144件中 21 - 30件表示
  • 日本国債

    日本国債から見たゆうちょ銀行

    なお、現在は国債のペーパーレス化により、証券での受け渡しはされなくなっている。機関投資家以外の一般的な個人向けには、以前より証券を販売金融機関に保護預かりする制度があり、銀行・協同組織系金融機関・ゆうちょ銀行の場合、総合口座に「国債(公共債)保護預かり口座」をセット(担保に組み込む)すると、総合口座普通預金の残高が不足した場合に、国債預かり残高の一定額(ゆうちょ銀行の場合は額面の80%まで)を限度に、「総合口座担保定期預貯金」と同様に、自動融資(口座貸越)・担保自動貸付けが受けられる場合がある。ただし、足利銀行など、取扱いを取りやめた、または取り扱わない金融機関もある。ゆうちょ銀行(旧郵便貯金)の場合は、「国債保護預かり口座帳」で直接貸付を受けることも可能である。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た若田部昌澄

    FRB議長就任前のベン・バーナンキは日銀券ルール(銀行券ルール)について「合理性がわからない」「このルールは撤廃すべき」と述べている 。また経済学者の若田部昌澄は「このルールは2001年3月の量的緩和導入時に日銀が勝手に定めたものであり、何ら経済学的な根拠はない」と指摘している。世界の主要中央銀行はこのルールを持たない。経済学者の竹中平蔵は、「国債買い入れを紙幣の発行残高に抑える日銀券ルールは意味がなく、自主ルールなので自主的に変えればよい」と指摘している。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た金融政策

    経済学者の岩本康志は潜在成長率の低下の問題や金融政策の限界。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た東日本大震災

    個人向け国債 10年変動金利のもの(2003年3月 - )、5年固定金利のもの(2006年1月 - )と3年固定金利のもの(2010年6月 - )がある。いずれも、中途解約の際の買い取り額保証を定めているのが特色である。一定期間売却できない代わりに、その期間を過ぎれば国が額面で買い取る条件がついている。なお、2011年12月以降に募集するものについては東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の復興財源として活用するために、名称を「個人向け復興国債」としている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見たデフレーション

    1980年代後半のバブル経済の頃は好況により税収が多く、日本の国庫は潤っており、国債の発行額もそれほど多くはなかった。しかし、バブル経済が崩壊して税収が減少すると、それにともなって歳入が減少した。併せて、景気浮揚を目的にした財政出動が何度も行われた結果、国債を大量発行するようになり、発行残高は急激に増加していった。国債の大半は固定金利であるため、デフレーションにより名目成長率が伸び悩むことでGDP比の債務が増大しやすくなっている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た消費者物価指数

    金利は固定であるが、元本と利息が全国消費者物価指数に連動して増減する。そのため、元本割れになることもあり得る。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た日本銀行

    日本国債の下落の顕著な衝撃なしにアベノミクスは2013年の初めに日本の株式市場における騰貴を招いた。だけれども十年先物(英:10-years forward)の金利は少し上がった約70%の日本国債は日本銀行が買っている。そして残りのほとんどは日本の銀行と信託金(英:trust fund)が買っている。それはグローバルなの影響からそのような債権等の価格と利子を大いに孤立させ、そして彼らの信用格付けの変化に対する感受性を低下させる。日本国債に賭けることはそれとは反対の基本にもかかわらずそれらの価格の下方硬直性(英:price rigidity)により「無尽蔵を生む取引(英:widowmaker trade)」として知られるようになった。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た片岡剛士

    エコノミストの片岡剛士は「国債引き受けを行うメリットは様々あるが、財政政策と金融政策の合わせ技(ポリシーミックス)を挙げることができる」「単に財政出動を行う場合に懸念される円高を金融緩和により抑えこむことが可能である」と指摘している。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た副島隆彦

    評論家の副島隆彦は、中央銀行による国債買い取りは絶対にやってはいけない禁じ手であるとしている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た木暮太一

    作家の木暮太一は「適度のインフレであればいいかもしれないが、度が過ぎると大変なことになる。もし大量の国債を買うために、日銀が急激にお金を刷ったら、急激なインフレになる。つまり、貯金が紙くずになる。これが行き過ぎると、物々交換の経済になってしまう。だからインフレにしてはいけない。このような事態に陥らないために、日銀が独自に設定しているのが『銀行券ルール』である」と述べている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

144件中 21 - 30件表示

「国債」のニューストピックワード