国会議員の秘書 ニュース&Wiki etc.

公設秘書(こうせつひしょ)とは、個人給与を国費で負担する国会議員の秘書(身分は国家公務員特別職)のことで、政策担当秘書(1994年?)、公設第一秘書(1947年?)、公設第二秘書(1963年?)の3人を置くことが国会法で認められている。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「公設秘書」のつながり調べ

  • 有村治子

    有村治子から見た公設秘書

    父・有村國宏は、長年にわたり滋賀県議会議員を務め、滋賀県議会議長にも就任した政治家である。母・章子は藤居本家6代目当主、藤居静子の長女で、建築士。また、兄・有村國俊も、近江八幡市議会議員を経て、現在は滋賀県議会議員を務めるなど、政治家として活動している。弟・有村國知は、治子の公設秘書を9年務めたあと、長浜の会社社長の娘と結婚し会社員になり、政治家を目指して彦根市長選挙に立候補したが、大久保貴に敗れ落選した。なお、彦根市長選挙においては、現職の獅山向洋が有村について「桜田門外の変に参加した一族の子孫」と指摘し「直弼あっての彦根。(有村さん)一族が市長になると全国の笑いものになる」と発言するなど、井伊直弼を殺害した有村家の出身者が井伊家旧領の市長になるのはおかしいと主張した。これに対し、有村家側が「出自の問題を争点にすべきでない」と反論するなど、候補者の出自について論戦が繰り広げられた。高祖父・有村國彦は、第五銀行の頭取を務めた。叔父(父の弟)は、ICカード発明者の有村國孝。母方の祖母・藤居静子は、1947年滋賀県知事選挙に立候補し、落選(全国初の女性知事立候補)。叔母(母の妹)藤居和子は、賀陽宗憲の妻。(有村治子 フレッシュアイペディアより)

  • 杉村太蔵

    杉村太蔵から見た公設秘書

    2006年(平成18年)頃に公設第2秘書の公募をしてフリーター・ニートの若者を採用すると見られたが、結局公募に因る採用はしなかった。詳細や本人の会見等は開かれていないが、2008年(平成20年)8月28日に公設秘書の一人が自殺を図り、同年9月11日に死亡した。(杉村太蔵 フレッシュアイペディアより)

「国会議員の秘書」のニューストピックワード