247件中 21 - 30件表示
  • 日銀券ルール

    日銀券ルールから見た日本国債日本国債

    日銀券ルール フレッシュアイペディアより)

  • 紙幣整理

    紙幣整理から見た日本国債日本国債

    大蔵卿であった大隈重信は、1879年に大量の公債を発行してそれを元手に一気に紙幣の整理を行うことを提唱した。ところがその中に5,000万円にも及ぶ外債が含まれていたことから、欧米列強に不信感を抱く明治天皇やその周辺の保守派の不快感を買い外債募集計画は中止され、国債である金札引換公債によって公債化を進めることによって漸進的に処理する事となった。後に大隈は明治十四年の政変で失脚してしまう。紙幣整理 フレッシュアイペディアより)

  • 大隈財政

    大隈財政から見た日本国債日本国債

    ところが、この政策を推進するためには多額の資金が必要であり、国債や外債による資金や不換紙幣の大量発行に一時的に依存せざるを得なかった。更に佐賀の乱や西南戦争などの士族反乱によって予定外の財政支出が生じたため、1878年以後にインフレーションに悩まされることになった。奇しくもこの年に大久保が暗殺され、筆頭参議となった大隈は大久保の後を受けて内務卿となった伊藤博文とともに、右大臣岩倉具視を擁しながら政府を運営することになった。大隈財政 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力損害賠償・廃炉等支援機構法

    原子力損害賠償・廃炉等支援機構法から見た日本国債日本国債

    機構は、資金援助の申込みがあった場合において、資金交付に要する費用に充てるため、国債の交付を受ける必要があるときは、運営委員会の議決を経て、申込みを行った原子力事業者と共同して、原子力事業者の経営の合理化のための方策、原子力損害の賠償の履行に充てるための資金を確保するための原子力事業者による関係者に対する協力の要請その他の方策等を記載した計画を作成し、主務大臣の認定を受けなければならないこととし、その際、機構は、当該原子力事業者の資産に対する厳正かつ客観的な評価および経営内容の徹底した見直しを行うとともに、当該原子力事業者による関係者に対する協力の要請が適切かつ十分なものであるかどうかを確認しなければなければならない(第45条-47条)。原子力損害賠償・廃炉等支援機構法 フレッシュアイペディアより)

  • 公有財産

    公有財産から見た日本国債日本国債

    株式、社債(特別の法律により設立された法人の発行する債券に表示されるべき権利を含み、短期社債等を除く。)、地方債及び国債その他これらに準ずる権利公有財産 フレッシュアイペディアより)

  • 震災手形

    震災手形から見た日本国債日本国債

    日本銀行震災手形割引損失補償令で日本銀行が割引いた手形を所有する銀行に2億700万円を限度に国債を貸し付け、10年割賦で返済を行う。震災手形 フレッシュアイペディアより)

  • 中期国債ファンド

    中期国債ファンドから見た日本国債日本国債

    中期国債ファンド(ちゅうきこくさいファンド)とは、中期国債を中心に運用する、安全性の高いとされる短期運用向けの追加型公社債投資信託の一種。略称は「中国ファンド」(ちゅうこくファンド)。中期国債ファンド フレッシュアイペディアより)

  • 月ヶ瀬郵便局

    月ヶ瀬郵便局から見た日本国債日本国債

    貯金、為替、振替、振込、国際送金、国債、国際送金月ヶ瀬郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 戦時郵便貯金切手

    戦時郵便貯金切手から見た日本国債日本国債

    翌1942年(昭和17年)、当時の大蔵省は「貯蓄総額230億円(この額は当時の国家予算=約110億円の倍以上)」という目標を立て貯蓄キャンペーンを行なっていたが、この一環として前年の閣議決定に基づき、逓信省が同年6月8日から「戦時郵便貯金切手」を全国の郵便局で発売した。わかりやすく言えば「賞金くじ付の貯金切手」というべきもので、1枚あたり額面2円で発行し(ただし最低5枚集めないと貯金できない仕組み)、割増金(懸賞金)は1等1000円、2等100円、3等5円、4等2円の4種類で当選確率は11枚につき1枚(後に8枚につき1枚に変更となる)とされた。「よく当たる」「買った貯金が(武器としての)弾丸の資金になる」ということで「弾丸切手」の愛称が付けられた。売り出し期間は原則として毎月1日から15日まで、抽選日は20日でその11日後から割増金の払い戻しを行なった。なお元金は無利息で、5年間は引き出しできない条件とされていた。切手の売り上げ金は大蔵省預金部に預け入れられ、主に国債の消化資金に充てられている。戦時郵便貯金切手 フレッシュアイペディアより)

  • 長期金利

    長期金利から見た日本国債日本国債

    1619年、イタリアのジェノヴァでつけられた1.125%という利率は長い間、史上最低の長期金利となってきたが、1998年6月にバブル崩壊後の長期不況を経験していた日本において日本国債の利率が1%を下回り記録を更新した。さらに金利は低下を続け、2003年6月には0.43%まで低下した。長期金利 フレッシュアイペディアより)

247件中 21 - 30件表示

「国債」のニューストピックワード