247件中 11 - 20件表示
  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た日本国債日本国債

    小泉内閣は各年度予算編成において国債発行額を30兆円以下に抑制することを公約として掲げた。実際に達成できたのは政権初期の2001年度と政権末期の2006年度予算の2回のみであった。ただし2001年時などでもNTT株の売却収入によって歳出補填がされるなどしたため、実質的な歳出削減は行われなかったことから批判が相次いだ。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 山一證券

    山一證券から見た日本国債日本国債

    山一證券は、1897年(明治30年)4月15日に山梨県出身の創業者小池国三が東京株式取引所仲買人の免許を受け、1週間後兜町に小池国三商店を開店したことをもって創業としていた。社章に小池が師事していた若尾逸平の家紋である「山に一」を選び、これが「山一」の由来となる。1907年(明治40年)に小池合資会社に改組した。小池合資は、1909年(明治42年)の国債下引受、1910年(明治43年)の江之島電気鉄道社債元引受など、債券引受業務に証券会社として初めて進出した。山一證券 フレッシュアイペディアより)

  • アベノミクス

    アベノミクスから見た日本国債日本国債

    は安部総理大臣と彼の自民党は、構造的な条件である、高い水準の政府の財政の債務、人口減少、主要なの喪失による、経済の重荷に対して為す術の見込みがなく、2020年までに財政的な危機を引き起こす極めて高いリスクがあると報告している。アベノミクス フレッシュアイペディアより)

  • JGB

    JGBから見た日本国債日本国債

    JGB フレッシュアイペディアより)

  • 2008年問題

    2008年問題から見た日本国債日本国債

    2008年問題 フレッシュアイペディアより)

  • 個人向け国債

    個人向け国債から見た日本国債日本国債

    個人向け国債 フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤモンド・マネー

    ダイヤモンド・マネーから見た日本国債日本国債

    誌面や企画内容を比較する限り、『ダイヤモンドZAi』が株式投資や外国為替証拠金取引に積極的に取り組もうとする20?40代をターゲットにしているのに対し、『ダイヤモンド・マネー(Diamond money!)』は50?60代のリタイヤ世代で「それなりにお金はあるが運用についてはよくわからない」層を対象にしていると思われる。季刊という性格から相場の“今”を捉えた時事性のある記事は少なく、代わりに安定運用を念頭に置いた国際優良株の分散投資、国債、外債、投資信託、保険、年金についての保守的な記事が多い。ダイヤモンド・マネー フレッシュアイペディアより)

  • マネー・リザーブ・ファンド

    マネー・リザーブ・ファンドから見た日本国債日本国債

    日本の証券口座では、株式や投資信託など金融商品を買い付ける際のプール資金(銀行での当座預金に該当)として、従来は「預かり金(預かり勘定)」と言う証券会社に無利息で資金を預ける方法しかなかった。「預かり金」は金融商品購入に充当するか、顧客が払い戻し(出金)を求めるまでは証券会社(法人)の私有財産となるため、その証券会社が倒産した場合は預かり金残高が保証されないリスクが存在した。そのため、1990年代に信用度の高い日本国債などの短期債券を投資対象とし、換金性に特化したMRFが開発され、証券口座の入出金に応じてMRFを自動的に購入・売却する仕組みが図られた。なお、運用期間は1日で、毎日決算が行われて残高に応じて分配金が支払われる(利回りがきわめて低いため、元本が少額であれば切り捨てられる)。そして1日単位で自動継続されている。マネー・リザーブ・ファンド フレッシュアイペディアより)

  • 財投機関債

    財投機関債から見た日本国債日本国債

    しかし、経営状況などから自らの信用力で市場から資金を集めることが難しい特殊法人等には政府保証債の発行が認められており、それも難しい場合には政府が国債(財投債)を発行して融資することも可能であり、財投機関債の導入によっても特殊法人等の効率化は進まないとの批判もある。財投機関債 フレッシュアイペディアより)

  • 感どうする経済館

    感どうする経済館から見た日本国債日本国債

    2009年3月31日に告知なく終了したのは、オープン当初の国家財政再建に向けたイメージ戦略とは裏腹な国債の増発が不可避である時勢にそぐわなくなったためとの見方がある。感どうする経済館 フレッシュアイペディアより)

247件中 11 - 20件表示

「国債」のニューストピックワード