215件中 51 - 60件表示
  • ナウファス

    ナウファスから見た北海道開発局北海道開発局

    全国港湾海洋波浪情報網は、国土交通省港湾局、各地方整備局、北海道開発局、沖縄総合事務局、国土技術政策総合研究所および独立行政法人港湾空港技術研究所の相互協力のもとに施設の構築や運営が行われている、沿岸部の波浪情報網。2003年12月現在において、54観測地点(波高・周期54地点、波向42地点)で観測された全国沿岸の波浪情報(有義波実況・周期帯波浪実況・潮位実況・毎分沖平均水面)は、リアルタイムで港湾空港技術研究所に収集されているが、各地の観測所は波浪の影響で機器の損傷などで欠測地点がある。ナウファス フレッシュアイペディアより)

  • 豊浜トンネル

    豊浜トンネルから見た北海道開発局北海道開発局

    1991年と1994年にも現場付近で小規模な崩落が起きており、安全対策を怠ったとして北海道開発局の元幹部2名が書類送検されたが、不起訴処分となっている。遺族の一部は責任を追及しようと、道路管理者である国を相手取り民事訴訟を起こしたが、判決では賠償金の支払いは命じたものの、責任については明確にされなかった。豊浜トンネル フレッシュアイペディアより)

  • 鶴居村営軌道

    鶴居村営軌道から見た北海道開発局北海道開発局

    1953年(昭和28年) 北海道開発局による軌道改良工事鶴居村営軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 奥沢ダム

    奥沢ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    その後も北海道や北海道開発局からの支援も受け、大雨への警戒態勢を確保しポンプによる排水を継続してきたが、春の融雪期には大量の雪解け水が流入するため、ポンプによる排水が不可能になることから、ダム湖に流入する二股沢川の水を直接勝納川に流下させる対策が必要となった。このため、2012年(平成24年)3月、堤体中央部を掘削撤去し排水路を設置する工事が実施された。奥沢ダム フレッシュアイペディアより)

  • 大夕張ダム

    大夕張ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    夕張川沿岸農地のかんがいを目的に北海道開発局によって建設された農業用ダムで、農林水産省管理の堤高67.5メートルの重力式コンクリートダムであった。直下流に竣工した夕張シューパロダムの貯砂ダムとして機能させるために、2015年(平成27年)3月の夕張シューパロダムの湛水によってシューパロ湖に水没した。大夕張ダム フレッシュアイペディアより)

  • 平成26年台風第12号

    平成26年台風第12号から見た北海道開発局北海道開発局

    8月6日、北海道開発局より、被災状況把握のため、緊急災害対策派遣隊(TEC-FORCE)を名寄市へ5名、美深町へ5名を派遣平成26年台風第12号 フレッシュアイペディアより)

  • 深川西インターチェンジ

    深川西インターチェンジから見た北海道開発局北海道開発局

    深川西ICまでは東日本高速道路(NEXCO 東日本)の管轄区間(有料)であり、深川西IC以西は国土交通省北海道開発局の管轄区間(無料)となる。札幌・旭川方面から走行してきた場合、深川西本線料金所で深川西ICまでの通行料もまとめて支払う。留萌方面から走行してきた場合は無料区間の最終出口となり、深川JCT(道央自動車道)を利用する際には深川西本線料金所で通行券授受またはETC流入情報入力を行い、出口ICでまとめて通行料を支払う。深川西インターチェンジ フレッシュアイペディアより)

  • 沼ノ端西インターチェンジ

    沼ノ端西インターチェンジから見た北海道開発局北海道開発局

    道央自動車道方面のみ利用可能となっている。苫小牧東ICでは一般道路に降りられないため、注意が必要である。また、沼ノ端西ICまでが東日本高速道路(NEXCO 東日本)の管轄区間(有料)であり、ICを利用・通過する際の通行料を苫小牧東本線料金所で支払う。沼ノ端西IC以東は国土交通省北海道開発局の管轄区間(無料)となる。沼ノ端西インターチェンジ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道道136号夕張新得線

    北海道道136号夕張新得線から見た北海道開発局北海道開発局

    札幌開発建設部大夕張ダム管理所=南部東町20北海道道136号夕張新得線 フレッシュアイペディアより)

  • うちのホンカン

    うちのホンカンから見た北海道開発局北海道開発局

    木谷(北海道開発局除雪センター職員):桝田徳寿(第5作)うちのホンカン フレッシュアイペディアより)

215件中 51 - 60件表示