見市にある潟湖十二町潟水域の一角にある国の天然記念物に指定されたオニバスの生育地である。十二町潟オニバス発生地 フレッシュアイペディアより)

  • オンネトー

    オンネトーから見た天然記念物天然記念物

    オンネトー湯の滝(オンネトーゆのたき)は、オンネトー湖の南東方向にある2つの滝である。天然記念物、日本の地質百選の1つである。落差30メートル、標高800メートル、分岐瀑、地質は雌阿寒岳火山の安山岩溶岩、第4紀更新世。オンネトー フレッシュアイペディアより)

  • キイレツチトリモチ

    キイレツチトリモチから見た天然記念物天然記念物

    和名の由来は、1911年(明治41年)に鹿児島県揖宿郡喜入町(現鹿児島市)で採取された標本により、記載されたことによる。なお、鹿児島市吉野町磯の生育地は国の天然記念物に指定されている。キイレツチトリモチ フレッシュアイペディアより)

  • 夕張岳

    夕張岳から見た天然記念物天然記念物

    1996年(平成8年)6月19日 - 「夕張岳の高山植物群落及び蛇紋岩メランジュ帯」が、国の天然記念物に指定された夕張岳 フレッシュアイペディアより)

  • 忍野村

    忍野村から見た天然記念物天然記念物

    忍野村は山梨県南東部および南都留郡北部の富士山麓に位置し、名水として知られる忍野八海(湧水、天然記念物・名水百選)を有する。忍野村から見る富士山は「忍野富士」と呼ばれる。忍野村 フレッシュアイペディアより)

  • 造園

    造園から見た天然記念物天然記念物

    この植物を主体とした物的環境ないし景観構成技術は、土木・建築が工事が完了した時点で“完成"であるのに対し、造園においては必ずしもそうとはいえないゆえんであり、造園の目的達成は工事完了後における生物である植物の管理いかんによって大きく左右される性格のものということができるし、屋外に存在する史跡や名勝、天然記念物など文化財を保存し活用するためにさまざまな形態での造園的な整備と維持管理も行われている。この場合整備形態としては現状を維持するものから復元的な整備(現地での場合と移転とがある)がある。さらに景観の項でもあるとおり、棚田や里山など空間資源を文化的景観(カルチュアルランドスケープ)としてとらえ、文化庁の協力の下田園風景や農村景観を造園技術で保全している。都市あるいは国土の緑の減少が憂慮されている現在、残された貴重な緑地を保全していくばかりでなく、また、積極的に新たな緑をつくりだしていくことが重要な課題となっており、うるおいのある生活環境の実現が強く望まれている中で、造園の意義は大きい。造園 フレッシュアイペディアより)

  • 瓢湖

    瓢湖から見た天然記念物天然記念物

    1954年3月に「水原のハクチョウ渡来地」として国の天然記念物に指定、2005年(平成17年)に国指定瓢湖鳥獣保護区(集団渡来地)に指定されている(面積281ha、うち特別保護地区24ha)。2008年(平成20年)にはラムサール条約の登録湿地に登録されている。瓢湖 フレッシュアイペディアより)

  • メヒルギ

    メヒルギから見た特別天然記念物天然記念物

    鹿児島県の薩摩半島の群生地である喜入のリュウキュウコウガイ産地は昭和27年に国の特別天然記念物に指定されている。本群生地および大浦町の小群落が本種が自生する北限であり、かつ世界的なマングローブ自生地の北限でもある。しかし本群生は天然ではなく、1609年に琉球より移植したという記録があり、天然の群落か否かが議論の対象となっている。本群落が移植によるものであった場合は、天然の北限は種子島・西之表市となるが、本群生地における本種は100年以上定着してマングローブを形成しており、定着したマングローブの北限として貴重な存在である。メヒルギ フレッシュアイペディアより)

2014件中 81 - 90件表示

「国の天然記念物」のニューストピックワード