132件中 31 - 40件表示
  • 岩内大火

    岩内大火から見た北海道開発局北海道開発局

    北海道開発局岩内港修築事務所岩内大火 フレッシュアイペディアより)

  • 三弦橋

    三弦橋から見た北海道開発局北海道開発局

    1962年(昭和37年)完成の大夕張ダム建設により、それまでの下夕張森林鉄道線夕張岳線の一部が水没することとなり、その移設補償工事として北海道開発局により建設され、1958年(昭和33年)に完成した単線鉄道橋(軌間762mm)である。夕張岳線ではこの補償工事で第一号橋梁から第六号橋梁までの6つの橋梁が架設されたが、第一号橋梁である三弦橋はシューパロ湖の湖尻を横断するため、その中で最大規模のものである。三弦橋 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国家公務員労働組合連合会

    日本国家公務員労働組合連合会から見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省関係機関(旧建設省、運輸省、国土庁)の労働組合。北海道開発局を除いた国交省全体とその所管独法に組織をおく。前身は、全運輸労働組合(全運輸)、国土交通省全建設労働組合(全建労)、全気象労働組合(全気象)、全運輸港湾建設労働組合(全港建)、海員学校職員組合(全海員)、海技大学校職員組合(海技大労組)の旧6単組の共闘組織「国土交通省労働組合共闘会議」である。共闘会議が2011年9月11日に結成大会を開き、旧6単組を再編・統合して発足した。結成当初の組合員数は公称で約1万7000人と、国公労連では全労働と同等、全医労につぐ規模となった。なお、旧共闘会議構成組織のうち、全国公労連に加盟していた4組合の詳細はを参照。日本国家公務員労働組合連合会 フレッシュアイペディアより)

  • 国道230号

    国道230号から見た北海道開発局北海道開発局

    有珠山噴火によって洞爺湖町洞爺湖温泉?洞爺湖町泉の間が不通になったため、道路管理者である北海道開発局は、迂回ルートとして虻田郡洞爺村(現・洞爺湖町)香川?虻田郡豊浦町東雲町を結ぶ北海道道285号豊浦洞爺線・北海道道97号豊浦京極線の該当区間を2000年4月26日から国道230号に組み入れて対処した。これは新ルート開通までの応急的措置であり、2007年3月28日の新ルート開通後、4月2日に国道の指定は解除された。また、新ルートの交点から洞爺湖温泉街に至る区間は北海道道2号洞爺湖登別線に変更されている。国道230号 フレッシュアイペディアより)

  • 本庄川

    本庄川から見た北海道開発局北海道開発局

    事業者・・・ダムを管理、施工する事業者。ただし北海道開発局と内閣府沖縄総合事務局が管理する多目的ダムについては、その事業を所管する主務省庁(開発建設部:国土交通省、農業水産部:農林水産省)で記す。本庄川 フレッシュアイペディアより)

  • 金山ダム

    金山ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局石狩川開発建設部が管理する特定多目的ダムで、空知川の治水と滝川市・富良野地域への水源確保及び電力供給を目的に建設された。北海道内のダム型式としては唯一となる中空重力式コンクリートダムで、高さは57.3メートルである。金山ダム フレッシュアイペディアより)

  • 雨竜第一ダム

    雨竜第一ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    雨竜川には下流に北海道開発局農業水産部(農林水産省)と北海道企業局が共同管理する鷹泊ダム(重力式コンクリートダム。37.0メートル)が1953年(昭和28年)に完成している。かんがいと発電を目的としており北海道企業局が管理する鷹泊発電所は認可出力5,700キロワットである。北海道内の水力発電開発は雨竜川の事業を経てこの後石狩川上流・十勝川や「日高一貫電源開発計画」による新冠川・静内川の大規模水力発電開発に発展して行く。雨竜第一ダム フレッシュアイペディアより)

  • 大夕張ダム

    大夕張ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    夕張川沿岸農地のかんがいを目的に北海道開発局によって建設された農業用ダムで、農林水産省が管理している堤高67.5メートルの重力式コンクリートダムである。1991年(平成3年)から建設省(現在の国土交通省)によって多目的ダムである夕張シューパロダム(ゆうばりしゅーぱろダム)の建設が進められており(後述)、2013年(平成25年)に完成すると完全に水没して姿を消す。ダムによって出現した人造湖はシューパロ湖と呼ばれる。大夕張ダム フレッシュアイペディアより)

  • 当別ダム

    当別ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    当別川には1962年(昭和37年)、農林省(現・北海道開発局農業水産部)によって上流の当別町青山地先に青山ダム(35.5メートル。アースダム)が建設されていた。だが、治水に関しては整備が立ち遅れており、洪水による被害を受けていた。また、札幌市や小樽市の人口増加に伴う水需要の増大に対応するため、1980年(昭和55年)北海道によって計画された。当別ダム フレッシュアイペディアより)

  • 奥新冠ダム

    奥新冠ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    北海道においてもそれは例外ではなく、北海道開発庁・北海道開発局の発足と共に北海道総合開発計画がスタート。北海道を日本の生産基地とするための開発計画が立案された。計画を軌道に乗せるためにはインフラストラクチャーである電力の供給が不可欠だが、当時の北海道は雨竜発電所(雨竜川)のほかは小規模または王子製紙など民間所有の水力発電所しかなく、本州に比べ電力開発は遅れていた。加えて苫小牧市や室蘭市など胆振支庁沿岸部の工業地帯では生産が増加、連動して電力需要も増大していた。このため只見川などで行われている大規模電力開発計画を北海道でも行う必要性が高まった。北海道電力は十勝川水系の電力開発計画・十勝糠平系電源一貫開発計画に着手していたが資金面の問題で事業を電源開発へ移管させており、十勝糠平に代わる新たな事業を発案しなければならなかった。そこで着目されたのが日高山脈を水源とする新冠川・静内川・沙流川・鵡川であり、この四水系を利用した大規模電力開発計画が1952年(昭和27年)より調査開始された。日高電源一貫開発計画である。奥新冠ダム フレッシュアイペディアより)

132件中 31 - 40件表示

「国交省北海道開発局官製談合事件」のニューストピックワード