1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示
  • 天然記念物

    天然記念物から見た山形県

    羽黒山のスギ並木 : 山形県天然記念物 フレッシュアイペディアより)

  • 天然記念物

    天然記念物から見た宮崎県

    内海のヤッコソウ発生地 : 宮崎県天然記念物 フレッシュアイペディアより)

  • 天然記念物

    天然記念物から見た長野県

    また一方で、近年ある種類の生物のみを保護することにより、生態系のバランスを崩し自然環境のバランスを損なう結果、経済的損失や自然破壊をもたらす事が問題となっている。たとえば下北半島のニホンザル(農作物の被害)や長野県のニホンカモシカ(農林業への被害)、奈良公園の鹿(農業への被害)などがあげられる。とりわけ奈良公園の鹿は古典落語の題材(鹿政談など)になっているほどで、保護という公益が個人の人権を圧迫する場合に、どこまでバランスの支点を人よりに置くかは、古くからの行政の問題である。天然記念物 フレッシュアイペディアより)

  • 天然記念物

    天然記念物から見た山口県

    八代のツルおよびその渡来地 : 山口県天然記念物 フレッシュアイペディアより)

  • 天然記念物

    天然記念物から見た福岡県

    古処山ツゲ原始林 : 福岡県天然記念物 フレッシュアイペディアより)

  • 天然記念物

    天然記念物から見た埼玉県

    野田のサギおよびその繁殖地 : 埼玉県 - 昭和59年指定解除。周囲の都市化によりサギが消滅、特別天然記念物で唯一の解除事例である。天然記念物 フレッシュアイペディアより)

  • 天然記念物

    天然記念物から見た滋賀県

    長岡のゲンジボタルおよびその発生地 : 滋賀県天然記念物 フレッシュアイペディアより)

  • 天然記念物

    天然記念物から見た松尾峡

    長野県辰野町松尾峡の場合は、ゲンジボタル生息地として長野県天然記念物に指定された後に、町役場が観光用に他県からゲンジボタルを移入し、今も養殖を続けている(2009年現在)。その結果、移入ゲンジボタルが在来ゲンジボタルの個体数減少を引き起こしていることが問題となっている。上記のように、文化財保護法では、移入種を天然記念物に指定することも可能である。しかしながら、辰野町松尾峡の場合は、自然(在来)のゲンジボタル生息地として県天然記念物の指定を受けた後に、町役場が他県からゲンジボタルを移入したという点で問題であろう。天然記念物 フレッシュアイペディアより)

  • 天然記念物

    天然記念物から見た南アメリカ

    天然記念物という用語は、ドイツの博物学者であるアレクサンダー・フォン・フンボルトが1800年(寛政12年)に著書の「新大陸の熱帯地方紀行」にNaturdenkmalを用いたのが初めてだとされている。フンボルトは南アメリカのベネズエラでザマン・デル・グアイル(Zamang der Guayre)と呼ばれる樹高18m、直径9m、枝張り59mの樹木に対して、「この天然記念物(Naturdenkmal)を傷つけるとこの地方では厳重に罰せられる」と記述している。またフランスの作家フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアンが、1802年に著書の「ルネー(Rene)」の中でも天然記念物を用いている。当時の天然記念物について、品田(1972)は「天然記念物という用語ができたものの、保護の必要性が認識されておらず、特に一般から注目されていなかった」としている。天然記念物の保護思想は当時の自然保護運動の推進とともに発展し、1898年にプロイセン王国の衆議院においてはじめて天然記念物に相当する「自然の記念物」の保護が議会で取り上げられ、1906年に「プロイセン天然記念物保護管理研究所」の設置および「同研究所の活動原則」が定められ、公的に天然記念物という用語が使用された。その他イギリスやスイス、アメリカ合衆国等の欧米諸国でも自然保護運動の発展とともに、天然記念物の概念が発生し、保護の対象とされてきた。天然記念物 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示

「国の天然記念物」のニューストピックワード