前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
247件中 1 - 10件表示
  • 郵便貯金

    郵便貯金から見た日本国債日本国債

    その後、同様に第一国立銀行と大蔵省国債局も郵便貯金の資金運用を始めた。1885年からは、新たに設置された大蔵省預金部に郵便貯金の資金が預託されるようになり、その大半が国債に運用されるようになった。1907年以降から、大蔵省預金部の運用は、国債ばかりではなく、特殊銀行債や社会資本の整備など、財政の分野でも活用されるようになり、後の財政投融資の基礎となった。郵便貯金 フレッシュアイペディアより)

  • 日本銀行

    日本銀行から見た日本国債日本国債

    2013年(平成25年) - 9月に提出された野村証券とユーロクリアの主張を踏まえ、10月にクリアストリームやゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、バークレイズ、シティバンク、および国内のメガバンクと、日本国債の流動化を協議。協議は同年8月9日の初回から2016年3月18日時点で第14回を数える。日本銀行 フレッシュアイペディアより)

  • ゆうちょ銀行

    ゆうちょ銀行から見た日本国債日本国債

    2015年(平成27年) - 6月末から運用資産に占める日本国債の割合が50%を割り込み、49.2%へ。6月と8月にゴールドマン・サックス証券から運用部門の人材を採用。10月1日に元GPIF幹部も採用。ゆうちょ銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 臨時財政対策債

    臨時財政対策債から見た日本国債日本国債

    こうした制度的な欠点に対処するため、国は1975年(昭和50年)度以降、地方財源の不足が予測される場合には、地方交付税特別会計で資金を借り入れ(すなわち国債を発行)して、地方交付税の交付総額が短期間に大きく変動しないようにする措置を講じてきた(これを指して補てんと称する)。しかし、この制度の下で交付税関連の国債残高は50兆円以上にも累増し、2001年(平成13年)度以降、根本的な見直しが行われることとなった。臨時財政対策債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の財政問題

    日本の財政問題から見た日本国債日本国債

    バブル崩壊後は、景気低迷による税収減や景気対策の減税、高齢社会による社会保障費の増大のため公債残高は爆発的に増加していった。2012年度末時点の残高は税収17年分の709兆円になる見込みである。日本国債を買い支えてきたのは主に日本国民による貯蓄であるが、日本の累積赤字国債は増え続けている。日本の総債務は、中央政府の債務だけで、2000年9月末には511兆円余りであったが、2010年9月末時点では908兆円余りに増加している(財務省HPの統計による)。日本の財政問題 フレッシュアイペディアより)

  • 山本幸三

    山本幸三から見た日本国債日本国債

    リフレーションの推進論者。金融緩和によるデフレ脱却の必要性を主張しており、自他共に認めるアベノミクスの仕掛け人である。長年、国会答弁において日本銀行の金融引締め政策を批判しており、自民党の野党時代は金融政策に関する勉強会を主宰して、安倍晋三に金融緩和の必要性を説いていた。東日本大震災の復興財源を賄うため、国債20兆円を日銀が直接引き受けるよう主張している。山本幸三 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た日本国債日本国債

    財務省、国債や借入金を含めた国の借金総額が832兆2631億円と過去最悪になったことを公表。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田東彦

    黒田東彦から見た日本国債日本国債

    2013年9月5日、金融政策決定会合後の記者会見で、2014年4月に消費税を引き上げるよう政府に促し、引き上げを遅らせればその結果は重大なものになるとの見解を示している。黒田は、消費税率の引き上げが見送られて「仮に、そうした状況で財政に対する信認に傷がつき、国債価格が下落することになった場合、財政を拡張するわけにはいかず、財政政策で対応することは難しく、金融政策でもそうした状況では対応することは困難である」と述べた。一方で、予定通り消費税率の引き上げが行われた際は「仮に、景気に大きな影響が出るリスクが顕在化したとすれば、財政政策で十分対応できるし、金融政策でも2%の『物価安定の目標』の実現に対して下方リスクが顕在化すれば、それに対して適切な対応をとる」と述べた。黒田東彦 フレッシュアイペディアより)

  • オリエンタル・バンク

    オリエンタル・バンクから見た日本国債日本国債

    オリエンタル・バンクは、19世紀のイギリス領インド帝国にあった植民地銀行である。香港で最初の銀行であり、同時に、その香港で初めて紙幣を発行した銀行でもある。1893年恐慌で倒産するまで、日本国債の発行を積極的に引き受けた。オリエンタル・バンク フレッシュアイペディアより)

  • 少額貯蓄非課税制度

    少額貯蓄非課税制度から見た日本国債日本国債

    各種障害者手帳の交付者、各種障害年金受給者、各種遺族年金受給者、寡婦・寡夫年金受給者、児童扶養手当受給者1人において本人の生活資金に充てられる場合に限り(事業性資金や他人から預かった預貯金は不可)、預金や郵便貯金、公債(日本国債、地方債)などの元本350万円まで、日本国内にて銀行の預金口座における利子所得で課税される所得税(通常15%)と住民税における所得割(通常5%)を、税務署に届出することで『非課税』にできる制度である。少額貯蓄非課税制度 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
247件中 1 - 10件表示

「国債」のニューストピックワード