215件中 61 - 70件表示
  • 二風谷ダム

    二風谷ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局室蘭開発建設部が管理する特定多目的ダムである。型式は重力式コンクリートダム、高さは32.0m。沙流川の治水と日高地域への利水を目的に建設されたが、建設に際し水没予定地に住むアイヌ民族との軋轢がダム建設差し止め訴訟にまで発展、アイヌ民族の先住性を問う契機となったダム事業として知られている。ダム湖は二風谷湖(にぶたにこ)と呼ばれる。二風谷ダム フレッシュアイペディアより)

  • 忠別ダム

    忠別ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局旭川開発建設部が管理している特定多目的ダムで、ダムの型式は重力式コンクリートダムとロックフィルダムの複合、いわゆるコンバインダムである。コンバインダムとしては熊本県にある竜門ダム(菊池川水系迫間川。国土交通省九州地方整備局)に次ぐ高さ、86.0メートルである。ダム湖の名称は一般からの応募によって決められ、最多得票で「忠別湖」に決定した。忠別ダム フレッシュアイペディアより)

  • 古梅ダム

    古梅ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局が国営畑地帯総合土地改良パイロット事業美幌町の事業の1つとして建設し、オホーツク東部広域農業水利管理協議会(構成自治体:美幌町、大空町)が管理する灌漑用のダムである。古梅ダム フレッシュアイペディアより)

  • 岩尾内ダム

    岩尾内ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局が管理する国土交通省直轄ダムで、高さ58メートルの重力式コンクリートダム。日本第4位の長さを有する大河・天塩川水系最大のダムで、北海道総合開発計画に基づく天塩川上流総合開発事業の一環として天塩川の治水、天塩川流域農地への灌漑、士別市への水道供給および北海道企業局による水力発電を目的とした、特定多目的ダム法に基づく特定多目的ダムである。ダムによって形成された人造湖は、岩尾内湖と命名された。岩尾内ダム フレッシュアイペディアより)

  • 浦幌インターチェンジ

    浦幌インターチェンジから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局の管轄区間となる本別ICまでは無料となっている。浦幌インターチェンジ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道開発局談合事件

    北海道開発局談合事件から見た北海道開発局北海道開発局

    北海道開発局談合事件(ほっかいどうかいはつきょくだんごうじけん)とは国土交通省北海道開発局を巡る官製談合事件。北海道開発局談合事件 フレッシュアイペディアより)

  • 金山ダム

    金山ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局札幌開発建設部が管理する特定多目的ダムで、空知川の治水と滝川市・富良野地域への水源確保及び電力供給を目的に建設された。北海道内のダム型式としては唯一となる中空重力式コンクリートダムで、高さは57.3メートルである。金山ダム フレッシュアイペディアより)

  • 北海道通信社

    北海道通信社から見た北海道開発局北海道開発局

    2000年ころまでは北海道開発局や北海道庁などの官公庁の発注部署では多く購読されていた。しかし、購読部数の改定が行われ激減した。月額32400円の購読料は、国内日刊紙で最も高額。ライバル紙である北海道建設新聞には購読部数などで大きく差をつけられてしまっている。北海道通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 農林水産省直轄ダム

    農林水産省直轄ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    農林水産省直轄ダム(のうりんすいさんしょうちょっかつダム)は、農林水産省が土地改良法に基づく国営土地改良事業・国営かんがい排水事業の根幹事業として、農地灌漑を主目的に建設または管理を行うダムのことである。東北・関東・北陸・東海・近畿・中国四国・九州の各地方農政局および北海道開発局農業水産部、沖縄総合事務局農業水産部が実際の施工と管理を行っている。農林水産省直轄ダム フレッシュアイペディアより)

  • 釧路川

    釧路川から見た北海道開発局北海道開発局

    釧路川は釧路港に大量の土砂を運び込み、たびたび洪水も起こしていたため、1931年に岩保木水門から分水路を開削し、これを「新釧路川」とした。1967年に一級河川の指定を受けた際分水路を幹川と認定したため、北海道開発局が管理することとなった分水路を「釧路川(新水路部)」とし、引き続き北海道の管理下に置かれたかつての下流部を「旧釧路川」とする名称変更を行った。しかし釧路市民は慣れ親しんだ釧路川に「旧」の烙印を押されることに不満を抱き、長年に渡って名称復帰を訴え、その結果2001年4月5日に国土交通大臣の告示により、それぞれ「新釧路川」「釧路川」の名称に戻された。幹川は引き続き「新釧路川」である。釧路川 フレッシュアイペディアより)

215件中 61 - 70件表示