132件中 11 - 20件表示
  • 深川留萌自動車道

    深川留萌自動車道から見た北海道開発局北海道開発局

    深川JCT-深川西IC間は有料区間(東日本高速道路株式会社管轄)で、深川西IC-沼田IC間は無料区間(国土交通省 北海道開発局管轄)である。深川留萌自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 国道280号

    国道280号から見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局函館開発建設部江差道路事務所:重複区間(福島町 - 知内町)国道280号 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道道1086号増毛当別線

    北海道道1086号増毛当別線から見た北海道開発局北海道開発局

    沿線周辺の自治体からは1987年(昭和62年)より建設の要望があり、1988年度(昭和63年度)に開発道路(北海道開発局所管)に指定され、1989年(平成元年)1月12日には道道の認定を受けた。その後1993年度(平成5年度)に環境影響評価を実施した。動植物への影響を懸念する自然保護団体の声があったものの、特に問題はないとの答申を受けて1994年度(平成6年度)から用地買収を始め、1995年(平成7年)に増毛側から着工した。しかし、予定ルート付近でクマゲラの生育が確認され、調査や環境保全の問題があるとして、1997年(平成9年)より工事は休止した。北海道道1086号増毛当別線 フレッシュアイペディアより)

  • 滝新バイパス

    滝新バイパスから見た北海道開発局北海道開発局

    滝新バイパス 事後評価結果準備書説明資料(北海道開発局事業審議委員会)滝新バイパス フレッシュアイペディアより)

  • 山王海ダム

    山王海ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    嵩上げは桂沢ダムと新桂沢ダム(石狩川水系幾春別川。国土交通省北海道開発局)や丸山ダムと新丸山ダム(木曽川本川。国土交通省中部地方整備局)と同様に旧ダムを取り込む形で行われ、ロックフィルダムとして建設された。ダム湖はかんがい専用ダムとしては貯水容量が全国一の規模となるが、滝名川だけでは十分に湛水させる事が出来ないため、葛丸ダムとの間に導水・取水トンネルを建設して貯水を融通することで効率的な水運用を図る。山王海ダム フレッシュアイペディアより)

  • 北海道通信社

    北海道通信社から見た北海道開発局北海道開発局

    2000年ころまでは北海道開発局や北海道庁などの官公庁の発注部署では多く購読されていた。しかし、購読部数の改定が行われ激減した。月額31500円の購読料は、国内日刊紙で最も高額。北海道通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 単端式気動車

    単端式気動車から見た北海道開発局北海道開発局

    一方、1950年代中盤から1960年代にかけて、北海道開発局が道内に存在した簡易軌道向けに道内メーカーに製造させた「自走客車」では、担当者のメカニズムに対する不理解などから、単端式で製造されたものが計3両存在した。これは1941年に鶴居村営軌道雪裡・幌呂線用として就役した、ボンネットバスを改造した単端式気動車2両や1949年に道内で製造された根室拓殖鉄道の2両の気動車が担当者の念頭にあったためとされる。しかし取扱いが不便であるためか、以後16両が製造された自走客車はいずれも逆転機付きの両運転台車となり、後期には液体変速機の導入も行われている。結果的に1958年製の歌登村営軌道向け2軸自走客車が日本で製造された最後の旅客用単端式気動車となった。単端式気動車 フレッシュアイペディアより)

  • ナウファス

    ナウファスから見た北海道開発局北海道開発局

    全国港湾海洋波浪情報網は、国土交通省港湾局、各地方整備局、北海道開発局、沖縄総合事務局、国土技術政策総合研究所および独立行政法人港湾空港技術研究所の相互協力のもとに施設の構築や運営が行われている、沿岸部の波浪情報網。2003年12月現在において、54観測地点(波高・周期54地点、波向42地点)で観測された全国沿岸の波浪情報(有義波実況・周期帯波浪実況・潮位実況・毎分沖平均水面)は、リアルタイムで港湾空港技術研究所に収集されているが、各地の観測所は波浪の影響で機器の損傷などで欠測地点がある。ナウファス フレッシュアイペディアより)

  • 指定区間

    指定区間から見た北海道開発局北海道開発局

    一般国道の指定区間とは、道路法第13条第1項の規定に基いて、維持・修繕・災害復旧・その他の管理を国土交通大臣(地方整備局、北海道は北海道開発局、沖縄県は内閣府沖縄総合事務局)が行い、一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)で指定された区間である(直轄区間・直轄国道)。それ以外の区間(指定区間外・補助国道)については当該する都府県及び政令指定都市が管理を行う。一般国道の指定区間を指定する政令では、北海道の区域内に存する区間、別表に掲げる区間を指定区間としている。また、上欄に掲げる路線名の一般国道と重複する道路の部分を有する一般国道の重複する区間も指定区間となる。指定区間 フレッシュアイペディアより)

  • 滝野すずらん丘陵公園

    滝野すずらん丘陵公園から見た北海道開発局北海道開発局

    一方、1975年、北海道開発局は「滝野大規模公園計画調査委員会」を設置し、北海道における国営公園の適地選定が開始していた。1976年に現公園区域が適地と決定され、青少年自然の村計画の一部は国営滝野すずらん丘陵公園計画に受け継がれることになった。1977年策定の「滝野大規模公園基本計画」では、公園の基本イメージを「緑(森林・草原)」「白(雪)」「水(滝・渓流・湖沼)」とし、北海道で初めて通年利用をめざし、冬季レクリェーション活動のモデルを想定した計画となっている。滝野すずらん丘陵公園 フレッシュアイペディアより)

132件中 11 - 20件表示

「国交省北海道開発局官製談合事件」のニューストピックワード