前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
144件中 1 - 10件表示
  • 日本国債

    日本国債から見たベン・バーナンキ

    FRB議長就任前のベン・バーナンキは日銀券ルール(銀行券ルール)について「合理性がわからない」「このルールは撤廃すべき」と述べている 。また経済学者の若田部昌澄は「このルールは2001年3月の量的緩和導入時に日銀が勝手に定めたものであり、何ら経済学的な根拠はない」と指摘している。世界の主要中央銀行はこのルールを持たない。経済学者の竹中平蔵は、「国債買い入れを紙幣の発行残高に抑える日銀券ルールは意味がなく、自主ルールなので自主的に変えればよい」と指摘している。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た藤原紀香藤原 紀香

    「国債っていいかも。」(藤原紀香) 「藤原さんのイメージを通じて、国債が身近で安全な投資対象だと知ってもらいたい。」(財務省)日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た本木雅弘

    「1万円から買えるのがいい。」「安心できるのがいい。」(小雪、本木雅弘) 「個人保有を促進し、国債の保有者を多様化させることは、安定的な国債市場の形成や国債の円滑かつ確実な発行にもつながるものと期待しています。」(財務省)日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た小雪 (女優)

    「どこから見ても、安心、手軽。」『貯蓄の先を見つめています。』(松本幸四郎、小雪) 「個人向け国債について広く一般に周知していきたい。」(財務省)日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た黒田東彦

    2002年、ムーディーズ、スタンダード&プアーズ、フィッチ・レーティングスの格付け会社三社が日本国債の格付けを引き下げた際に、当時の財務省の黒田東彦財務官は、この三社に意見書を送っている。「日本国債のデフォルトはありえない」といった主旨であった(平成14年4月30日)。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た白川方明

    白川方明日銀元総裁は、日銀券ルールについて「撤廃すると、財政ファイナンスの面にも長期金利の面にも悪影響が出てくる。金融政策の目的が物価安定の下での持続的な経済成長の実現ということから離れて、財政ファイナンスに焦点が絞られてくると、将来の金融システムに対する不確実性が増大し、長期金利が上がってしまう。特に日本のように財政バランスが悪い国においては非常に大事なことだ」と述べている。また「銀行券の量の限界を超えて中央銀行が国債を購入すると、インフレが起こるか、長期金利が先行的に上昇する」と述べ、日銀券ルールは理論的根拠が乏しいとの見方をけん制している。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た岩田規久男

    経済学者の岩田規久男は「日本では昭和恐慌を大きな金融緩和によって乗り切ったという歴史的事実がある。そのときは財政支出を賄うため国債を発行したが、その国債を日銀がすべて引き受けた。それが高橋財政だった」と述べている。この時期のインフレ率は高くとも6.5%であり、さらに最後の2年間は2%台、すなわちマイルドインフレであったと岩田は述べている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た岡田克也

    一方で、たちあがれ日本衆議院議員の与謝野馨は「財政規律を無視した行為」「(実行すれば)日本は国際的な信認を失う」、民主党衆議院議員の野田佳彦は「企業も家計も手元流動性が潤沢だ。日銀が特別なことをやることはない」とそれぞれ反対を表明し、同じく民主党衆議院議員の岡田克也も反対を表明している。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た竹中平蔵

    FRB議長就任前のベン・バーナンキは日銀券ルール(銀行券ルール)について「合理性がわからない」「このルールは撤廃すべき」と述べている 。また経済学者の若田部昌澄は「このルールは2001年3月の量的緩和導入時に日銀が勝手に定めたものであり、何ら経済学的な根拠はない」と指摘している。世界の主要中央銀行はこのルールを持たない。経済学者の竹中平蔵は、「国債買い入れを紙幣の発行残高に抑える日銀券ルールは意味がなく、自主ルールなので自主的に変えればよい」と指摘している。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た与謝野馨

    一方で、たちあがれ日本衆議院議員の与謝野馨は「財政規律を無視した行為」「(実行すれば)日本は国際的な信認を失う」、民主党衆議院議員の野田佳彦は「企業も家計も手元流動性が潤沢だ。日銀が特別なことをやることはない」とそれぞれ反対を表明し、同じく民主党衆議院議員の岡田克也も反対を表明している。日本国債 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
144件中 1 - 10件表示

「国債」のニューストピックワード