215件中 41 - 50件表示
  • 当別ダム

    当別ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    当別川には1962年(昭和37年)、農林省(現・北海道開発局農業水産部)によって上流の当別町青山奥三番川に、先に青山ダム(35.5メートル。アースダム)が建設されていた。だが、治水に関しては整備が立ち遅れており、洪水による被害を受けていた。また、札幌市や小樽市の人口増加に伴う水需要の増大に対応するため、1980年(昭和55年)北海道によって計画された。当別ダム フレッシュアイペディアより)

  • 御所ダム

    御所ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    型式は1941年当初は堤高32.5mの重力式コンクリートダムとして計画されていたが、その後幾多の改定を経て最終的には重力式コンクリートダムとロックフィルダムの複合型ダムとして計画された。この様な複合型ダムをコンバインダムと呼び、コンバインダムの建設事例としては竜門ダム(菊池川水系迫間川・国土交通省九州地方整備局)、忠別ダム(石狩川水系忠別川・国土交通省北海道開発局)、美利河ダム(後志利別川水系後志利別川・国土交通省北海道開発局)等がある。御所ダム フレッシュアイペディアより)

  • 北海道道225号小樽石狩線

    北海道道225号小樽石狩線から見た北海道開発局北海道開発局

    途中、札幌市内を経由するが、全区間、国道337号と重複している(同区間は北海道開発局管理)。北海道道225号小樽石狩線 フレッシュアイペディアより)

  • 石狩渡舟

    石狩渡舟から見た北海道開発局北海道開発局

    1955年:国営渡船場に指定され、北海道開発局運営となる。石狩渡舟 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道道206号下川風連線

    北海道道206号下川風連線から見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局旭川開発建設部サンルダム建設事業所=西町北海道道206号下川風連線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道道943号北見環状線

    北海道道943号北見環状線から見た北海道開発局北海道開発局

    北海道開発局網走開発建設部北見道路事務所=西三輪5丁目9-1北海道道943号北見環状線 フレッシュアイペディアより)

  • 砂川敏文

    砂川敏文から見た北海道開発局北海道開発局

    1970年農林水産省農地局入省。その後、北海道開発局と北海道開発庁を交互に渡り歩き、北海道開発庁大臣秘書官、北海道開発局帯広開発建設部次長、北海道開発庁考査主幹等を歴任し、1997年北海道開発局官房調整官を最後に退官。その後、1998年4月の帯広市長選挙に出馬し当選。以後連続3期当選。砂川敏文 フレッシュアイペディアより)

  • ヤミ専従

    ヤミ専従から見た北海道開発局北海道開発局

    かつては、賃金を国や自治体から受け取りながら、専ら組合活動に従事する職員のみが問題になっていたが、今では、通常業務を行うときに組合用務を行うこと全般がヤミ専従とみなされる傾向がある。2010年3月に処分が発表された北海道開発局でのヤミ専従に関わる処分では、短時間の組合用務や予備交渉にまでヤミ専従の定義に含まれ処分が行われている。ヤミ専従 フレッシュアイペディアより)

  • 歌登町営軌道

    歌登町営軌道から見た北海道開発局北海道開発局

    戦後、歌登村(1962年(昭和37年)1月以降は歌登町)に経営が委託される。1956年(昭和31年)には、鶴居村営軌道とともに簡易軌道では初の北海道開発局による自走客車の導入が行われた。しかしその後路線は順次縮小し、1971年(昭和46年)には当時建設中であった美幸線とルートの一部が重複することから、軌道を撤去して建設用地に充てるよう日本鉄道建設公団より求められたことで全廃に踏み切った。輸送はバスやトラックなどに置き換えられたが、結局、美幸線自体も未成線で終わっている。歌登町営軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 幌延町営軌道

    幌延町営軌道から見た北海道開発局北海道開発局

    町は運賃の改定、従事する町職員を4名にするなどの徹底的な経営合理化をすすめ、北海道開発局の援助を得ながら軌道、施設、車両の維持、改良に努めていたが、1968年以降、並行する道道の路盤改良と冬季の除雪が開始され、道道による旅客及び貨物の通年代替輸送の見込みが立ったことにより存在意義を失い、1971年に廃止された。幌延町営軌道 フレッシュアイペディアより)

215件中 41 - 50件表示