132件中 91 - 100件表示
  • 長橋 (小樽市)

    長橋 (小樽市)から見た北海道開発局北海道開発局

    北海道開発局小樽開発建設部小樽道路事務所長橋 (小樽市) フレッシュアイペディアより)

  • 石狩・空知地方

    石狩・空知地方から見た北海道開発局北海道開発局

    「石狩・空知地方」は北海道総合振興局設置条例により再編される以前の旧石狩支庁・空知支庁時代から幅広く使用されている地域区分であり、一例として国土交通省北海道開発局札幌開発建設部では業務範囲を「石狩・空知管内及び上川管内の一部」としている。石狩・空知地方 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐日出夫

    五十嵐日出夫から見た北海道開発局北海道開発局

    1954年(昭和29年)北海道大学工学部土木工学科卒業後、同年運輸省入省。間もなく北海道開発局へ出向。1956年(昭和31年)北海道大学工学部土木工学科専任講師(都市計画学担当)。1958年(昭和33年)同工学部土木工学科助教授(都市計画学担当)。1975年(昭和50年)同工学部土木工学科教授(交通計画学講座)。1995年(平成7年)北海道大学停年退官。同年北海学園大学工学部土木工学科教授(都市計画学担当)。1997年(平成9年)同大学院工学研究科長( ~ 1999年(平成11年)まで)。2002年(平成14年)北海学園大学退職。同年社団法人北海道開発技術センター会長に就任。五十嵐日出夫 フレッシュアイペディアより)

  • 殖民軌道

    殖民軌道から見た北海道開発局北海道開発局

    太平洋戦争後になると残存した簡易軌道は地元市町村へ運営が委託され、ディーゼル機関車や気動車を導入しての内燃動力化や北海道開発局による改良工事が行われた所もある。これら動力化された路線では運行ダイヤが決められ一部には時刻表に掲載された路線もあったが、信号や閉塞設備などは殆ど設けられていなかったようである(浜中町営軌道や別海村営軌道では、道路との交差点に信号機が設けられている箇所があった)。殖民軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 酪農

    酪農から見た北海道開発局北海道開発局

    1955年度?1966年度にかけて、北海道の根釧台地、別海町で行われた大規模酪農で、これは短期に酪農経営を確立することを目的として、世界銀行から融資を受けて行われた。開発は北海道、北海道開発局、農地開発機械公団(現緑資源公団)によりおこなわれ、約7000ヘクタールの原野を機械を用いて開墾した。最終的には約360戸が入植したが、経営の厳しさから事業が破綻し離農する者も多く見られた。高級アイスの生乳原料供給地となっている。なお、このときに「パイロットファーム」ともよばれたが、一般的にパイロットファームとは、観賞用植物や現地に自生する植物などを試験的に栽培、採取するための実験農場のことである。酪農 フレッシュアイペディアより)

  • 根室市

    根室市から見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局釧路開発建設部根室港湾事務所、根室道路事務所根室市 フレッシュアイペディアより)

  • 一般国道

    一般国道から見た北海道開発局北海道開発局

    路線の指定は「一般国道の路線を指定する政令」により行われる。このうち「一般国道の指定区間を指定する政令」による指定区間は国(国土交通省地方整備局。北海道は北海道開発局、沖縄県は内閣府沖縄総合事務局(かつては沖縄開発庁))が管理を行い、これらを直轄国道と呼んでいる。一般国道 フレッシュアイペディアより)

  • 国土交通省

    国土交通省から見た北海道開発局北海道開発局

    北海道開発局 - 開発監理部(政令第210条第3項)、事業振興部、建設部、港湾空港部、農業水産部、営繕部、開発建設部(法律第34条)国土交通省 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の政治

    2010年の政治から見た北海道開発局北海道開発局

    最高裁判所が北海道開発庁(当時)(現・国土交通省北海道開発局)受注の公共工事を巡る受託収賄罪等4つの罪に問われていた鈴木宗男衆議院外務委員長(新党大地・比例北海道ブロック)に懲役2年の実刑判決・有罪が確定これにより議員失職、5年間の立候補禁止が確定2010年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 函館市

    函館市から見た北海道開発局北海道開発局

    北海道開発局函館開発建設部函館市 フレッシュアイペディアより)

132件中 91 - 100件表示

「国交省北海道開発局官製談合事件」のニューストピックワード