215件中 11 - 20件表示
  • 桂沢ダム

    桂沢ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局が管理する多目的ダム。北海道で初めて建設された多目的ダムであり、戦後の石狩川水系総合開発計画の出発点となったダムでもある。堤高63.6mの重力式コンクリートダムであるが、現在ダムの直下流に桂沢ダム再開発事業として新桂沢ダム(しんかつらざわダム。後述)の建設が進められており、事業が完成すると桂沢ダムは水没する運命にある。ダムによって出現した人造湖は桂沢湖(かつらざわこ)と呼ばれる。桂沢ダム フレッシュアイペディアより)

  • 札幌第1合同庁舎

    札幌第1合同庁舎から見た北海道開発局北海道開発局

    札幌第1合同庁舎(さっぽろだいいちごうどうちょうしゃ)は、北海道札幌市にある建築物(合同庁舎)。JR札幌駅北口付近にあり、北海道開発局や北海道財務局などが位置する国の行政施設である。鉄骨、一部は鉄骨鉄筋コンクリートが用いられている建物は環境に配慮した構造となっており、省エネルギーを意識している。地上18階建て、地下2階、駐車場ほか、広いエレベーターや公衆電話などの車いすを考慮したバリアフリー設計も見られる。所在地は北海道札幌市北区北8条西2丁目1番1号。札幌第1合同庁舎 フレッシュアイペディアより)

  • 深川留萌自動車道

    深川留萌自動車道から見た北海道開発局北海道開発局

    ※ 深川JCT - 深川西IC間は東日本高速道路株式会社が管轄する有料道路、深川西IC以北は国土交通省北海道開発局が管轄する無料道路である。深川留萌自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 江差港

    江差港から見た北海道開発局北海道開発局

    北海道開発局函館開発建設部江差港湾事務所江差港 フレッシュアイペディアより)

  • 豊平峡ダム

    豊平峡ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局石狩川開発建設部が管理する特定多目的ダムで、豊平川の治水、また札幌市の水源として定山渓ダム(小樽内川)と共に豊平川ダム統合管理事務所によって運用されている。高さ102.5mのアーチ式コンクリートダムで、道内では奥新冠ダム(新冠川)とこのダムの2基しかアーチダムは存在しない。ダム湖は定山湖(じょうざんこ)と呼ばれ、支笏洞爺国立公園内にあり紅葉の名所としても著名である。豊平峡ダム フレッシュアイペディアより)

  • 十勝オホーツク自動車道

    十勝オホーツク自動車道から見た北海道開発局北海道開発局

    国土開発幹線自動車道の路線名は北海道横断自動車道網走線、高速自動車国道の路線名は北海道横断自動車道黒松内北見線である。全区間が新直轄方式で国土交通省北海道開発局により整備・管理されており、開通済みの区間は無料で通行できる。十勝オホーツク自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 河川法

    河川法から見た北海道開発局北海道開発局

    一級河川は、河川法第4条第1項で「国土保全上又は国民経済上特に重要な水系で政令で指定したもの(=一級水系)に係る河川で国土交通大臣が指定したもの」と定義される。一級河川の管理は国土交通大臣が行う(実務上は、国土交通省水管理・国土保全局(旧河川局)とその出先機関である地方整備局、北海道の一級水系の国管理区間については同省北海道局及びその出先機関である北海道開発局。なお、具体的な整備及び維持管理等については地方整備局等の更に出先機関として設置された「河川事務所」等が担当する)。但し、特に本川上流部や支流のうち、二次支川・三次支川等の小河川である場合等は、一定の区間を指定して(これを「指定区間」と呼ぶ)都道府県又は政令指定都市に対し河川管理を委任することができる。なお、特定多目的ダムや水資源機構が管理する水資源機構法に基づく多目的ダムなどについては、指定区間を含むすべての区間について国土交通大臣が許可権限を有している(特定水利)。河川法 フレッシュアイペディアより)

  • 山口甲

    山口甲から見た北海道開発局北海道開発局

    山口 甲(やまぐち はじめ、1935年 - 2017年3月29日)は、日本の技官官僚・工学者。工学博士(1990年、北海道大学にて)。元北海道開発庁北海道開発局局長。北海学園大学元教授・北海学園大学開発研究所特別研究員だった人物。北海道における治水事業の発展に尽力。山口甲 フレッシュアイペディアより)

  • 道東自動車道

    道東自動車道から見た北海道開発局北海道開発局

    2011年11月7日、NEXCO東日本は夕張IC - 占冠IC間開通後1週間の1日平均通行台数が6,500台で当初予想していた約2倍の数値であった事が発表される。また同区間開通により並行する日勝峠の通行台数が約5%減少したとした。12月2日には、NEXCO東日本と北海道開発局が開通から1ヶ月後(11月30日まで)の1日平均 5,200台と、予想の約1.6倍であると発表した。また、勾配の大きいトマムIC - 十勝清水IC間では、大型連休を中心に10km以上の渋滞が札幌方面に発生し、2016年には28.5kmに達したことから、道内屈指の渋滞箇所となっている。なお、千歳東IC - 追分町IC間も約1.6倍、トマムIC - 十勝清水IC間は約1.7倍となっている。一方、夕張市とむかわ町穂別の並行する国道274号は交通量が約60%以上減少し、開通前の半分以下になった。道東自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川紋別自動車道

    旭川紋別自動車道から見た北海道開発局北海道開発局

    比布本線料金所 - 北大雪トンネル:国土交通省 北海道開発局旭川開発建設部旭川紋別自動車道 フレッシュアイペディアより)

215件中 11 - 20件表示