132件中 41 - 50件表示
  • 新冠ダム

    新冠ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    水力発電に適する河川は反面「暴れ川」として流域に水害を及ぼしやすい。実際新冠川は1955年と1956年の二年連続で大水害をひき起こし、新冠町は一面水没という被害を受けている。これは沙流川や鵡川、静内川でも同様であり、流域町村は電源開発の促進もさることながら治水対策の充実、すなわち多目的ダムの建設を要望していた。当時は新河川法の改訂前で一級河川・二級河川の分類が無く、北海道開発局が治水を主に担当していた。被災自治体の要望もあって、開発局は胆振・日高の主要河川にも多目的ダムを建設する計画を構想した。新冠ダム フレッシュアイペディアより)

  • 奥沢ダム

    奥沢ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    その後も北海道や北海道開発局からの支援も受け、大雨への警戒態勢を確保しポンプによる排水を継続してきたが、春の融雪期には大量の雪解け水が流入するため、ポンプによる排水が不可能になることから、ダム湖に流入する二股沢川の水を直接勝納川に流下させる対策が必要となった。このため、2012年(平成24年)3月、堤体中央部を掘削撤去し排水路を設置する工事が実施された。奥沢ダム フレッシュアイペディアより)

  • 東の沢ダム

    東の沢ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    東の沢発電所・東の沢ダムが完成したことにより1956年に着手された岩知志ダム・岩知志発電所(沙流川)以来続けられた日高電源一貫開発計画は、当初計画された11発電所・ダムが全て完成し大きな一区切りが付いた。その後は沙流川水系において小規模な水力発電所である奥沙流発電所や二風谷発電所が1990年代に建設され、現在は沙流川総合開発事業の一環として国土交通省北海道開発局が計画を進めている平取ダム(額平川)の平取発電所が建設準備中となっている。東の沢ダム フレッシュアイペディアより)

  • 高見ダム

    高見ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    1952年より進められた日高電源一貫開発計画は日高地方を流れる静内川を始め新冠川、沙流川、鵡川の四水系に大小11箇所のダムと水力発電所を建設し、それらをトンネルで結んで効率的な水利用を図り、合計で67万キロワットの電力を北海道一円に送電するという壮大な計画であり、同時期に計画・施工されていた只見特定地域総合開発計画による只見川・阿賀野川電源開発、天竜奥三河特定地域総合開発計画に基づく天竜川電源開発、吉野熊野特定地域総合開発計画に拠る熊野川電源開発計画などに匹敵する北海道電力の社運を賭けた一大プロジェクトであった。この計画において大容量貯水池を擁する中核水力発電所として新冠川の新冠ダム・新冠発電所と共に計画されたのが高見ダムおよび高見発電所である。しかし計画の全体的な流れが形成されるに従い、鵡川や沙流川の中小規模水力発電所を先に建設する方針を採ったこと、また北海道開発局や北海道による河川総合開発事業との兼ね合いもあって、計画当初から立案されていた高見ダムは後回しとされた。高見ダム フレッシュアイペディアより)

  • 北海道道225号小樽石狩線

    北海道道225号小樽石狩線から見た北海道開発局北海道開発局

    北海道道225号小樽石狩線(ほっかいどうどう225ごう おたるいしかりせん)は、北海道小樽市と石狩市を結ぶ一般道道である。途中、札幌市内を経由するが、全区間国道337号と重用している(同区間は北海道開発局管理)。起点付近は国道337号の、終点付近は国道231号の旧ルートを走る。北海道道225号小樽石狩線 フレッシュアイペディアより)

  • 妹尾優二

    妹尾優二から見た北海道開発局北海道開発局

    妹尾優二(せお ゆうじ、1951年 - )は、日本の多自然川づくりの専門家。建設コンサルタント。株式会社エコテック取締役会長。北海道赤井川村生まれ。北海道開発局環境に係る情報協議会委員、北海道政策評価委員会委員、天塩川魚類生息環境保全に関する専門家会議委員、NPO法人全国水環境交流会理事ほか。妹尾優二 フレッシュアイペディアより)

  • スマイルセーフティプロジェクト

    スマイルセーフティプロジェクトから見た北海道開発局北海道開発局

    後援:札幌市、北海道、札幌市教育委員会、北海道教育委員会、北海道警察本部、財団法人北海道交通安全協会、社団法人北海道交通安全推進委員会、社団法人北海道安全運転管理者協会、国土交通省北海道開発局、NEXCO東日本スマイルセーフティプロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • 日産ディーゼル・クオン

    日産ディーゼル・クオンから見た北海道開発局北海道開発局

    ファイル:MLIT-HDA Snowplow Car.jpg|CZ除雪車北海道開発局仕様日産ディーゼル・クオン フレッシュアイペディアより)

  • 林正道

    林正道から見た北海道開発局北海道開発局

    1948年(昭和23年)に北海道大学工学部土木工学科を卒業し、北海道庁網走土木現業所に入所。1951年(昭和26年)北海道開発局土木試験所に移る。1970年(昭和45年)同所所長。1975年(昭和50年)北海道開発局退官。日本セメント顧問。1977年(昭和52年)北見工業大学工学部教授。1984年(昭和59年)北見工業大学4代学長に就任。1990年(平成2年)北見工業大学退官。道都大学美術学部教授。1993年(平成5年)道都大学3代学長に就任。1997年(平成9年)道都大学退職。林正道 フレッシュアイペディアより)

  • 小川譲二

    小川譲二から見た北海道開発局北海道開発局

    小川 譲二(おがわ じょうじ、1904年 - 1974年)は、技官官僚・工学者。北海道大学出身初の北海道開発局局長。学校法人北海学園理事長。また、北海道における治水事業の第一人者小川譲二 フレッシュアイペディアより)

132件中 41 - 50件表示

「国交省北海道開発局官製談合事件」のニューストピックワード