215件中 91 - 100件表示
  • 北彩都あさひかわ

    北彩都あさひかわから見た北海道開発局北海道開発局

    堤防の整備と合わせて親しみやすい河川空間を創出する事業であり、河川管理者である北海道開発局の「忠別川水辺プラザ事業」と旭川市が河川敷地内の整備を行った。河畔林は生態学的混播・混植法によりヤチダモやハンノキなどの在来種を市民と一緒に植樹した。あさひかわ北彩都ガーデンがある右岸地区には「生態階段」があり、市街地から河川空間への移行帯を複数のテラスに細分して構成しており、川に近づくにつれて手入れの度合いを弱くして自然植生そのものを鑑賞の対象にしている。また、「大池」は市民が気軽に川に接することができる水面であり、自然な流れである忠別川とは対照的になっている。ここでは、かつて忠別川の後背地を形成していた広大な湿地の一部を再生し、レクリエーション空間や環境教育の場としての役割を設けている。左岸地区は川の流れが持つ曲線の効果を強調するのが最も適切であると考えられて限られたデザイン要素のみを整備している。地区公園の宮前公園にはガーデンセンターを設置しており、あさひかわ北彩都ガーデンの拠点施設になっている。北彩都あさひかわ フレッシュアイペディアより)

  • 西町 (下川町)

    西町 (下川町)から見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局旭川開発建設部サンルダム建設事業所西町 (下川町) フレッシュアイペディアより)

  • 北海道道111号静内中札内線

    北海道道111号静内中札内線から見た北海道開発局北海道開発局

    21.3kmの未開通区間があり、両町村の境界に掘削予定の静中トンネル(延長4,782m)を含む7.4kmは未着工となっていたが、1984年の着工から2003年の19年の歳月に約540億円の建設費が費やされたにもかかわらず、さらに40年近い工期と約980億円の資金が必要であったため、2003年(平成15年)8月8日に北海道開発局より計画の凍結(実質中止)が発表された。北海道道111号静内中札内線 フレッシュアイペディアより)

  • 帯広広尾自動車道

    帯広広尾自動車道から見た北海道開発局北海道開発局

    これを受けて北海道開発局帯広開発建設部は計画段階評価に向けた沿線住民向けのアンケート調査を2回実施する事とし、第1回目の「地域の課題、道路の機能について」が同年10月17日までの日程で行われている。2回目は「対策案に求める機能や配慮事項について」に関するアンケートの予定で、それらの回答を踏まえた上で社会資本整備審議会(道路分科会北海道地方小委員会)において整備方針が決定され、環境影響評価を経て新規事業採択へ進む事となり、平成28年度に忠類大樹IC - 豊似IC(仮称)間(15.1km)が新規事業化された。帯広広尾自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 香りゃんせ公園

    香りゃんせ公園から見た北海道開発局北海道開発局

    かつてハッカの世界的産地であった歴史を見直してまちづくりに活用するために若手経営者の有志による「まちづくり研究会」が市民活動へと発展し、1994年(平成6年)に「香り彩るまちづくり推進機構」が発足。「?花と香りに出会うまち、?花と香りを楽しむまち、?花と香りを贈るまち、?花と香りの文化を創るまち」を活動方針に掲げ、北海道開発局やはまなす財団の理解を得て、1995年(平成7年)から市内朝日町の常呂川河川敷でシンボル・ガーデンとなる公園造成を始めた。この間、機構は無農薬で北の大地でも越冬できる品種の実験栽培を2年間実施し、1997年(平成9年)から一般参加によるコミュニティガーデンづくりが行われた。フラワーガーデンやノットガーデンづくりには各種団体や企業なども参画し、公園は市民の憩いの場となっている。これらの活動が評価され、2001年(平成13年)には国土交通省の「手づくり郷土賞」(地域活動部門)と『全国花のまちづくりコンクール』国土交通大臣賞を受賞した。機構への活動参加は個人会員1口年額1,000円、法人・団体会員1口年額10,000円から誰でも参加することができる。香りゃんせ公園 フレッシュアイペディアより)

