132件中 51 - 60件表示
  • 監察官

    監察官から見た北海道開発局北海道開発局

    北海道開発局開発監理部(北海道開発局組織規則)監察官 フレッシュアイペディアより)

  • 御所ダム

    御所ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    型式は1941年当初は堤高32.5mの重力式コンクリートダムとして計画されていたが、その後幾多の改定を経て最終的には重力式コンクリートダムとロックフィルダムの複合型ダムとして計画された。この様な複合型ダムをコンバインダムと呼び、コンバインダムの建設事例としては竜門ダム(菊池川水系迫間川・国土交通省九州地方整備局)、忠別ダム(石狩川水系忠別川・国土交通省北海道開発局)、美利河ダム(後志利別川水系後志利別川・国土交通省北海道開発局)等がある。御所ダム フレッシュアイペディアより)

  • ランブルストリップス

    ランブルストリップスから見た北海道開発局北海道開発局

    2002年(平成14年)7月、独立行政法人北海道開発土木研究所(現・独立行政法人土木研究所寒地土木研究所)と国土交通省北海道開発局が、山越郡(現・二海郡)八雲町内の国道5号の直線区間約700mのセンターライン上に、正面衝突防止対策としてランブルストリップスを試験的に施工した。高い効果が認められたため、北海道内では2006年(平成18年)3月現在で31路線約402kmの区間に拡大して本格的に施工されている。現在は東北、北信越などの積雪地域を中心に全国にも急速に普及している。また、センターラインだけではなく、路肩など他の区画線にも応用が広がっている。ランブルストリップス フレッシュアイペディアより)

  • 鹿ノ子ダム

    鹿ノ子ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局網走開発建設部が管理する特定多目的ダムで、オホーツク海に注ぐ河川に建設されたダムの中では唯一、治水機能を持った多目的ダムでもある。常呂川の治水と北見市など流域市町村への利水を目的に建設された高さ55.5mの重力式コンクリートダム。ダムによって出現した人造湖はおけと湖と呼ばれる。なお、地元の案内看板などを始めとして「鹿の子ダム」と表記される場合も多いが、正式には「鹿ノ子ダム」である。鹿ノ子ダム フレッシュアイペディアより)

  • 漁川ダム

    漁川ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局札幌開発建設部が管理する特定多目的ダム。堤高45.5メートルで中央部に粘土など水を通さない壁(遮水壁)を設ける「中央土質遮水壁型ロックフィルダム」という型式のダムである。治水を主目的に千歳川流域に建設された唯一の多目的ダムで、恵庭市・千歳市などの水がめでもある。ダムによって形成された人造湖はえにわ湖と呼ばれる。漁川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 定山渓ダム

    定山渓ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局札幌開発建設部が管理する特定多目的ダムで、北海道内では高見ダム(静内川)に次いで高い、堤高117.5メートルの重力式コンクリートダムである。豊平川本川の豊平峡ダムと共に札幌市の水がめとして札幌市民の生活を支えている。ダムによって出現した人造湖はさっぽろ湖と呼ばれ、支笏洞爺国立公園に指定されている。定山渓ダム フレッシュアイペディアより)

  • 幌加駅

    幌加駅から見た北海道開発局北海道開発局

    北海道開発局帯広開発建設部幌加除雪ステーション幌加駅 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道道943号北見環状線

    北海道道943号北見環状線から見た北海道開発局北海道開発局

    北海道開発局網走開発建設部北見道路事務所=西三輪5丁目9番地1北海道道943号北見環状線 フレッシュアイペディアより)

  • 西町 (下川町)

    西町 (下川町)から見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局旭川開発建設部サンルダム建設事業所西町 (下川町) フレッシュアイペディアより)

  • 砂川敏文

    砂川敏文から見た北海道開発局北海道開発局

    1970年農林水産省農地局入省。その後、北海道開発局と北海道開発庁を交互に渡り歩き、北海道開発庁大臣秘書官、北海道開発局帯広開発建設部次長、北海道開発庁考査主幹等を歴任し、1997年北海道開発局官房調整官を最後に退官。その後、1998年4月の帯広市長選挙に出馬し当選。以後連続3期当選。砂川敏文 フレッシュアイペディアより)

132件中 51 - 60件表示

「国交省北海道開発局官製談合事件」のニューストピックワード