215件中 81 - 90件表示
  • 奥新冠ダム

    奥新冠ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    北海道においてもそれは例外ではなく、北海道開発庁・北海道開発局の発足と共に北海道総合開発計画がスタート。北海道を日本の生産基地とするための開発計画が立案された。計画を軌道に乗せるためにはインフラである電力の供給が不可欠だが、当時の北海道は雨竜発電所(雨竜川)のほかは小規模または王子製紙など民間所有の水力発電所しかなく、本州に比べ電力開発は遅れていた。加えて苫小牧市や室蘭市など胆振支庁沿岸部の工業地帯では生産が増加、連動して電力需要も増大していた。このため只見川などで行われている大規模電力開発計画を北海道でも行う必要性が高まった。北海道電力は十勝川水系の電力開発計画・十勝糠平系電源一貫開発計画に着手していたが資金面の問題で事業を電源開発へ移管させており、十勝糠平に代わる新たな事業を発案しなければならなかった。そこで着目されたのが日高山脈を水源とする新冠川・静内川・沙流川・鵡川であり、この四水系を利用した大規模電力開発計画が1952年(昭和27年)より調査開始された。日高電源一貫開発計画である。奥新冠ダム フレッシュアイペディアより)

  • 水明公園

    水明公園から見た北海道開発局北海道開発局

    北海道開発局・岩見沢地方合同庁舎=岩見沢市日の出北2丁目1-5水明公園 フレッシュアイペディアより)

  • 国道278号

    国道278号から見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省 北海道開発局 函館開発建設部国道278号 フレッシュアイペディアより)

  • 比布ジャンクション

    比布ジャンクションから見た北海道開発局北海道開発局

    旭川紋別自動車道は国土交通省北海道開発局の管轄区間となる。比布ジャンクション フレッシュアイペディアより)

  • 滝野すずらん丘陵公園

    滝野すずらん丘陵公園から見た北海道開発局北海道開発局

    公園がある滝野は、1879年(明治12年)に開拓使が札幌本府建設に伴う木材を求めるためにアシリベツ山器械場(厚別水車器械所)を設置したのが歴史のはじまりである。器械場をとりまく人の出入りが多くて賑わっていたが、1890年(明治23年)頃に閉鎖となり部落は無人となる。1900年(明治33年)に豊平開拓功労者の阿部仁太郎が貸下げを受けると農地への開墾を目的とした開拓が始まる。しかし、冷害が多く交通の不便な地での開拓は困難を極め、移ってきた人々が再び離れてしまうことも多かった。戦後の1953年(昭和28年)になると、滝野周辺の土地がアメリカ軍演習場として接収された。1960年(昭和35年)、演習場跡地に農地を共同所有し収入を出資者の間で配当する「パイロットファーム」を開設、事務所や畜舎を置いて養豚や果樹を主体とする営農に努めたが、事業は不振を極め1960年代後半に解散となる。1971年(昭和46年)に札幌市は350ヘクタールの山野を取得、廃校となった滝野小学校校舎を活用した野外学習施設(札幌市滝野自然学園)を開設。1972年(昭和47年)には「札幌市青少年自然の村基本計画」を策定し、青少年の家、キャンプ場5カ所、ロッジ10棟などを計画、1976年(昭和51年)までにキャンプ場とロッジ5棟が完成して「ドンガバチョ村」と名づけられ、翌年以降「ドンガバ町」から「ドンガバ共和国」となるなど滝野は自然体験活動・レクリエーションエリアへと転換した。一方、同時期に北海道開発局は北海道における国営公園の適地選定を開始しており、1976年(昭和51年)に札幌市とともに「滝野大規模公園基本構想」を策定し、翌年に都市計画決定。これにより「札幌市青少年自然の村基本計画」は「滝野公園都市計画」へと発展した。滝野すずらん丘陵公園 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄西 (札幌市北区)

    鉄西 (札幌市北区)から見た北海道開発局北海道開発局

    札幌法務局、北海道総合通信局、北海道財務局、北海道厚生局、北海道労働局、北海道経済産業局、北海道開発局、北海道地方環境事務所などが入る。鉄西 (札幌市北区) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の政治

    2010年の政治から見た北海道開発局北海道開発局

    最高裁判所が北海道開発庁(現・国土交通省北海道開発局)受注の公共工事を巡る受託収賄罪等4つの罪に問われていた鈴木宗男衆議院外務委員長(新党大地・比例北海道ブロック)の上告を棄却、その後異議申し立てをおこなったが、15日に却下されたため、懲役2年の実刑判決・有罪が確定これにより議員失職、5年間の公民権停止が確定した。失職に伴い、既に離党していた比例第二位の八代英太を飛び越え比例3位の浅野貴博が繰り上げ当選した。2010年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 三弦橋

    三弦橋から見た北海道開発局北海道開発局

    1962年(昭和37年)完成の大夕張ダム建設により、それまでの下夕張森林鉄道線夕張岳線の一部が水没することとなり、その移設補償工事として北海道開発局により建設され、1958年(昭和33年)に完成した単線鉄道橋(軌間762 mm)である。夕張岳線ではこの補償工事で第一号橋梁から第六号橋梁までの6つの橋梁が架設されたが、第一号橋梁である三弦橋はシューパロ湖の湖尻を横断するため、その中で最大規模のものである。三弦橋 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道国際流通機構

    北海道国際流通機構から見た北海道開発局北海道開発局

    一般社団法人 北海道国際流通機構 (ほっかいどうこくさいりゅうつうきこう、Hokkaido International Distribution Organization、略称:HIDO)は、北海道札幌市に本部を置き、北海道産品を海外に輸出するためのサポートを行う法人。元北海道開発局 HOP推進協議会 北海道国際輸送プラットホーム(Hokkaido export Platform、略称:HOP)。北海道国際流通機構 フレッシュアイペディアより)

  • 滝里ダム

    滝里ダムから見た北海道開発局北海道開発局

    国土交通省北海道開発局札幌開発建設部が管理する特定多目的ダムで、堤高50メートルの重力式コンクリートダムである。1981年(昭和56年)の石狩川大水害を機に、空知川・石狩川中下流部の治水と空知地域への利水を目的に建設された。空知川本流に建設されたダムとしては最も新しい。ダム湖は滝里湖(たきさとこ)と呼ばれる。滝里ダム フレッシュアイペディアより)

215件中 81 - 90件表示