  • 白鳥大橋

    白鳥大橋から見た北海道開発局北海道開発局

    北海道開発局室蘭開発建設部初代部長の猪瀬寧夫が馬蹄形である室蘭の地形に発展の支障を覚え、1955年(昭和30年)に室蘭民報の新年号「初夢特集」で「室蘭港湾口架橋構想」を提唱したのが建設の発端となった。昭和30年代の計画段階ではトンネル案もあったが、橋梁として基本計画が作成された。昭和56年度に事業化後、昭和58年度の「白鳥大橋技術調査委員会」では橋梁方式を斜張橋から吊り橋へと変更した。事業計画では有料道路としての事業が望ましいとされ、有料の場合でも2000年の交通量を16,300台/日と見込んでいたが、室蘭市の産業衰退や人口減少などにより採算性が問題視されていた。白鳥大橋の完成が近づいてくる中、運営を委託する予定であった日本道路公団が運営受託に難色を示し、北海道も地方道路公社を設立しての運営は困難と判断した。そこで、地元選出の国会議員(当時)鳩山由紀夫が通行料に関する問題を提起し、1996年(平成8年)議論の末に北海道開発局長が暫定無料の方針を表明した。総事業費1,000億円規模の道路事業が通行料無料で開通するのは全国でも異例のことであった。白鳥大橋 フレッシュアイペディアより)

  • 国道333号

    国道333号から見た北海道開発局北海道開発局

    佐呂間トンネルがルクシ峠を経由するものであったのに対して、峠そのものを短絡するものとして、岩盤崩落災害防止工事佐呂間防災により建設された。常呂郡佐呂間町字栃木と北見市北陽を連絡する。全長4,110m(坑門工16m含む)。工事(一般国道333号佐呂間町新佐呂間トンネル工事)は2004年12月18日から2008年3月18日までの工期で北海道開発局網走開発建設部が発注し、鹿島・地崎・宮坂特定建設工事共同企業体が受注した。工事区間総延長は6,490.5m。国道333号 フレッシュアイペディアより)

  • 高見ダム

    高見ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    1952年より進められた日高電源一貫開発計画は日高地方を流れる静内川を始め新冠川、沙流川、鵡川の四水系に大小11箇所のダムと水力発電所を建設し、それらをトンネルで結んで効率的な水利用を図り、合計で67万キロワットの電力を北海道一円に送電するという壮大な計画であり、同時期に計画・施工されていた只見特定地域総合開発計画による只見川・阿賀野川電源開発、天竜奥三河特定地域総合開発計画に基づく天竜川電源開発、吉野熊野特定地域総合開発計画に拠る熊野川電源開発計画などに匹敵する北海道電力の社運を賭けた一大プロジェクトであった。この計画において大容量貯水池を擁する中核水力発電所として新冠川の新冠ダム・新冠発電所と共に計画されたのが高見ダムおよび高見発電所である。しかし計画の全体的な流れが形成されるに従い、鵡川や沙流川の中小規模水力発電所を先に建設する方針を採ったこと、また北海道開発局や北海道による河川総合開発事業との兼ね合いもあって、計画当初から立案されていた高見ダムは後回しとされた。高見ダム フレッシュアイペディアより)

  • 稚内港

    稚内港から見た北海道開発局北海道開発局

    稚内港 - 国土交通省北海道開発局稚内港 フレッシュアイペディアより)

  • 滝ノ下信号場

    滝ノ下信号場から見た北海道開発局北海道開発局

    ダム湖の近くである。北海道開発局の川端ダムおよび北海道企業局の川端発電所がある。わずかに民家がある。滝ノ下信号場 フレッシュアイペディアより)

215件中 91 - 100件表示