144件中 131 - 140件表示
  • 日本国債

    日本国債から見た自由民主党 (日本)

    自由民主党衆議院議員の山本幸三や民主党衆議院議員の金子洋一などはこの日本国債の日銀による引受を提唱している。新党日本の田中康夫代表も日銀による国債直接引受のメリットを述べている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た景気循環

    1980年代後半のバブル経済の頃は好況により税収が多く、日本の国庫は潤っており、国債の発行額もそれほど多くはなかった。しかし、バブル経済が崩壊して税収が減少すると、それにともなって歳入が減少した。併せて、景気浮揚を目的にした財政出動が何度も行われた結果、国債を大量発行するようになり、発行残高は急激に増加していった。国債の大半は固定金利であるため、デフレーションにより名目成長率が伸び悩むことでGDP比の債務が増大しやすくなっている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た債務超過

    2014年1月31日、財務省が発表した2012年度末の「国の財務書類」によると、債務超過の金額は、これまで最悪だった2011年度からさらに17.7兆円増えて477.0兆円となった。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た財政政策

    エコノミストの片岡剛士は「国債引き受けを行うメリットは様々あるが、財政政策と金融政策の合わせ技(ポリシーミックス)を挙げることができる」「単に財政出動を行う場合に懸念される円高を金融緩和により抑えこむことが可能である」と指摘している。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た戦後インフレ

    日本では、戦後混乱期の1947年(昭和22年)には国債発行額が税収を上回り、それが戦後インフレの原因になったという反省から財政法が制定され、赤字国債の発行と日銀の赤字国債引き受けを禁止して、均衡財政主義を取ることとなった。55年体制となってから地銀の有価証券保有高は目立って上昇し、特に国債保有高が伸びた。しかし1965年(昭和40年)補正予算で赤字国債(2590億円)の発行が再開され、翌1966年(昭和41年)度予算では7300億円の建設国債が予定された。1990年(平成2年)にはバブル景気の税収増によりいったん発行額ゼロになるも1994年(平成6年)には再開され、その後に至っている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た競争 (経済学)

    利息元金の返済(償還)に対する懸念はことあるごとにクローズアップされ、にわかに財政再建推進政策推進の機運が盛り上がる局面もあった。しかし、財政再建などに由来する危機的な景況悪化に際して、政府による中途半端な財政出動と日銀による引き締め政策が行われた。グローバリゼーションや競争の激化により日本におけるデフレの大きな構造的懸念を指摘する向きもある。これらの事情により、経済政策の方向性は定まらず、日本経済の実力を大きく損なっている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見たデフレ脱却国民会議

    2011年4月27日、超党派の国会議員が支援するデフレ脱却国民会議が会見を行い、日銀が震災国債を買いオペレーションの対象にすることを提言した。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た国庫短期証券

    オイルショックを背景に1975年から赤字国債が発行され始め、1980年には7兆3150億円分が発行された。1984年から特例公債法が自転車操業を容認するようになった。1990年に湾岸戦争負担金を赤字国債で調達したが、1991-93年の赤字国債の発行実績はゼロとなった。1995年、阪神淡路大震災の震災特例国債を発行した。一方、バブル崩壊により1994年から減税特例公債が1996年までに8兆644億円発行された。金利の低下などをうけて赤字国債は1998年から無制限発行体制となった。残高増加率が高い小泉純一郎政権時などは借換債と財投債が多く発行されている。借換債により調達した資金は、たとえば外貨準備を増やす目的で発行した外国為替資金証券の償還に使われている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見たリーマン・ショック

    「中央銀行による国債の引き受けは、ハイパーインフレを引き起こす」との懸念に対して、中野剛志は「アメリカのFRBは、リーマン・ショック後、金利上昇を回避しつつ、大量の国債を買い入れている。FRBの米国債保有残高は、2011年6月時点で1兆400億ドルに上る。しかし、アメリカでハイパーインフレの兆候は全く見られない」と指摘している。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見たミューチュアルファンド

    2016年(平成28年)12月末において、日銀が保有する国債残高は前年比で29.5%プラスの331兆円だった。保有者全体に占める比率は32.0%であった。海外勢の国債保有残高は過去最高の110兆円だった。保有比率は10.6%で初めて1割を超えた。一方で銀行の保有残高は過去最低の238兆円、保有比率は23.0%であった。海外勢の顔ぶれはトレーダーによると「外貨準備(ユーロ円債の買い手など)のほかヘッジファンドや年金基金など幅広い」。5年前から海外の国債保有残高は2倍近くに膨らんでいる。。2016年は爆買いにより中国が海外保有者では世界最大の日本国債保有者となっている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

144件中 131 - 140件表示

「国債」のニューストピックワード