前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示
  • 石狩川

    石狩川から見た北海道開発局北海道開発局

    戦後、日本発送電が1951年(昭和26年)に分割された後、北海道全域の発送電・配電事業は北海道電力が継承した。北海道電力は引き続き石狩川水系における電力開発を進め、1960年代初頭には石狩川本川上流部に大規模なダム式発電所の計画を立てた。これは上川郡 (石狩国)上川町に堤高118.2mの中空重力式コンクリートダムを建設して有効貯水容量141,000,000トンを有する巨大な人造湖を造り、この莫大な水量を利用して発電を行うというものであった。このダムは計画当初(1960年当時)「大雪ダム」と呼ばれ、1964年(昭和39年)時点では「石狩ダム」と呼ばれていた。だが、後述する石狩川水系総合開発計画の中で治水及び農地かんがいに資するため北海道開発局が事業に参画。「石狩ダム計画」は1965年(昭和40年)の石狩川水系工事実施基本計画により北海道開発局が事業主体として行う大雪ダムに継承された。石狩川 フレッシュアイペディアより)

  • 国土交通省直轄ダム

    国土交通省直轄ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省直轄ダム(こくどこうつうしょうちょっかつダム)は、日本のダムのうち国土交通省により施工、管理が行われているダムまたは堰である。主として河川法、特定多目的ダム法に基づき、国土交通省の各地方整備局および北海道開発局、内閣府沖縄総合事務局(委託管理。後述)が実際の施工・管理業務を担当する。国土交通省直轄ダム フレッシュアイペディアより)

  • 別海村営軌道

    別海村営軌道から見た北海道開発局北海道開発局

    戦後も長らく馬力に頼っていたが、1960年から北海道開発局により、機関車および自走客車を導入するための軌道強化を行い、1963年に完成した(この時導入された自走客車は液体式変速機と温風暖房を備えたボギー式の優秀車であった)。その際、接続地点を厚床駅から標津線奥行臼駅に変更、奥行臼 - 上風蓮を開業している。戦後、新たに線路を敷設した数少ない殖民軌道であった。別海村営軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のダムの歴史

    日本のダムの歴史から見た北海道開発局北海道開発局

    また北海道においては、遅れていた農地開発と河川整備を充実させ、北海道経済の活性化を早急に図るために新たに省庁を設けて独自の対策を図ろうとした。1949年政府は増田甲子七を初代長官として北海道開発庁を設置。現地執行機関として北海道開発局を発足させた。設置当時は政治的思惑があったがその後は数次に亘る「北海道総合開発計画」に基づき、建設省の地方建設局と農林省の地方農政局と同等の位置づけを与えて河川事業を担当させた。これ以後桂沢ダム(幾春別川)を皮切りに北海道最大の大河・石狩川水系や天塩川水系の総合開発に乗り出している。ただしこれら多目的ダムの管理は北海道開発庁が担当せず、建設省が管掌している。日本のダムの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 桂沢ダム

    桂沢ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局が管理する多目的ダム。北海道で初めて建設された多目的ダムであり、戦後の石狩川水系総合開発計画の出発点となったダムでもある。堤高63.6mの重力式コンクリートダムであるが、現在ダムの直下流に桂沢ダム再開発事業として新桂沢ダム(しんかつらざわダム。後述)の建設が進められており、事業が完成すると桂沢ダムは水没する運命にある。ダムによって出現した人造湖は桂沢湖(かつらざわこ)と呼ばれる。桂沢ダム フレッシュアイペディアより)

  • 豊平峡ダム

    豊平峡ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局石狩川開発建設部が管理する特定多目的ダムで、豊平川の治水、また札幌市の水がめとして定山渓ダム(小樽内川)と共に豊平川ダム統合管理事務所によって総合的に運用されている。高さ102.5mのアーチ式コンクリートダムで、道内では奥新冠ダム(新冠川)とこのダムの2基しかアーチダムは存在しない。ダム湖は定山湖(じょうざんこ)と呼ばれ、支笏洞爺国立公園内にあり紅葉の名所としても著名である。豊平峡ダム フレッシュアイペディアより)

  • 永山新川

    永山新川から見た北海道開発局北海道開発局

    洪水調節機能を果たすため、水路部と堤外地(河川敷)をあわせた幅は、牛朱別川下流部より広い約200mが確保されている。全流路が幾何的な設計をされており、分流部と合流部手前のカーブを除き、直線で構成されている。牛朱別川の流れる側に樋門を設置し増水時に本流より優先して水を流すという治水機能としての合理性を追求したことと、殖民区画によって格子状に形成された永山市街および田圃地帯にあわせ設計された結果が、これらの特徴となって現れた。このようにきわめて人工的な水路であるが、河川管理者の北海道開発局はなるべく自然に近いものにしようとビオトープなどの水辺の環境整備に取り組んでいる。親水公園やミニ博物館、堤防に設置された排水桶門の上屋を周辺の歴史建造物を模した建屋とするなど、河川整備以外の部分でも趣向を凝らしている。永山新川 フレッシュアイペディアより)

  • 芦別ダム

    芦別ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局札幌開発建設部が管理する国土交通省直轄ダムで、堤高22.8メートルの重力式コンクリートダム。幾春別川総合開発事業の一環として建設された桂沢ダム(幾春別川)に導水する目的で建設されたダムであり、国土交通省直轄ダムとしては珍しい治水機能を持たない多目的ダムである。ダムによって出来た人造湖は芦別湖(あしべつこ)と呼ばれる。芦別ダム フレッシュアイペディアより)

  • 山口甲

    山口甲から見た北海道開発局北海道開発局

    山口 甲(やまぐち はじめ、1935年 - )は、日本の技官官僚・工学者。元北海道開発庁北海道開発局局長。現在、北海学園大学名誉教授。北海学園大学開発研究所特別研究員。北海道における治水事業の発展に尽力山口甲 フレッシュアイペディアより)

  • 大雪ダム

    大雪ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局が管理する特定多目的ダムで、日本第三の規模にして北海道最大の大河である石狩川の本流に建設された河川法上のダムとしては唯一の存在である。石狩川の治水及び旭川市などの水がめとして建設された。堤高は86.5mで型式は中央土質遮水壁型ロックフィルダム。ダムによって出現した人造湖は大雪湖(たいせつこ)と呼ばれ、大雪山国立公園内に位置している。大雪ダム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示

「国交省北海道開発局官製談合事件」のニューストピックワード