132件中 21 - 30件表示
  • 幌延町営軌道

    幌延町営軌道から見た北海道開発局北海道開発局

    町は運賃の改定、従事する町職員を4名にするなどの徹底的な経営合理化をすすめ、北海道開発局の援助を得ながら軌道、施設、車両の維持、改良に努めていたが、1968年以降、並行する道道の路盤改良と冬季の除雪が開始され、道道による旅客及び貨物の通年代替輸送の見込みが立ったことにより存在意義を失い、1971年に廃止された。幌延町営軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 福地ダム

    福地ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    以上の経緯から、福地ダムは管理主体こそ沖縄総合事務局となっているが法律上は沖縄振興特別措置法第10条を元に、河川法の特例として二級河川である福地川に特定多目的ダム法に基づき建設され国土交通省の管理する国土交通省直轄ダムとして現在に至る。複雑な形態であるがこれは沖縄県全体の開発を統括するのは沖縄開発庁であるものの、治水を主とする河川行政に限っては建設省・国土交通省の専管事項となっているためである。だが沖縄県については先に述べた事情もあって様々な施策を一体になって進める必要性があることから、沖縄総合事務局開発建設部が国土交通省の地方整備局の役割を担っている。このことから国直轄で管理・施工する沖縄県のダムについては特定多目的ダム法が適用され、河川行政を管掌する国土交通大臣が施工・管理者となるが、実際の管理は沖縄総合事務局が代行業務を行っている。同様の事例は北海道における北海道開発庁・北海道開発局でも同じ扱いであり、開発建設部の管理するダムは国土交通省直轄ダムとしての取り扱いを受ける。福地ダム フレッシュアイペディアより)

  • 土木研究所

    土木研究所から見た北海道開発局北海道開発局

    独立行政法人土木研究所(以下「研究所」という。)は、建設技術及び北海道開発局の所掌事務に関連するその他の技術のうち、土木に係るもの(以下「土木技術」という。)に関する調査、試験、研究及び開発並びに指導及び成果の普及等を行うことにより、土木技術の向上を図り、もって良質な社会資本の効率的な整備及び北海道の開発の推進に資すること(独立行政法人土木研究所法第3条)。この場合の「土木技術」は主として、河川・道路(つくば中央研究所が担当)、寒冷地(寒地土木研究所が担当)に関する調査・研究・技術開発を指している。土木研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道野生動物研究所

    北海道野生動物研究所から見た北海道開発局北海道開発局

    本研究所は野生動物の生息地や生態を調査・研究し、野生動物と人との共存をより良い形で実現するための助言および提案を北海道開発局などの行政に行い、一般の人々に正しく野生動物を理解してもらうための活動を行っている。そして本研究所所長門崎允昭は著作物を通して野生動物の理解の手助けを行っている。また、人がヒグマに遭遇したときの対処方法をホームページ上で公開し、人とヒグマとの間に起こる事故防止に努めている。ヒグマに関する通説の誤解を解くための文書もホームページで公開している。北海道野生動物研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌第1合同庁舎

    札幌第1合同庁舎から見た北海道開発局北海道開発局

    札幌第1合同庁舎(さっぽろだいいちごうどうちょうしゃ)は、北海道札幌市にある建築物。JR札幌駅北口付近にあり、北海道開発局や北海道財務局、国立印刷局の札幌政府刊行物サービスセンターなどが位置する国の行政施設である。鉄骨、一部は鉄骨鉄筋コンクリートが用いられている建物は環境に配慮した構造となっており、省エネルギーを意識している。地上18階建て、地下2階、駐車場ほか、広いエレベーターや公衆電話などの車いすを考慮したバリアフリー設計も見られる。所在地は北海道札幌市北区北8条西2丁目1番1号。札幌第1合同庁舎 フレッシュアイペディアより)

  • Spicy Friday

    Spicy Fridayから見た北海道開発局北海道開発局

    14:15 交通情報(提供:パチンコひまわり、北海道開発局小樽開発建設部)Spicy Friday フレッシュアイペディアより)

  • メルヘンの丘

    メルヘンの丘から見た北海道開発局北海道開発局

    国道39号の眺望場所は北海道開発局によりビューポイントパーキング(駐車場)が整備されている。駐車可にカメラを加えたイラストの道路標識が目印。メルヘンの丘 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道武蔵女子短期大学

    北海道武蔵女子短期大学から見た北海道開発局北海道開発局

    経済学科:三井物産林業・ハウス食品・コクヨ・北海道旅客鉄道・フジカラー・紀伊國屋書店・札幌通運・岩谷産業・みずほコーポレート銀行・エフエム北海道などの一般企業や釧路市役所・北海道開発局などの官公庁への就職者もいる。北海道武蔵女子短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道道111号静内中札内線

    北海道道111号静内中札内線から見た北海道開発局北海道開発局

    21.3kmの未開通区間があり、両町村の境界に掘削予定の静中トンネル(延長4,782m)を含む7.4kmは未着工となっていたが、1984年の着工から2003年の19年の歳月に約540億円の建設費が費やされたにもかかわらず、さらに40年近い工期と約980億円の資金が必要であったため、2003年(平成15年)8月8日に北海道開発局より計画の凍結(実質中止)が発表された。北海道道111号静内中札内線 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌新道

    札幌新道から見た北海道開発局北海道開発局

    1960年(昭和35年)代頃から札幌の自動車交通は飛躍的に伸び、交通の混雑の抜本的な対策が望まれるようになった。こうした情勢に対して、北海道開発局や札幌市が発足した「札幌都市計画連絡幹事会」などによって札幌市の都市活動を円滑に行うためには都心より出る放射状幹線道路と、それを都心周辺で連結する北回りバイパス、すなわち札幌新道の設定が必要であるという結論に至った。これらの構想は1965年(昭和40年)に「1バイパス1環状5大放射道路」整備計画としてまとめられ、札幌新道はその中の1バイパスとして位置づけられた。札幌新道 フレッシュアイペディアより)

132件中 21 - 30件表示

「国交省北海道開発局官製談合事件」のニューストピックワード