215件中 21 - 30件表示
  • 北海道道1086号増毛当別線

    北海道道1086号増毛当別線から見た北海道開発局北海道開発局

    沿線周辺の自治体からは1987年(昭和62年)より建設の要望があり、1988年度(昭和63年度)に開発道路(北海道開発局所管)に指定され、1989年(平成元年)1月12日には道道の認定を受けた。その後1993年度(平成5年度)に環境影響評価を実施した。動植物への影響を懸念する自然保護団体の声があったものの、特に問題はないとの答申を受けて1994年度(平成6年度)から用地買収を始め、1995年(平成7年)に増毛側から着工した。しかし、予定ルート付近でクマゲラの生育が確認され、調査や環境保全の問題があるとして、1997年(平成9年)より工事は休止した。北海道道1086号増毛当別線 フレッシュアイペディアより)

  • 東の沢ダム

    東の沢ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    東の沢発電所・東の沢ダムが完成したことにより1956年に着手された岩知志ダム・岩知志発電所(沙流川)以来続けられた日高電源一貫開発計画は、当初計画された11発電所・ダムが全て完成し大きな一区切りが付いた。その後は沙流川水系において小規模な水力発電所である奥沙流発電所や二風谷発電所が1990年代に建設され、現在は沙流川総合開発事業の一環として国土交通省北海道開発局が計画を進めている平取ダム(額平川)の平取発電所が建設準備中となっている。東の沢ダム フレッシュアイペディアより)

  • 卯原内ダム

    卯原内ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局が国営かんがい排水事業・網走川下流地区. の事業の1つとして建設し、網走市が管理する灌漑用のダムである。卯原内ダム フレッシュアイペディアより)

  • 緑ダム

    緑ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局が国営小清水地区畑地帯総合土地改良パイロット事業の事業の1つとして建設し、網走市が管理する灌漑用のダムである。緑ダム フレッシュアイペディアより)

  • 雄武ダム

    雄武ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    北海道開発局が国営かんがい排水事業雄武中央地区の事業の1つとして建設し、雄武町が管理するダムである。雄武ダム フレッシュアイペディアより)

  • 鹿ノ子ダム

    鹿ノ子ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局網走開発建設部が管理する特定多目的ダムで、オホーツク海に注ぐ河川に建設されたダムの中では唯一、治水機能を持った多目的ダムでもある。常呂川の治水と北見市など流域市町村への利水を目的に建設された高さ55.5mの重力式コンクリートダム。ダムによって出現した人造湖はおけと湖と呼ばれる。なお、地元の案内看板などを始めとして「鹿の子ダム」と表記される場合も多いが、正式には「鹿ノ子ダム」である。鹿ノ子ダム フレッシュアイペディアより)

  • 山王海ダム

    山王海ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    嵩上げは桂沢ダムと新桂沢ダム(石狩川水系幾春別川。国土交通省北海道開発局)や丸山ダムと新丸山ダム(木曽川本川。国土交通省中部地方整備局)と同様に旧ダムを取り込む形で行われ、ロックフィルダムとして建設された。ダム湖はかんがい専用ダムとしては貯水容量が全国一の規模となるが、滝名川だけでは十分に湛水させる事が出来ないため、葛丸ダムとの間に導水・取水トンネルを建設して貯水を融通することで効率的な水運用を図る。山王海ダム フレッシュアイペディアより)

  • 北海道野生動物研究所

    北海道野生動物研究所から見た北海道開発局北海道開発局

    本研究所は野生動物の生息地や生態を調査・研究し、野生動物と人との共存をより良い形で実現するための助言および提案を北海道開発局などの行政に行い、一般の人々に正しく野生動物を理解してもらうための活動を行っている。そして本研究所所長門崎允昭は著作物を通して野生動物の理解の手助けを行っている。また、人がヒグマに遭遇したときの対処方法をホームページ上で公開し、人とヒグマとの間に起こる事故防止に努めている。ヒグマに関する通説の誤解を解くための文書もホームページで公開している。北海道野生動物研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 石狩・空知地方

    石狩・空知地方から見た北海道開発局北海道開発局

    「石狩・空知地方」は北海道総合振興局設置条例により再編される以前の旧石狩支庁・空知支庁時代から幅広く使用されている地域区分であり、一例として国土交通省北海道開発局札幌開発建設部では業務範囲を「石狩・空知管内及び上川管内の一部」としている。石狩・空知地方 フレッシュアイペディアより)

  • 漁川ダム

    漁川ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局札幌開発建設部が管理する特定多目的ダム。堤高45.5メートルで中央部に粘土など水を通さない壁(遮水壁)を設ける「中央土質遮水壁型ロックフィルダム」という型式のダムである。治水を主目的に千歳川流域に建設された唯一の多目的ダムで、恵庭市・千歳市などの水がめでもある。ダムによって形成された人造湖はえにわ湖と呼ばれる。漁川ダム フレッシュアイペディアより)

215件中 21 - 30件表示